キャットアイのライト「VOLTシリーズ」のツメが折れたので交換した。交換用パーツ「ブラケットスペーサー」

記事内にアフィリエイト広告を掲載している場合があります。
キャットアイのブラケットスペーサーの記事
セール情報:2024/06/25 更新

ちゃんと交換パーツが用意されていました。

ある日、VOLT800を充電し終えて、自転車のブラケットに取り付けようとしたところ……、なんだか装着時のカチッとした手応えが弱い気がしました。ぬるっとした手応えで、ちゃんと装着できているのか不安を覚える感触。

よく見ると、VOLT800のツメが折れていました。

VOLT800

折れたツメをアップで見ると、こんな感じ。

折れたツメ
ツメが折れた?すり減った?ような感じ

いやこれどうすんの……と思ったのですが、ちゃんと交換パーツがありました。

ブラケットスペーサー」という製品です。価格は約300円ほど。

キャットアイのブラケットスペーサー
目次

VOLTシリーズ折れたツメの交換パーツ「ブラケットスペーサー」

こちらが袋から取り出した「ブラケットスペーサー」。入っているのは、この部分だけ。

ブラケットスペーサー5445330

新旧ブラケットスペーサーを比較。まったく同じ形状ですが、ツメの部分を比べると折れていることがよくわかります。

手前が折れたもの、奥が新品。

新旧ブラケットスペーサー

さっそく交換します。

まず、ここのボルトを外します。1.5mmのアーレンキーが必要でした。このネジは再利用するので、なくさないように。

なめやすい気がするので、慎重に外したほうが良さそうですね。

1.5mmアーレンキーでネジを外す

簡単に外れました。

ネジとブラケットスペーサーが外れた

あとは逆の手順で、新品に交換するだけ。ネジは再利用します。

逆の手順で新品を取り付け

交換完了!

交換完了

ブラケットに取り付けました。カチッという明確な手応えがあります。

自転車に取り付ける
ライトとサイコンをまとめる「レックマウント」を使っています。
RNC7

日々、着脱を繰り返していると、意外と手応えの変化に気づけないかも。ときどきライトのツメをチェックするといいかもしれません。

消耗する部分は安く交換できる仕様になっているのも良いところですね。ツメが折れたらライトごと買い替え、なんてことになったらツラすぎますし。

型番と対応ライトについて

キャットアイのブラケットスペーサーの記事

こちらのブラケットスペーサー、おそらく型番?商品コード?は「5445330」のようです。僕はAmazonで購入しました。

キャットアイの公式サイト”キャットダイレクト”では、「こちらのブラケットスペーサー商品ページ」が該当商品のはずです。

このブラケットスペーサーの対応ライトはこちら。公式通販サイトから引用します。

シンクコア(HL-NW100RC)ボルトシリーズ(HL-EL551RC/HL-EL471RC/HL-EL470RC/HL-EL462RC-H/HL-EL461RC/HL-EL460RC)アンプ500(HL-EL085RC)キーン(HL-EL370) ナノショット(HL-EL620RC) ウノ(HL-EL010) 

引用:ブラケットスペーサー | キャットアイダイレクト

ライトって型番だと何がなんだか、ちょっとわかりづらいですね……。

上記の型番を、商品名と照合した一覧がこちら。

商品名型番
SYNC CORE(シンクコア)HL-NW100RC
GVOLT70HL-EL551RC
VOLT300HL-EL460RC
VOLT400HL-EL461RC
VOLT400 DUPLEXHL-EL462RC-H
VOLT700HL-EL470RC
VOLT800HL-EL471RC
AMPP500HL-EL085RC
KEENHL-EL370
Nano ShotHL-EL620RC
UNOHL-EL010

これらのライトに合うとのこと。

ブラケットスペーサー、もう1種類ある!

交換後に気づいたのですが!

キャットアイから、ブラケットスペーサーがもう1種類販売されていました。型番は「H-37」。

一目見てわかる違いは、レバーの形状。幅が広くなっていて、押しやすそうに見えます。

ちなみにVOLT800 NEO と VOLT400 NEO には、こちらの「H-37」が標準搭載されています。VOLT800 NEO公式サイト取扱説明書(pdf)に記載がありました。

ただAmazonでレビューを読んでみると、ライトによっては「ツメをヤスリで削る必要がある」との報告がチラホラ。どうやら、上記の「5445330」よりもツメが大きい?のでしょうか。

もともと付いていたブラケットスペーサーと同じ形状のものを買うほうが、失敗しないで済むかも……。まぁ300円程度なので、失敗しても大きなダメージではないとは思います。

レバーが幅広になったH-37

僕が購入したのはこちら


関連記事

キャットアイのブラケットスペーサーの記事

この記事が気に入ったら
いいね または フォローしてね!

シェアはこちら!
  • URLをコピーしました!
目次