ロードバイクで大涌谷と仙石原へ。夏の箱根を走ってきた

なんというか……、ブログではお久しぶりです!

やっと長い梅雨が明けたので自転車に乗っています。夏は長野とかの涼しい高所に行きたいなと思ったのですが、久しぶりのロードバイクでいきなり長野なんて行ったら両脚痙攣してぶっ倒れかねないので、まずは近場から。前々から行ってみたい場所リストに入っていた箱根の大涌谷(おおわくだに)と仙石原(せんごくはら)に行ってきました。

大涌谷とロードバイク

大涌谷にて

大涌谷・仙石原へのルート

スタートとゴールは小田原駅。

小田原駅から大涌谷まで登って、仙石原に寄って、芦ノ湖を見ながらダウンヒル。

YouTubeにもライド動画をアップしました

動画も投稿しました。

久しぶりの箱根

夏の早朝輪行はいいな……! この感覚も久しぶり。始発の次の電車の乗り込むと、乗客はほとんど誰もいませんでした。すでに外は明るいけどまだ気温は上がりきっておらずちょっと涼しい、みたいな夏特有の朝を感じながら電車移動。

快適な輪行。

夏の始発の電車 ガラガラの電車内

小田原駅〜箱根湯本

輪行で小田原駅まで来ました。今回はここからスタート。

国道1号線を登り、まずは箱根湯本駅を目指します。まぁ小田原駅から箱根湯本駅まではすぐなんですけどね。

小田原駅前 トンネル

久しぶりに箱根きた。温泉街特有の雰囲気がたまらない。

箱根のあじさい橋とロードバイク 箱根湯本の景色

誰もいない……良い……! コロナ的な影響か、それとも平日の朝だからかわかりませんが、とにかく閑散とした箱根湯本。良くはないかもしれないけど、誰もいない観光地は好き。

箱根湯本とロードバイク 箱根湯本の町並み

まだ時間あるので、箱根湯本をちょっと散策していく。そういえばいつも箱根湯本駅前の大通りだけで、あまり他の道とか通ったことなかったので。

箱根湯本の裏道 箱根湯本の橋 滝通り温泉郷

温泉街の裏路地とか探検しちゃう。

観光地のパンフレットにはあまり載っていないような良いロケーションを発見するとテンション上がる。裏路地探索は楽しい。

箱根の裏道 箱根湯本の橋 箱根湯本の裏道 箱根湯本とロードバイク

さて、散策も気が済んだので先に進みます。

ここからしっかり登りの区間。気温はまだ26度ぐらい?で、日陰も多いし穏やかな風もあって、思ったより快適なヒルクライム。車も少なめだったのがありがたい。凄まじいセミの声のなか登りはじめ。

箱根の早川 箱根の登り

本当に久しぶりの登り坂なので、とにかく力を入れずにクランクを回す。ちょっとでも頑張ろうとすると最後まで走りきれない可能性、普通にあるので……。

休憩がてら神社や民宿を見ていくスタイル。夏の神社は雰囲気いいな。

箱根神社の宮ノ下 箱根神社の宮ノ下 箱根の民宿 箱根の民宿

最初からほとんどインナーローでとんでもなくゆっくり登ったので、時間はかかったけどあまり体力を消耗せず小涌谷まで来ました。

大涌谷、小涌谷。

小涌谷 小涌谷駅のバス停 強羅の踏切

小涌谷は標高520mぐらい。10時ぐらいの時点で27度。夏にしては涼しいほうでは!?

ここまでずっと登りですが、日陰だと風が穏やかで気持ちいい。直射日光の当たる場所こそ夏の日差しが厳しいものの、先週走った三浦半島のほうが日陰もなく風も生暖かくて断然過酷でしたね……。

小涌谷の気温

大涌谷へ

とある区間で硫黄の匂いが充満してきて、枯れ木が目立ち始めました。大涌谷が近いぞ。

大涌谷の枯れ木 大涌谷の枯れ木
硫黄

硫黄の匂いがすごい

大涌谷にはゲートがあります。

立ち入り可能時間は、午前9時〜午後5時まで。また火山ガスの影響次第で、立ち入り規制が敷かれることもあります。現状の火山ガス濃度については、箱根ロープウェイの公式サイトが見やすいですね。

ちなみにこの日は平日でしたが、車は渋滞していました。さすが観光スポット。

大涌谷のゲート 大涌谷まで1.2km

というわけで、とうとう……

大涌谷

大涌谷、到着!

岩肌むき出しな感じがすごくいい……! こんな森林限界っぽい眺望があるとは思っていなかったので、一気にテンション上がりました。荒涼とした山肌と立ち込めるガスという日本離れした景色良き。日本には地獄谷と呼ばれる場所がいくつかあるけど、大涌谷もかつては地獄谷と呼ばれていたそうな。

大涌谷のパノラマ写真 大涌谷 大涌谷とロードバイク

硫黄はそれなりに匂いますが、よくある温泉地ぐらいなので我慢できないほどじゃないと思います。

大涌谷 大涌谷の景色 大涌谷の景色

ガスで枯れた木々。

大涌谷の景色 大涌谷の景色

火山だということを思い知らされる。大涌谷は2019年に火山活動の活性化で立入禁止になったので、行けるときに行っとくに限ります。

大涌谷の避難誘導

大涌谷の駐車場から「自然研究路」という道が往復600mほど伸びていて、展望台やたまご蒸し場にアクセスできます。

行ってみたかったけど、大涌谷にはサイクルラックなどの駐輪場所がなかったので今回は断念。また登山の途中にでも寄ればいいでしょう。

大涌谷の案内板

箱根ロープウェイで大涌谷まで来てもいいですね。

この場所が標高1044mということで、8月だけどちょっと涼しい。

箱根ロープウェイの大涌谷駅 箱根ロープウェイとエヴァンゲリオン

一応、名物「黒たまご」オブジェ?の前で写真撮っとく。

大涌谷の黒たまごオブジェ

そう、温泉(といっても温度80〜100度)で作るゆで卵こと、大涌谷の名物「黒たまご」ですよ。1つ食べれば寿命が7年伸びると言われているとか。

せっかく来たからには食べたいけど、5個入り500円しか売ってない……。1個100円でバラ売りして欲しいけど、5個入りだけかあ〜。1人でゆで卵5個はさすがにキツくない?

大涌谷の名物黒たまご

買うか迷いましたが、せっかくなので買ってみました。

買ってからわかったのですが、黒たまごはひとつひとつがちょっと小さめ。Sサイズぐらいかな? 頑張れば1人で5個いけるかもしれません!

大涌谷の黒たまご
大涌谷の黒たまご

黒たまごはちょっと小さめ

大涌谷の黒たまご

塩が付いてるので5個完食しましたが、もうしばらくはゆで卵は見たくもないですね……。

……その1時間後の出来事である。

冷やし中華

またゆで卵食べるんか

コンビニの冷やし中華にゆで卵付いてること完全に忘れてた。すごくどうでもいい話するけど、夏のライドでは冷やし中華をちょくちょく食べています。ツルッと食べやすいのはもちろん、あの出汁がかなり塩分ありそうでしょっぱいじゃないですか。夏は冷やし中華の出汁を飲み干せば塩分には困らないだろう、みたいなところが個人的には無きにしもあらず。ちょっとバカっぽいのであまり人には言いませんけど、塩分はめっちゃ取れると思う。そんなわけで何も考えず冷やし中華を買ったらこの有様でした。本日食べたゆで卵は5.5個!

仙石原へ

大涌谷をあとにし、芦ノ湖を経由して次の目的地「仙石原(せんごくはら)」へ。箱根火山カルデラ内にある草原・湿原です。

ダウンヒル多めなので、わりとすぐに到着。

箱根の仙石原とロードバイク 箱根の仙石原

見晴らしがよく開放感があっていい……! 夏は緑一色で、なんというか阿蘇っぽいイメージがあるようなこういう景色大好き。秋は一面が黄金色のススキになるそうです。

仙石原 仙石原の開放感

あとこの仙石原の前にあるローソンが濃いです。この記事内にもちょくちょく写真貼ってたけど、箱根はエヴァンゲリオンの舞台ということで推しまくり。

仙石原前のローソン 仙石原前のローソン 仙石原前のローソン
ローソン第3新東京市西店

ローソン第3新東京市西店

 

というわけで、あとは大体ダウンヒルで終了。

芦ノ湖に寄って、

芦ノ湖

箱根神社に寄り、

箱根神社

あの箱根七曲りを下るだけ(下り勾配10.1%)

箱根七曲り 箱根七曲り 箱根七曲りとロードバイク 夕暮れの箱根湯本

ルート・ウェア・装備など

距離:70.89km
獲得標高:1,696m
(途中ルートを間違えて結構ロスしました。本来はもっと短いルートのはず)

本日の自転車。

ところどころにコンビニがあるので、夏だけどボトル1本。特に問題ありませんでした。

RNC7

記事内の写真
カメラ:Canon EOS 70D
レンズ:SIGMA 17-50mm F2.8 EX DC OS HSM(レビュー記事

箱根といえば椿ラインも。

【椿ライン】湯河原・箱根の峠へ! 大観山ヒルクライムからの芦ノ湖、箱根と見どころ満載ライド

この記事のURLとタイトルをコピーする