【2021年版】ロードバイク用のお洒落なヘルメット11選! 最後まで購入候補の残ったカッコいいヘルメットまとめ

おしゃれなヘルメットまとめ

ロードバイク・クロスバイク用のかっこいいヘルメットをお探しですか!?

なかなかビビッとくるのが見つからないですよね。わかります、僕もそうでした。どうしてもあの流線型でthe・ロードバイク用!ガチで走ってます!的なヘルメットが好きになれず、いろいろ探しました……。

最終的には「GIROの「Aspect(アスペクト)」」 と METの「Rivale(リヴァーレ)」というヘルメットを購入。しかしこれらを購入する前に色々とリサーチを行い、ほかにも様々な候補をピックアップしていました。

ロードバイクとヘルメット

METの「Rivale(リヴァーレ)」というヘルメットを購入

そんなわけで、この記事では当時候補としてピックアップしていたヘルメットをご紹介。結局、僕は購入しませんでしたが、これはこれで非常にお洒落だと思います。

目次

GIRO「ISODE MIPS」

アメリカのブランド「GIRO」によるヘルメット「ISODE MIPS」。

見る人によっては、これでも流線型のガチ感が気になるかもしれませんが……個人的には落ち着いた良いデザインだと思っています。

何よりも嬉しいのが、9,790円(税込み)というお手頃な価格。

これほど安いのに、MIPSというセーフティーテクノロジーもしっかり採用されています。すごく簡単に説明すると、何かにぶつかった際の衝撃エネルギーを分散させる技術です。

参考:「MIPS」について
GIRO MIPS TECHNOLOGY

お手頃な価格で、セーフティーテクノロジーもちゃんと採用済み。また1サイズ展開でいろいろな人の頭に合うように作られた「ユニバーサルフィット」設計なので、サイズ選びで迷うことがありません。

これから100kmほどのサイクリングに挑戦してみたい、といった人にもおすすめできる機能性。初めて購入するヘルメットとしては、かなり良い選択肢かと思います。

【日本正規品】 GIRO(ジロ) 自転車 ヘルメット アイソード ミップス [ISODE MIPS] 大人用フリーサイズ マットブラック
GIRO(ジロ)

オージーケーカブト(OGK KABUTO) 「BC-GLOSBEⅡ」

日本のメーカー株式会社オージーケーカブトのヘルメット、「BC-GLOSBEⅡ」。

流線型っぽい派手さはなく、落ち着いた都会的なデザイン。私服でも違和感なく被れそうです。通勤通学やラフなサイクリングにぴったり。

日本メーカー製なので、日本人の頭にもフィットしやすいはず。

オージーケーカブト(OGK KABUTO) 「CANVAS-SPORTS」

上記と同じメーカー、 オージーケーカブトの「CANVAS-SPORTS」です。

こちらも丸みを帯びたスポーティなスタイル。Tシャツと短パン、バックパックみたいな格好にもよく似合いそうです。

カラーも豊富な10色展開。自転車の色やライドスタイルに合わせて選べますね。

5,280円というお手頃価格も嬉しいところ。

オージーケーカブト(OGK KABUTO) 「CANVAS-URBAN」

同じメーカーが続いてしまい恐縮ですが、落ち着いた見た目のヘルメットを探しているなら抑えておきたいのが「CANVAS-URBAN」。

製品名「CANVAS-URBAN」の通り、まさに都会的なスタイルのヘルメット。通勤通学や、街中の自転車移動にぴったり。

カラーは10色展開。特に「マットブラック・マットグレー」など、マット系のカラーラインナップが豊富で良いですね。落ち着いた色味で、街中でも違和感がありません。

5,720円という手の出しやすい価格も魅力。

POC「Ventral Air AF Spin」

スウェーデンのブランド「POC」のヘルメット、「Ventral Air AF Spin

ちなみに商品名内の「AF」とは”アジアンフィット”モデルのこと。アジア人の頭に合うよう設計されたモデルです。

まるっとして、カッコ良くも可愛くもあるデザイン。ラフなスタイルでの街乗りにも、レーシーなウェアにも合いそうな印象です。

空気を効果的に流すベンチレーションや、独自の衝撃緩和システム「SPIN」搭載など、スペックも申し分ありません。

僕はこれの前モデル「Octal」が好きで購入を検討していたことがあったのですが、今購入するならこの「Ventral Air AF Spin」が良さそうですね。

POC「Omne Air SPIN」

こちらもスウェーデンブランド「POC」のヘルメット、「Omne Air SPIN」。

上記の「Ventral Air AF Spin」と比べると、こちらの「Omne Air SPIN」はより都会的でスポーティな印象。

通勤通学で街中を走るとき、カジュアルなウェアでポタリングするとき、休日にロングライドをするとき。どんなシチュエーションに合わせても違和感がなさそうな、マルチなデザインのように思います。これ1つあれば、シチュエーションを選ばず自転車に乗れそう。

こちらも独自の衝撃緩和システム「SPIN」を搭載しており、安全性にもしっかり配慮されています。

Kask「Protone」

そこまでレーサー風デザインではないかなと思うので選出しました。

Kaskの「Protone」です。

KASKのProtone

でも性能はプロロードレーサーも使うレベルで申し分ありません。知名度も高かく、人気のヘルメットです。もし今後ロードバイクにハマっていき、バリバリのレーサースタイルに転向したとしても、このヘルメットであればファッション/デザイン的にもバッチリかなと思いますよ。

重さも約230gと軽量。カラーラインナップも10種類以上と豊富。

評価も高く、とりあえずこれ持っておけば間違いないモデルではあります。

LAZER「GENESIS AF」

ベルギー生まれLAZER社。2016年からはシマノ傘下になりました。そんなLAZERのヘルメット「GENESIS AF」。

※AF=「アジアンフィット」モデル。日本人の頭にも合うように設計されています。

丸みを帯びた落ち着いたデザイン。サイクリングスタイルを選ばず、装着しやすいデザインのように思います。

Sサイズで195gという軽さも魅力。カラーも6色展開で、自転車やウェアの色にも合わせやすそうです。

LAZER「Sphere」

こちらもLAZER社の「Sphere」。

上記の「GENESIS AF」よりも、さらに丸みを帯びたデザイン。ラフな服装でのシティサイクルからロングライドまで、様々なシチュエーションで使いやすい、クセのない見た目のように思います。

こちらも6色展開なので、好みの色が見つかるかもしれません。

MET 「Rivale(リヴァーレ)」

イタリアのヘルメットメーカーMETが展開する軽量エアロヘルメット「「Rivale(リヴァーレ)」。

カラーが豊富です。特にツートーンカラーが目を惹きますね。約15,200円というお値段も魅力。

Wiggleにて動画も公開されていました。モデルの方は外国人ですが、被っているイメージが湧きやすいかもしれません。39秒と短い動画なので見やすいですよ!

重量は230gとなかなか軽量。

流線型すぎず、やや近未来感があるような独特なデザイン。見た目がアリ!だと思ったら、候補に入る一品だと思います。

僕も見た目が気に入って購入しました。レビュー記事は以下から。

コチラも購入したので、レビュー記事を記載しました。
METのヘルメット「リヴァーレHES」レビュー。デザインに妥協しない格好いいエアロヘルメットを買ってみた

▼セーフティーテクノロジー「MIPS」を搭載し、さらに安全性が向上した新モデルも。

GIRO 「Aspect(アスペクト)」

GIROの「Aspect(アスペクト)」。

GIROのヘルメット「Aspect」外観

こちらは完全に見た目が好みで購入しました!

詳しいレビューは以下からどうぞ。

GIROの「Aspect(アスペクト)」購入レビュー!お洒落なスポーツ自転車用ヘルメットだ

ただし2021年4月現在、各ショッピングサイトを見たところ売り切れも多いようです。もしかしたら、そろそろ販売終了かも?

(ちなみに僕は2016年に購入しました。基本的に自転車のヘルメットは、使用年数が3年と言われているので、今は使用せず棚に飾ってあります笑)

個人的にはリピート購入したいぐらい気に入っているのですが、売っているお店が少ない……。

非常に良いデザインなので、もし見つけたら要チェックです。

GIRO(ジロ) ヘルメット 斬新なデザインにテクノロジーを搭載 ASPECT MATTE BLACK Sサイズ 【日本正規品/2年間保証】 S
GIRO(ジロ)

GIRO(ジロ) ヘルメット アスペクト ASPECT 自転車アーバンヘルメット おしゃれで高機能 マットグレーシアグレー L(59-63cm)【日本正規品/2年間保証】
GIRO(ジロ)

僕が購入したヘルメット2つ

ちょっと個人的な話になりますが、僕はGIRO「Aspect」 と MET「Rivale(リヴァーレ)」を購入しました。

GIROのヘルメット「Aspect」

GIROの「Aspect」

METのリヴァーレHES

METの「Rivale(リヴァーレ)」

最初にGIRO「Aspect」を購入して大満足だったのですが、その日の気分やサイクリングスタイルに応じて服装を変えるように、ヘルメットもその日の気分に応じて変えたいなと思って2つ目のMET「Rivale(リヴァーレ)」を購入。

詳細は以下レビュー記事からどうぞ。

・GIRO「「Aspect」
GIROの「Aspect(アスペクト)」購入レビュー!お洒落なスポーツ自転車用ヘルメットだ
 
・MET 「Rivale(リヴァーレ)」
METのヘルメット「リヴァーレHES」レビュー。デザインに妥協しない格好いいエアロヘルメットを買ってみた

購入の決め手はデザイン。特に被ったときのデザイン。外観だけ見てカッコいいと思っても、頭の形状によっては似合わなかったりしますから、一度お店で試着してみることをオススメします。僕の頭の形状に一番しっくりきたのが、購入した「Aspect」だったという感じ。

もちろん操作性も大事。後頭部のダイヤルで微調整できて実用的。被ってすぐ頭にフィットさせることができてストレスフリー。ライドの休憩中はヘルメットを外すことが多いと思うので、”着脱のしやすさ”も重視しました。

ロードバイク用のお洒落なヘルメット11選まとめ

ロードバイク用のヘルメット

以上、ロードバイク・クロスバイク向きのお洒落(だと個人的に思う)ヘルメット11選でした。

通勤通学で使うのか、街中のちょい乗りに使うのか、ロングライドで使うのか。用途によって求めるデザインも異なると思います。

自分のサイクリングスタイルに合ったヘルメットが見つかるといいですね。ヘルメット探しの真っ最中という人の参考になれば。

 

この記事で紹介したヘルメット一覧

GIRO「ISODE MIPS」

【日本正規品】 GIRO(ジロ) 自転車 ヘルメット アイソード ミップス [ISODE MIPS] 大人用フリーサイズ マットブラック
GIRO(ジロ)

オージーケーカブト(OGK KABUTO) 「BC-GLOSBEⅡ」

オージーケーカブト(OGK KABUTO) 「CANVAS-SPORTS」

オージーケーカブト(OGK KABUTO) 「CANVAS-URBAN」

POC「Ventral Air AF Spin」

POC「Omne Air SPIN」

Kask「Protone」

LAZER「GENESIS AF」

LAZER「Sphere」

MET 「Rivale(リヴァーレ)」

GIRO 「Aspect(アスペクト)」

GIRO(ジロ) ヘルメット アスペクト ASPECT 自転車アーバンヘルメット おしゃれで高機能 マットグレーシアグレー L(59-63cm)【日本正規品/2年間保証】
GIRO(ジロ)

 

おしゃれなヘルメットまとめ

この記事が気に入ったら
いいね または フォローしてね!

URLをコピーする
URLをコピーしました!

関連記事

目次
閉じる