同じカテゴリの新着記事

ロードバイクの「冬ウェア・装備」について初心者的まとめ。冬を舐めると泣くことになる(※失敗談込み)


ゆうです。以前掲載したコチラの記事で、冬に都民の森へ行ったわけですが、

横浜から都民の森まで自走ヒルクライム! 意外としぶとい都民の森の”坂”に苦しんだ180kmライド

本当はこの1週間前に行く予定だったのですが……、家を出てすぐ引き返しました。軽装で出かけたら寒すぎて!

泣きながら家に引き返し、冬のライドに必要な装備を物色。Amazonでポチってなんとか装備を整え、1週間後に再挑戦となったわけでございます。

そのときに実感した冬ライド装備について、初心者が初心者のために記事にしたいと思います。

(※記事公開から約1年が経過したので内容をアップデートしました。2017年11月)

目次

  1. 冬のロードバイクをなめるな(お前が言うな)
  2. 「シューズカバー」必要。つま先を守って!
  3. インナーの重要性
  4. 防風性の高い「冬用タイツ」を使おう
  5. 「耳あて」は必要
  6. ネックウォーマーがあると暖かい!
  7. 冬用グローブもね!
  8. 防風性のジャージも便利そう!
  9. 小さくたためるパッカブルジャケットが体温調整に役立つ
  10. ロードバイクの冬装備、ウェアまとめ

冬のロードバイクをなめるな(お前が言うな)

ロードバイクに本格的に乗り出して迎えた、初めての冬。

「いや〜寒いっていってもね、自転車に乗るってことは体を動かすってことじゃないですか?
てことは、漕いでるうちに温まってきますよ。あんなに汗だくになるスポーツなんですから。坂だって登るんだし。寒いなら体を動かせペダルを回せ!そうすれば温まるわガッハハハー!」

そんな甘い考えで真冬の早朝に出発したあの日の自分を許さないッ……!!

冬のロードバイク

というわけで12月中旬、まだ太陽ものぼっていない早朝に出発したところ、耐えられない寒さにやられ(特に腕とつま先)、すぐ家に引き返しました。漕いでりゃそのうち温まってくるなんて甘い!

30km/h以上で走っているので、体を動かすそばから冷風に当たって冷えていくわけです。いくら漕いでも「体の発熱 < 外の冷気」みたいな感じで、冷える一方!そんなんちょっと考えればわかるやろ!なんて言わないで……

落ち葉とロードバイク

あと、冬は雨に濡れると大変なことになります。

夏だったら濡れても気持ちいい〜で済みますが、冬は一気に体温を奪われる! まぁ考えてみれば当然ですよね、濡れた状態で冷たい風を浴びることになるのですから。

雨が降っていなくても、濡れている地面(水たまりなど)を走る場合は要注意。タイヤで跳ね上げた水しぶきで靴が濡れると、つま先の感覚がなくなるぐらい凍えてしまいます。

以前この濡れた道を走って凍えました(実体験)

私もその寒さを身をもって体験しました……((((;゚Д゚))))ガクガクブルブル

そのときの記事がこちら⇓

紅葉の時期に挑む日光「いろは坂」ヒルクライム!中禅寺湖~戦場ヶ原~金精峠の途中に雪でリタイアw

そんなわけで、冬のロードバイクがどれだけ寒いのか身骨身にしみるレベルで体験したので、それを踏まえてあると便利なウェアや小物などをまとめてみました。

「シューズカバー」必須。つま先を守って!

つま先――足の先端部分。

人は体の末端からやられていくのです。いくら漕いでも、つま先まで血が巡りません。それすなわち死。

しかし奥さん、つま先を守るいいグッズがありますよ。それがシューズカバー!

パールイズミのシューズカバー

帰宅後、Amazonで日本メーカー”パールイズミ”のシューズカバーを購入しました。パールイズミにした理由は、安かったから。

コレがあるだけで全然違う。防風性のおかげで冷たい風を遮断して、体温をしっかり保ってくれます。防風性というのがキーワードですね。冷たい風を遮断!

ちなみにサイズは「M」を注文。ビンディングシューズのサイズは「26cm」です。はめるとピッタリぐらいな感じ。

歩くとシューズカバーが擦れて破れる、という点にもかなり配慮されていそうです。ファスナー式で着脱も簡単でした。

ロードバイク用シューズカバーの裏側

ちなみにシューズはこちらです(▶fizikのビンディングシューズ「R5B UOMO」レビュー。完全に見た目だけで選んだ一品

1週間後、都民の森に再トライした際もコイツのおかげで寒さを感じませんでした。

パールイズミのシューズカバー装着時

秋口、春先ぐらいだったら「トゥカバー」というものでもいいかなと思います。

文字通り、つま先のみをカバーするタイプの商品。防風性・防水性に優れているものが多いです。シマノやパールイズミ、カステリなど様々なメーカーが出していますし、お好みのものをどうぞ。

ちなみに私はdhbのシューズカバーを購入しました。

dhbのトゥーカバー

これを購入した理由は安かったから!1,320円でした。いろいろ調べた感じだと、このシューズカバーが最安っぽい感じでしたね。海外通販になっちゃいますけど。

裏地はこんな感じで暖かそうな素材が使われていました。ポリエステル……?ポリウレタン……?そんな素材だと思います^^;

dhbトゥーカバーの裏地

インナーの重要性

冬はインナーが特に大事です。なぜなら汗冷えに気を付けないといけないから。

汗冷えとは、汗が乾くときに熱が奪われて寒くなってしまう現象のこと。例えばちょっと標高が高めのところを走ろうと思ってヒルクライムして汗をかき、そのままダウンヒルして凍える、みたいなことが冬には起こります。

この汗冷えを防ぐためには速乾性が高く、ドライな状態を保ってくれるインナーが必要。寒いからといって乾くのが遅いユニクロのヒートテックなどを着てしまうのは、あんまり良くない。

というわけで購入したのが、モンベルの「メリノウール」。保温性を実現しつつ、汗冷えしないように乾きやすさも兼ね備えているインナーです。

モンベルのメリノウールL.W

素材は以下。

・毛……92%
・ナイロン……8%

毛(ウール)っていうとセーターみたいな感覚があったのですが、こういう汗冷え対策インナーにも使われているんですね。ちょっと意外でしたw

モンベルのメリノウールの素材表示

毛92%、ナイロン8%

保温性と乾きやすさを両立しているインナーは、特に登山で重要だと言われています。冬山での汗冷えは、冗談抜きで命に関わりますからね……。

ロードバイクだと命に関わるほどではないかもしれませんが、登山での汗冷え防止と同じ理由で、こうしたインナーがあれば快適というわけです。

ちなみにですが、以前モンベルの「ジオライン」というインナーを記事にしたことがありまして⇓

ジオライン記事のアイキャッチ登山用インナーの機能性に衝撃。モンベルの「ジオライン」速乾性が凄い

長袖の「ジオラインL.W」と、今回の「メリノウールL.W」を比較すると、メリノウールL.Wのほうがほんのちょっとだけ分厚いかなという感じ。(※L.W=ライトウェイト。薄手のラインナップ。)

もしかしたらジオラインL.Wを持っているなら、メリノウールは”L.W”じゃなくて”M.W(※中厚手。ミドルウェイト)”でも良かったかもしれません。

インナーが2枚あれば、重ね着するのもアリかと思います。薄いインナーでも2枚着るだけでぐっと暖かくなりますよ!

防風性の高い「冬用タイツ」を使おう

当然、脚も寒いです。なので私は冬用のパールイズミ5℃対応タイツを購入しました。

触ってみると、前面には防風性のあるしっかりした硬めの素材が使われており、背面(ふとももの裏など)は、やや厚手のタイツ地といった感じ。

パールイズミの5度対応タイツ

裾はジッパーで着脱しやすいかたち。

生地の裏側を見ると、前面は風で冷やされないように保温性がありそうな、フリースにも近い感じの素材が使われていました。

パールイズミ5度対応タイツの素材感について

ちなみにパールイズミって気温ごとの対応ウェアを出しているので、初心者的には選びやすいんですよね。

0℃、5℃、10℃、15℃のラインナップあり、今回は「5℃対応ウェア」のタイツを購入しました。

このようにパールイズミって選びやすいしまぁまぁ安めだし、初心者的には手を出しやすいんですよね。ただデザインには目をつむっています。もっとカッコいいグッズが……絶対あると思うんだ……!

「耳あて」は必要

耳あて(イヤーウォーマー)! これも重要です。寒さで耳がぶっ飛びそうになりますから。

私は”はちまき”のように頭に巻き、後頭部側をマジックテープで留めて装着するタイプのものを購入しました。

温かさは十分ですし、マジックテープ式なので着脱がラク。使いやすい!

ネックウォーマーがあると暖かいよ!

普段着のときに使うマフラーで実感していると思いますが、ロードバイクでも「首の防寒」は効果大!

というわけで、ネックウォーマーがあると暖かいです。

どんなネックウォーマーでもいいのですが、個人的なオススメはマジックテープで着脱できるタイプ。こういうのです!⇓

マジックテープ付きのネックウォーマー

普通のネックウォーマーって、頭から被るように着脱しますよね。それだとネックウォーマーを脱ぐ前にですね、ヘルメットとキャップとサングラスをとらないといけないわけです。めんどくさいよ!

なので、マジックテープでバリっと着脱できるタイプが便利。

まぁ私の場合は、厳密にはネックウォーマーじゃなくて首から鼻まで覆うことができる「フェイスマスク」を買ったのですが、保温性と利便性を兼ね備えていて重宝しています。

フェイスマスク

参照:Amazon

冬用グローブもね!

もちろん、冬用の防風グローブも必要。防風性が工夫されてます。

私はとりあえずパールイズミの15℃対応グローブを買いました。またパールイズミかよ……。前述した通り、温度ごとに分かれたウェア展開のため、選びやすいくてつい。滑ることなくしっかりハンドルを握れました。

パールイズミのサイクルグローブ

冬用グローブは各メーカーが出しているので、デザインで選んじゃってもいいかもしれませんね。自分が気に入ったデザインのほうがライドが楽しくなりますよ!

タッチパネル対応なのでスマホの操作も可能です。ただしiPhoneなど指紋認証でロック解除するスマホは、当然ながら一度グローブを脱ぐ必要があるのでご注意を。

あと結構使えるのが「インナーグローブ」というやつ。グローブの下に着用する、薄手で保温性の高いグローブのことです。

こんなの⇓

パールイズミのインナーグローブ

温度調整しやすいのがメリットですね。私は上記の15℃対応グローブの下にこのインナーグローブを着用。暑くなってきたら脱げば涼しくなりますし、寒くなったらまた着用すればOK。

でも真冬だとこの装備でもちょっと寒いので、「5℃対応グローブ + インナーグローブ」みたいな組み合わせにしてもいいかなぁと思っているところです^^;

特に冬の峠などに行く場合、登りはグローブ内が蒸すほど暑くなりますが下りはめちゃくちゃ冷えます。つまり寒暖の差が非常に大きいので、温度調整できる装備にしておくと何かと便利。

真冬用のゴツいグローブ買うより、秋冬用グローブにインナーグローブを付けて調整するほうがいい……かもしれません。

防風性のジャージも便利そう!

こちらは夏〜秋にかけて肌寒くなってきた時期に手に入れた装備なのですが、まずウインドバリアジャージ

ルコックスポルティフというフランスのメーカーです。これも自転車ウェアにしては安めで6,900円ほどでした。

ルコックのウインドバリアジャージ

薄手ながらこちらも防風性があり、風を通しにくいです。ただし薄手ゆえに保温性はあまりなさそうなので、インナーやジレなどで温度調整が必要かもしれません。

私は身長165cmで、サイズ「S」を購入。ピッタリでした。背中にポケットもあり、使い勝手◎。

ウインドバリアジャージの後ろポケット

さらにもっと寒くなってくると、ジャージの裏地に起毛もしくはフリース地を使ったものがいいかなと思います。

例えば私はdhbのサーマル長袖ジャージというものを買いました。デザインもまぁ悪くないし、何よりお値段5,865円という安さです(記事執筆時)。

dhbサーマルジャージ

裏地の白い部分は、このようなフリース地です⇓
なかなか暖かいです。肌触りもいい。

dhbのサーマルジャージの裏地のフリース

10℃前後で晴れた日なら、ちょっと汗ばむぐらいになりますかね……(寒さや気温の感じ方は個人差が大きいので一概には言えませんが、あくまで私の個人的な感覚)

しかし裏地は暖かいのですが、表面は風を通す素材なので、走っていると冬の冷たい風がどんどん入ってきて寒いんですよね。真冬にはキツイです。

そこで寒くなればなるほどに必要になる機能が、保温性に加えて「防風性」。寒い風をシャットダウンしないと、「体の発熱 < 外から冷気」になってしまって、ずっと寒いまま。

というわけで私はラファの「PRO TEAM TRAINING JACKET」を購入しました。前面と袖の防風素材で風をシャットアウト。実際に走ってみると、防風素材の力を如実に感じることができます。寒さがグッと緩和される!

ラファのPRO TEAM TRAINING JACKET

写真ではわかりづらいのですが、画面左側の表面は防風素材

ラファのPRO TEAM TRAINING JACKETの素材感

わかりづらいと思いますが、腕あたりも防風素材です!

そのうえ裏地は保温性のある素材なので、非常に暖かい。

ラファ「PRO TEAM TRAINING JACKET」の裏地

裏地は暖かい

一方、背中には通気性のある素材を採用することで、熱がこもりすぎない作りになっているとのこと。

ラファ「PRO TEAM TRAINING JACKET」の背面の素材感

素材感をお伝えするのが難しい……

もはや真冬用ウェアは高機能ウェアと言っていいレベルで良く考えられています。防風性、保温性、透湿性etc。

実際、冬のライドは体温調節が難しいですからね……暑すぎて汗だくになってしまうと汗冷えとなり風邪の原因にもなりますし、もちろん寒すぎるのもダメ。程よい体温調整が快適なライドのコツでしょうか。

(※ただしラファはめっちゃ高いんですけどね。28,500円しました……。)
Pro Team Training Jacket | Rapha Performance Roadwear | Rapha Site

小さくたためるパッカブルジャケットが体温調整に役立つ

秋冬は朝と昼の寒暖差が大きく、体温調整が難しいですよね。

それに例えば峠に登ろうものなら、山間部とふもとの気温差にも注意しないとです。ヒルクライム中にかいた汗がダウンヒルで冷やされれば、風邪の原因にもなりかねません。

そういう体温調整が難しい季節に役立つのが、コンパクトに折りたためる「パッカブルジャケット」というもの。折りたたんだ状態だと手のひらサイズですが⇓

パタゴニアのフーディニジャケット

広げるとこのようになります。サッと羽織るだけで、かなり暖かくなりますよ。

フーディニを広げたところ

私が使っているのはパタゴニアの「フーディ」というパッカブルジャケット。

結構暖かいのでサイクリング時だけでなく、ランニングから普段使いまでできて重宝しています。

ただ自転車用ではないため体にフィットする作りでなく、風の影響のモロに受けてしまいます。後ろポケットもありません。自転車に乗るときはちょっと不便かも。

もしこれからパッカブルジャケットを買うなら、サイクリング専用モデルでもいいかもですね。例えばPISSEI(ピセイ)のこういうジャケット。

コンパクトに折りたためて後ろポケットもあり、リフレクターになるロゴなども入っていますよ。さすがサイクリングウェア。

PISSEI(ピセイ) 軽量ウィンドジャケット【PISSEI PIUMA JACKET】

ロードバイクの冬ウェア、小物まとめ

というわけで、ここまでにご紹介したものをまとめます!

  • シューズカバー (orトゥカバー)
  • 保温性と速乾性を備えたインナー
  • 冬用タイツ
  • ネックウォーマー
  • 冬用グローブ
  • インナーグローブ
  • 防風性のあるジャージ

こんな感じでしょうか。

あと強いて言えば、冒頭でもご紹介したように雨に濡れるとツライので、荷物は増えますが、降られそうなときはレインウェアを持っていくといいかもしれません。


ちゃんとした装備さえあれば、冬のロードバイクは非常に快適です。夏より快適かも。汗だくになりませんからね!

これだけウェア類を揃えるとお金もかかりますが、それでも自転車に乗って見たい景色がある、写真に撮りたい景色がある、食いたいメシがある……etc、その体験でチャラになるはず。いやそれ以上の価値があるはず。

というわけで未来の初心者へ、現初心者(私)からこの記事をおくります。冬の装備はしっかりと!

この記事が気に入ったら
いいね ! しよう

更新情報の取得はコチラからどうぞ!

この記事を書いた人:ゆう

icon
ロードバイクに乗り、一眼レフで写真を取り、登山した様子を記事にしています。そのほか個人的に興味のあることも書きなぐりながら更新中。関西出身で横浜在住。
にほんブログ村 自転車ブログへ