初めて「ウーバーイーツ」を使う方法。値段・クーポン・注文方法など、配達員の視点から解説

ウーバーイーツで料理を注文する方法や値段・割引クーポンなどについて説明。

僕はウーバーイーツの配達員をやったことがあるので(土日祝に稼働)、内情がわかるといいますか、要するにウーバーイーツをうまく使いこなす方法についてちょっと詳しくお伝えできると思います。

みなさん(注文する側)がウーバーイーツをスムーズにストレスなく利用できる手助けを、というのがこの記事の趣旨。ちょっとしたことなのですが、知っているだけで料理の到着遅れを防ぐことができたり、料理をキレイな状態で美味しく頂けたり…、いろいろメリットがあるはずです。

ウーバーイーツとは

最初に「ウーバーイーツ」について簡単に説明。2014年に米国で始まり、今では世界36カ国500以上の都市に展開しているフードデリバリーサービスです。

ウーバーイーツのバッグ

このバッグ、街中で見たことある人もいるのでは

シェアリングエコノミーとテクノロジーを活用することで、「たくさんのお店がデリバリーに対応できるようになり、しかもスマホアプリで1品から注文できる(最低注文金額なし)手軽さ」を実現。

いろんな料理を1人でもスマホだけで気軽に注文できるところがウケて、世界的に広がっていった感じです。

配達員の視点でウーバーイーツを使うコツを伝える

この記事を書いている時点で、配達員としてちょうど100回配達しました。

ウーバーイーツは、一般人が自分の都合のいい時間を活かして配達員として働く仕組み(こういうのをシェアリングエコノミーというけど覚えなくて大丈夫です)を採用しています

ウーバーイーツの配達回数

100回配達しました

もちろんお客さん(注文する側)としても利用したことがあります。

これらの経験を元に、ウーバーイーツを利用するコツをまとめました。まぁぶっちゃけた言い方をすると、利用者のみなさんが美味しいご飯を食べるため、配達員に料理をスムーズに運んでもらう方法、といった感じなりますかね…!

ウーバーイーツの注文方法

では注文の流れを説明します。

必要なのはスマホアプリだけ。この手軽さがウーバーイーツのメリットの1つ。

一応PCからでも同じように注文できますが、以下ではスマホアプリからの注文を念頭において説明しますね。

まずアプリを起動したらスマホの電話番号を入力し、SMSに届いた4ケタの認証コードで認証を行います。これで準備完了。

ウーバーイーツの最初の認証画面

料理を選ぶ

料理を選び、カートに追加しましょう。

マクドナルドやケンタッキーから近場でも気付かなかった個人経営のお店まで、本当にたくさんお店から選べるのがウーバーイーツの良さ

食べたい料理のジャンルで検索することも可能。料理選びについては、とりあえず無料の「ウーバーイーツ」アプリをダウンロードして一度ざっくり眺めてみるのがいいです。

ウーバーイーツの料理一覧

料理を選ぶ!

次は住所と割引コード、クレジットカード情報(エリアによっては現金払い可能)を入力します。

住所を入力する

ここ大事なポイントなのですが、「住所はしっかり最後まで正確に入力」したほうがいいです。そのほうがより早く確実に料理が届きます。

入力が不完全だと、到着が大幅に遅れる可能性も。冷静に考えてみると納得頂けると思うのですが、「正確な住所がわからない場所に料理を届けて」って無茶苦茶じゃないですか…?

あとそもそも、住所入力が不完全なまま注文できてしまうウーバーイーツのアプリにも問題があるとは思いますね…。

ウーバーイーツの住所入力

加えて「配達メモを追加する」の活用もおすすめ。

例えば「セブンイレブンの前にある茶色の建物です」とか、「国道〇号線からマンションに入れます」とか記載しておくと、料理の到着がさらにスムーズになります。というか、配達員からするとめちゃくちゃ有り難いです。

ウーバーイーツの配達メモ

建物の特徴などを書くと、早く届きやすい

配達員の視点から現状について書くと、住所が不完全な注文者をときどき見かけます。

「住所(個人情報)を入力するのは気が引ける」、その気持もわかるのですが、やはり住所がちゃんと入力されていないと料理のお届けが困難になることが多いです…。注文者と連絡を取りながらお届けすることになるのですが、どうしても遅くなってしまいますね…。

実をいうと配達員のほとんどは、Googleマップアプリを使って料理を目的地まで運んでいます。注文を受理するのは「配達用ウーバーイーツアプリ」なのですが、料理を受け取ってから目的地に運ぶまでは基本的にGoogleマップアプリを使っています。つまり、Googleマップアプリを使って初見でたどり着けないような住所入力だと、到着が遅くなりがちです…。

Googleマップアプリを使って配達していることに驚くかもしれませんが、これが現状です。

Googleマップでウーバーイーツの配達

Googleマップを使って配達してます

そんなわけで、「住所は最後までしっかり正確に入力することを強くおすすめ」します。

料理がアツアツ(または冷え冷え)で素早く届けば利用者にもメリットがありますし、配達員も無駄なく効率的に仕事を完了することができて、どちらにもメリットしかないと思います。

割引クーポンを入力する

正式には「お友達紹介クーポン」の名称で提供されています。

僕の「お友達紹介クーポン」は以下。入力すると初回と2回目の注文が750円割引となります。注文金額に関係なく使えるので、750円ちょっと超えたぐらいで使うと、ほとんどタダみたいな金額で注文できます。

初回と2回目の注文が750円割引
eats-r41cvm
ウーバーイーツのお友達紹介クーポン

お友達紹介クーポンの内容は、時期によって変わる可能性があります。

例えば僕が友人の「お友達紹介クーポン」を使ったときは、「初回だけ1,000円割引」でした。しかし現在は「初回と2回目の注文が750円割引のクーポン」に変わっていますね…。でも2回使えば合計1,500円割引だから、今のほうがお得かもしれません

使い方は、まず「カート確認画面」で、「プロモーションを見る」と書かれている項目をタップ。次の画面で、右上にある「プロモーションコードを追加」へと進みます。

ウーバーイーツのプロモーションコード追加方法

この画面で、プロモーションコードを追加。

もしよろしければeats-r41cvmをどうぞ。

ウーバーイーツの割引コードを入力

当時、ケンタッキーで「オリジナルチキン4ピース、ビスケット2個、ナゲット10個」に初回1,000円割引を適用すると、手数料込みで1,080円でした。

この金額で家まで持ってきてくれるなら、非常にお得だと思います。

ウーバーイーツの注文料金

かなり安くなる!

ウーバーイーツを初めて利用する場合は、かなりお得になります。

初回と2回目の注文が750円割引
eats-r41cvm

必要なら「カトラリー類」をオンに

環境問題の一環として、使い捨ての「割り箸・スプーン・ストロー等」は、基本的には配達されません

必要な場合は、忘れずに「カトラリー類をオン」にしてから注文しましょう。デフォルトでは「OFF」になっているので、忘れずに「ON」を!

カトラリー類について

クレジットカード情報もしくは現金払い

あとはクレジットカード情報の入力、もしくは現金払いの場合は配達員にわたす現金を用意しておきましょう。

※地域によって現金払いはできない場合があります。

ウーバーイーツの支払い

これで注文完了!あとは到着を待つだけです。

初回注文だと入力項目が多くてちょっと大変かもしれませんが、2回目以降は料理を選んで注文するだけ。料理したり買い物に行くのが面倒くさいときは、ウーバーイーツがめちゃくちゃラクに感じます。

配達〜受け取り

配達員が今どのあたりにいるのか、アプリからGPSで見ることができます。

「意外と早いな〜」、「迷ってるな〜」みたいなことがわかるので、暇なら見てみると面白いかもしれません。

ウーバーイーツ配達員のGPS

配達員の場所がGPSでわかる

あとは玄関のチャイムがなるので、料理を受け取ればOK!

ウーバーイーツで注文したケンタッキー

こんな感じで届きます

ケンタッキーのオリジナルチキン

うまーい!

ウーバーイーツの価格や送料について

結論からいうと、店頭で注文するよりも、ちょっと割高

例えばマクドナルドは、「てりやきマックバーガーセットが710円」でした。お店で買ったら640円ぐらいですよね。ほかにも吉野家の牛丼(並)は352円(+税)ですが、ウーバーイーツだと570円でした。

ウーバーイーツの料理の金額

全体的にちょっと割高

さらに「配送手数料」がかかります。この配送手数料は、いくつかの条件で変動する仕組み。

まず、お店からお届け先までの距離が遠いと高くなる傾向にあります。

ウーバーイーツの配送手数料

配送手数料は距離によって変わる

また日時や気象条件によっても「配送手数料」は変動します。

注文が多く集まる日時は、配送手数料が上がります。例えば休日のお昼時、夕食時などですね。一方、平日の昼ごはんでも晩ごはんでもない中途半端な時間だと、配送手数料は安い傾向にあります。

また雨が降ったりすると「注文数 > 配達員の人数」、いわゆる需要過多になって配送手数料が上がりやすいです。

ウーバーイーツの配送手数料

配送手数料が上がった状態

さらに、「サービス料」と「小額注文における手数料」が上乗せされる場合があります。

”上乗せされる場合がある”という曖昧な言い方になってしまうのは、地域や日時によって上乗せされたり、されなかったりするから。ちょっとまだ統一されていないみたいです。記事執筆時(2019/11/24)。

「サービス料」が適用されると、注文金額の10%が上乗せされます。「小額注文における手数料」が適用されると、700円未満の小額注文に対して150円ほど追加されます。

どちららも注文画面で確認してから注文しましょう。

ウーバーイーツの配送手数料など

配送手数料などはココで確認できます

というわけで、結論としては「自分でお店に行って買うよりはどうしても割高」になります。

それでも使う人がいるのは、スマホアプリをポチポチするだけで注文できるのが便利だから。

また一般的な出前だと「1,500円以上から出前を承ります」みたいなルールがありますが、ウーバーイーツに最低注文金額はありません。1人分の料理から注文できる柔軟性も人気。

ウーバーイーツの細かな疑問。配送エリアとか

配送エリア

ウーバーイーツが料理を運んでいるエリアは、大まかに以下です。

大まかなエリア
  • 東京都…23区ほぼ全域(一部エリア外あり)、西東京エリア、八王子市、町田市、多摩市
  • 神奈川県…横浜市、川崎市
  • 千葉県…船橋市、市川市、千葉市、習志野市、浦安市
  • 埼玉県…さいたま市、戸田市、蕨市、川口市、草加市、新座市、和光市、朝霞市、志木市
  • 愛知県…名古屋市、熱田区、千種区、昭和区
  • 京都府…京都市
  • 大阪府…大阪市、東大阪市、八尾市、豊中市、吹田市
  • 兵庫県…神戸市、芦屋市、西宮市、尼崎市
  • 福岡県…福岡市

ただし、例えば「神戸市」でも「区」によっては未対応エリアもあるので、一度ウーバーイーツのWebサイトにアクセスして、住所を入力してご自宅がエリア内かどうか確認してみるのがいいと思います。

ウーバーイーツの対応エリアについて

対応エリアを確認しよう

容器って返却するの?

料理はすべて使い捨ての容器に入っているので、容器の返却は不要です。

 

「崩れ・こぼれ」の可能性とウーバーイーツ料理の関係

「崩れ・こぼれ」の可能性が高そうな料理から、意外と心配ない料理まで。配達員の視点からお伝え。

寿司

寿司

寿司はですね、配達中に容器のなかで動いてしまい、偏る(かたよる)傾向にあります

あの大きなウーバーイーツバッグの中に緩衝材やミニバッグを入れて、容器が動かないように工夫している配達員は多いのですが、それでも容器の中の寿司までは固定できません(当たり前だけど…!)

現状では、ウーバーイーツで寿司を注文すると、偏った状態で到着する場合があると思って頂いたほうがいいです…(絶対偏るわけではない)

もう少し詳しく説明すると、「注文内容による」とは思います。例えば1人前であれば、コンパクトな容器に寿司が隙間なく詰め込まれていることが多い(寿司の密度が高い)ので、偏る余地が少ないです

また自転車よりも原付のほうが揺れが少ないと思われるため(漕がずに座ってるだけだからね)、原付配達だったら偏っていないことが多い…かも。(自転車と原付、どちらに配達してもらうか選ぶことはできません。ランダムで割り振られます)

一例として、こちらは僕がウーバーイーツで注文した寿司。偏っていないパターンです。

ウーバーイーツで注文した寿司

僕が注文者として頼んだ寿司です

1人前を原付で配達してもらいました。偏っておらず、非常に綺麗な状態です。こういう素晴らしい状態で届くこともあります。

ウーバーイーツで配達された寿司

1人前を原付配達。ほとんど偏っていません。綺麗な状態で届きました。

1人前だと偏りづらいと思われますが…、3人前以上〜(あの丸い桶みたいな容器に入った寿司)など、量が多くなるほど偏りやすくなる傾向にありそうです。

単純に寿司自体の重さが増え、寿司の密度も小さくなるため、偏りやすくなると思われます。配達の難易度も上がりますし、自転車で左右に揺れてしまう偏ってしまいそうです…。

ウーバーイーツの寿司

揺れや振動を吸収するマルシン出前機Wikipedia出前機のようなものも世の中にはありますが、これをウーバーイーツ配達員一人ひとりが導入するのは、今のところちょっと現実的ではありません。

ウーバーイーツ本部側がマルシン出前機のようなものを配達員一人ひとりに貸し出す…なんてことも、あり得ないでしょう。

またお店側(寿司屋)も、揺れや振動をあまり考慮していない梱包を行うことが多いです。普通のお持ち帰り用の容器に入れて、「あとは頑張って慎重に運んでね」というスタンスのお店も多いです。

もちろん慎重に運んではいるのですが、自転車や原付だと、揺れや路面からの振動をゼロにはできません。運動エネルギーや慣性の法則などをゼロにできない以上、どれだけ慎重に運んでも、容器のなかの寿司の動きを止めることはできないんだ…!

寿司

僕も寿司は大好きだけど、ウーバーイーツで注文するときは注意が必要…。

そんなわけで、「料理は見た目も大事。偏った寿司なんて食えたもんじゃねぇ」という方には、ウーバーイーツでの寿司の注文はオススメできません…。特に寿司って友人や親戚が集まる日や、おめでたい日に注文することがありますよね。そんなときにウーバーイーツで寿司を4人前とか注文するのは、正直オススメできません

「別に偏っててもいいよ、腹に入れば一緒じゃん」というおおらかな方は、気にせず注文して頂けたらと思います。また1人前であれば、あまり偏らない…と思うのでたぶん大丈夫だと思います(1人前でも偏ることあるから絶対大丈夫とは言えない)

混ぜて楽しむタイプのタピオカ

「層が分離していて、自分のタイミングで混ぜて味わいの変化を楽しむタピオカ」は、配達中に混ざってしまう可能性が大いにあります…。

やっぱり自分のタイミングで混ぜたいじゃないですか。なのでウーバーイーツで注文するのはあまりオススメしません…。注文画面に「配達途中に層は崩れてしまいます」と注意書きがあるお店もありました

また氷についても多少溶けてしまうと思うので、そのつもりで注文したほうがいいです…。

ウーバーイーツのタピオカ注文画面

一方、「最初から混ざっているタピオカ」であれば特に問題ありません。注文しちゃってください。

ウーバーイーツはタピオカ1杯だけでも注文できるので(実際、1杯だけで注文する人はちょくちょくいます)、気軽に注文して大丈夫です。

汁物・ドリンク系

基本的にはこぼれないことのほうが多いとは思いますが…、身も蓋もないことを言うと、やっぱりこぼれる可能性はあります

配達員が気をつけて運ぶのはもちろんですが、店側の梱包にも大きく頼ることになるのが実情

こぼれにくいのは「汁物を扱うことが多い大手チェーン店」。こぼれにくい梱包に慣れています。

マクドナルドの紙袋

※僕が注文者として頼んだマクドナルドです

例えばマクドナルドのジュースはフタが二重になっていて、こぼすほうが難しいぐらい素晴らしい梱包。しかもドリンクホルダーまで付いていて倒れにくい。

あと吉野家や松屋などの味噌汁もこぼれにくいです。大手チェーンはこぼれにくい梱包方法を確立してる感ある。

マクドナルドのジュース

フタが二重で、転倒防止ホルダーまで付いてる

こぼれがちなのは、「普段、汁物を扱っていないお店」あるいは「ウーバーイーツに慣れていないお店(個人経営で注文数が少なそうなお店とか)」

汁物の梱包に慣れておらず、フタが簡単に外れてしまうこともあります。配達員としては、フタが外れないよう上から緩衝材などで抑えたりして運びますけど…、それでも申し訳ないですが、こぼれてしまうことはあります。

というわけで、現状「汁物を扱うことが多い大手チェーン店」の汁物・ジュースはこぼれにくい。そんな感じです。

麺類

麺類も配達員が気をつけて運ぶのはもちろんですが、店側の梱包にも頼ることになるのが実情ですね

ラーメン屋、うどん屋など、普段からスープを扱っているお店は梱包が上手な傾向にあるので、かなりこぼれにくくはなっています

実際に注文してみました。例えばこちらのラーメン屋は、スープと麺・具材の容器がわかれています。海苔は湿らないようにラップに包む丁寧さ。

ウーバーイーツで頼んだラーメン

スープは「内側にラップ + その上にフタ + さらに上からラップでぐるぐる巻き」という厳重な梱包

自転車の配達員に届けてもらいましたが、1滴もこぼれていませんでした。パーフェクト。

ウーバーイーツで注文したラーメンのスープ

スープはフタとラップでぐるぐる巻き

というわけで、「ラーメン屋、うどん屋など普段からスープと麺を扱っているお店」は、梱包方法が確立している傾向にあるので、かなりこぼれにくくはなっています

…が、不安を煽るつもりはないけど、梱包方法とか配達員の運び方とか、複合的な要素でこぼれる可能性はあると思います。

注文者側ができる対策としては…、ええっと、麺類ばかり一度にたくさんを注文しないこと…ですかね…。麺類の注文が多すぎると、どうしてもバッグの中で料理を重ねざるを得なくなってしまい、そうすると下の料理が重さで潰れたりして、こぼれる可能性が高くなってしまいます。一度に注文するのは2人前ぐらいまでが良いかも…。

家系ラーメン

また「麺、のびないの?」という疑問について。

麺とスープを別々の容器に入れてくれるお店も多く、のびにくくなっています。しかも今回、かなり固茹での状態(バリカタ?ハリガネ?ぐらい)で届いたので、スープを入れてもまだ固いぐらい。まったくのびていない状態で、美味しくいただけました。

「崩れ・こぼれ」が発生しにくいウーバーイーツの料理

「じゃあどんなメニューがおすすめなんだよ」話ですよね。

上記以外だったら大体問題ないです。ファーストフード系(マクドナルド、ケンタッキーなど)、丼もの、肉類、魚類(寿司を除く)、野菜類などなど。

注文内容や量によっては、多少かたよってしまうことはあるかもしれませんが、マシなほうだと思います。

注文に問題が起きたらサポートへ

こぼれ方がひどいような場合は、サポートに連絡してください。

アプリ内から、「ヘルプ → 注文 → 現在の注文に問題が起きた」と進んでいくと、問題点をサポートに連絡できます。

ウーバーイーツのサポートに連絡する方法

またサポートへの電話番号は「03-4510-1243」です。

まとめ:ウーバーイーツをうまく利用するのだ

マクドナルドのハンバーガー

スマホアプリを操作するだけで、食べたい料理が届くシステムは快適です。

しかしウーバーイーツは完璧とは言えません。いろいろ思うところはあるかもしれませんが、「良いところ微妙なところ含め、現状を把握したうえで上手に利用していこう」、そんな趣旨の記事でした。

初回と2回目の注文が750円割引
eats-r41cvm