SEL24105Gを数年使った感想。これ1本で写真も動画も撮れるオールラウンドレンズ

記事内にアフィリエイト広告を掲載している場合があります。
SEL24105Gのレビュー記事
セール情報:2024/02/23 更新

2020年10月頃にSONYのズームレンズ「SEL24105G」を購入し、約3年ほど使ったので感想をまとめます。

SEL24105Gを1本持っていけば、24〜157mm(※スーパー35mmモード使用時)までカバーでき、だいたい何とかなる感が心強い。また写真はもちろん、オートフォーカス音が静かなので動画もこれ1本で撮れます。

オールラウンドでとても重宝しています。

カメラ素人が、素人視点で素人の方に向けて書いています!難しいことは書けませんが、同じ素人の方には読みやすい内容だと思いたいです。

目次

SEL24105Gの良さ

SEL24105Gと箱

僕は旅行中に気になった場所をパシャパシャ撮りながら、どんどん移動していく旅行スタイルが好みです。

「撮影スポットに着いたら最適なレンズに交換して、じっくり構図を考えて……」みたいに、1箇所に留まって撮影することは基本的にはありません。1本のレンズで気軽にパシャパシャ撮っていきたい。

SEL24105Gは、そんなスタイルと相性が良いと思います。これ1本持っていけば24〜105mmだけでなく、スーパー35mmモードを使うと157mmまでカバーでき、だいたい何とかなる安心感が心強い。さまざまな構図でスピーディに撮影できるのが良いですね。

またF4通しなのでそれなりに明るく、ズームすればボケ感もちゃんとあります。解像力も高い。SONYの中では「Gレンズ」と言われる高性能レンズシリーズに該当しますし、性能は文句なし。

しっかり解像する標準ズームレンズ、便利に決まっています。

動画もいける

写真はもちろん、オートフォーカス音が静かなので動画もこれ1本で撮れます。動画にオートフォーカス音が入ることはまったくありません

写真も動画も、両方撮りたい僕にとっては良いレンズでした。

24-105mmクラスのズームレンズにしては軽い

重さ約663g。F4通しの24-105mm標準ズームレンズの中では、かなり軽いほうです。

他社レンズと比較すると、こんな感じ。

SIGMA 24-105mm F4 DG OS HSM | Art約885g
CANON EF24-105mm F4L IS II USM約795g
CANON RF24-105mm F4 L IS USM約700g
SONY FE 24-105mm F4 G OSS約663g

この軽さは嬉しいですね。シンプルに荷物が軽くなる。

とにかく便利なレンズ

「SEL24105G」はSONYの中ではオーソドックスな標準ズームレンズだと思うので、すでに語り尽くされていると思いますが……

個人ブログということで、改めて自分の使用スタイルに沿った感想を書いてみました。

とにかく便利なレンズ。旅行にはSEL24105Gを1本だけ持っていきます。

これ1本持っていれば何とかなる安心感が大きく、非常に重宝しています。

SEL24105Gのデザイン・スペックなど

デザインや付属品、スペックなどについて簡単に触れます。

SEL24105Gの見た目

まず付属品はこれだけ。レンズフード付きです。

  • レンズ本体
  • レンズフード
  • ポーチ
  • 取扱説明書類
SEL24105Gの付属品一覧

デザインも全体的なシルエットもいい。根本が細くなっているレンズ、良いと思います。

質感もいい。プラスチックですが、安っぽくないです。

質感やデザイン

ボタン・スイッチ類は3つ。

  • AF/MF切り替えスイッチ
  • 手ぶれ補正ON/OFFスイッチ
  • フォーカスホールドボタン
ボタンとスイッチ類

ズームリング・ピントリングどちらもスムーズに回転します。ストレスがない。

ときどきマニュアルフォーカスを使いますが、回しやすいですね。

ズームリングとピントリング

いわゆるF4通しのズームレンズ。広角から望遠までズーム全域でF4が使えるやつ。

望遠したときのサイズ感

ハクバのレンズフィルターを装着しました。フィルター経は77mmです。

フィルター経は77mm

スペック

SEL24105Gのスペックについて

おおまかなスペック。

焦点距離24-105mm
APS-Cカメラ装着時の焦点距離36-157.5mm
開放絞り(F値)4
最小絞り(F値)22
フィルター径77mm
外形寸法 最大径x長さ83.4 x 113.3mm
重量約663g
フード(型名)ALC-SH152
参照:SEL24105G | 仕様表

付属のレンズポーチ

付属のレンズポーチは革製(おそらく合皮でしょうか)。

裏側は、マイクロファイバー(?)のような細かい起毛。

付属のレンズポーチ

SEL24105Gを入れたところ。

衝撃吸収性能はそれほどありません。心配な方は、別途クッション性の高いケースを用意したほうが良さそうです。

付属のレンズポーチにSEL24105Gを入れたところ

SEL24105Gとα7Cの組み合わせで使っています

α7CとSEL24105Gの組み合わせ

α7Cという、軽量コンパクトなフルサイズミラーレスカメラと組み合わせて使っています。

完全にフロントヘビーで、一見すると変な組み合わせに見えるかもしれませんが、使ってみると意外と良いです。

この組み合わせの使用感については、別記事でまとめました。

SEL24105Gの作例のようなもの -写真編-

作例というにはおこがましいのですが、アマチュアがテンション上がって撮ってきた写真を何枚か掲載します。

ブログにアップロードする際の容量の関係でリサイズだけしていますが、明るさや色味などは編集していません。撮って出しです。

横浜みなとみらいにあるジェットコースターのようなオブジェ
24mm、f8、1/500s、ISO100
横浜みなとみらいのビル
105mm、f8、1/320s、ISO100

陽が沈む冬の海。

陽が沈む冬の海
105mm、f8、1/160s、ISO125

横浜の夜。

横浜みなとみらいの万世橋からの夜景
24mm、f4、1/13s、ISO2000
金網越しの夕焼け
77mm、f4、1/80s、ISO1600

京都、八坂神社から見る夜。

京都の八坂神社から見る夜の景色
105mm、f4、1/160s、ISO8000

動物。

白い鳥
105mm、f4、1/125s、ISO160

早朝のテント。

モンベルのステラリッジ テント1
95mm、f4、1/100s、ISO250

夏の雲と電線。

夏の雲と電線
89mm、f8、1/1000s、ISO100

冬の箱根。

冬の箱根
24mm、f11、1/125s、ISO100

SEL24105Gの作例のようなもの -動画編-

こちらも作例というにはおこがましいのですが、素人がテンション上がって撮影&編集したYouTube動画をいくつか掲載します。

特に動画は初めたばかりなので、めちゃくちゃ難しいですね……。カメラの設定をいろいろ試した結果、今のところPP6で撮ってから編集で明るさや色味を調整する手法に落ち着いています。

自転車走行中の動画はGoProで撮影。そのほか一部はiPhone 13 Proで撮影しています。

SEL24105G以外のレンズ候補

SEL24105Gに近いスペックを持ったレンズを、いくつかピックアップします。

まずはフルサイズ対応レンズ。特に望遠側が105mmまで要らないなら、もう少し安くて軽いレンズが選べます。

またこればっかりは仕方ないのですが……基本的に高額なレンズほど、解像力や描写が良い傾向にあります。焦点距離や重量だけでは判断できない、

スクロールできます
商品メーカー焦点距離
(mm)
重量価格
(公式ストア価格)
購入リンク
sel24105gの画像
SEL24105G
SONY24-105663g164,593円Amazon
楽天市場
Yahoo!ショッピング
ソニーストア

SEL2470Z
SONY24-70426g119,900円Amazon
楽天市場
Yahoo!ショッピング
ソニーストア

SEL2070G
SONY20-70488g184,800円Amazon
楽天市場
Yahoo!ショッピング
ソニーストア

SEL2470GM2
SONY24-70695g308,000円Amazon
楽天市場
Yahoo!ショッピング
ソニーストア

SEL24240
SONY24-240780g163,900円Amazon
楽天市場
Yahoo!ショッピング
ソニーストア

SEL2860
SONY28-60167g52,800円Amazon
楽天市場
Yahoo!ショッピング
ソニーストア

SEL2870
SONY28-70295g42,900円Amazon
楽天市場
Yahoo!ショッピング
ソニーストア
24-70mm F2.8 DG DN | ArtSIGMA24-70830g132,000円Amazon
楽天市場
Yahoo!ショッピング
SIGMA公式ストア
28-70mm F2.8 DG DN | ContemporarySIGMA28-70470g99,000円Amazon
楽天市場
Yahoo!ショッピング
SIGMA公式ストア
各製品の比較

さらにAPS-C専用レンズも加えると、こちらも候補になりそう。

スクロールできます
商品メーカー焦点距離
(mm)
重量価格
(公式ストア価格)
購入リンク

SELP18105G
SONY18-105
※APS-Cカメラに装着すると、「27-157.5」換算
427g74,800円Amazon
楽天市場
Yahoo!ショッピング
ソニーストア
各製品の比較

解像力や描写などの写りを重視するなら「Gシリーズ」を選んでおくと、後悔しないかと思います。「SEL24105G」というように、型番の最後に「G」がついているレンズがそれ。

とはいえ高額なので、カメラを初めて買う人においそれとオススメするのはちょっと気が引けます。まずは軽いズームレンズから初めてみて、カメラの楽しみを経験するほうが大切だと個人的には思うところですね。

「SEL24105G」標準ズームレンズらしいオールラウンド感

SEL24105Gのレビュー記事
α7CとSEL24105G

幅広いズーム域を1本でカバーでき、ボケ感と画質も素晴らしく、気になる歪みなどもありません。

オールラウンドに使えて、とにかく便利。この一言に尽きます。

撮影したい被写体が決まっているならそれに合うレンズを選ぶべきですが、何となくいろいろ撮りたいのであれば、持っておいて損はないレンズだと思います。


SEL24105Gのレビュー記事

この記事が気に入ったら
いいね または フォローしてね!

シェアはこちら!
  • URLをコピーしました!

この記事を書いた人

ネイビーのANCHOR RNC7に乗ってます。自転車、キャンプ好き。旅好き。カメラかついで自転車に乗ってます。カメラはα7C。

目次