新幹線予約『EXアプリ』で、乗車用ICカードを「モバイルSuica」に変更する方法。スマホ1台で改札を通過できる

記事内にアフィリエイト広告を掲載している場合があります。
EXアプリにモバイルSuicaを設定する方法

東海道・山陽・九州新幹線をネット予約できるサービス「スマートEX」を利用している人限定で、しかもちょっとニッチな話です。

スマートEXのスマホアプリ『EXアプリ』で新幹線を予約したあと。新幹線の改札を通過するとき、「EX予約専用ICカード」をかざしていますよね。でもこの物理カード、そろそろ不要じゃないですか。

新幹線の改札を通過するときのカード(=乗車用ICカード)を、「EX予約専用ICカード」からスマホ内にあるバーチャルカード「モバイルSuica」に変更できます。

EX予約専用ICカードとモバイルSuica
左のカードはもう要らない!スマホだけで新幹線の改札を通過可能

モバイルSuicaに変更すると、以下のようなメリットがあります。

特に、スマホ1台で完結するのが大きな魅力。もう物理カードを持っていかなくていいのが嬉しい!

EXアプリの乗車用ICカードを「モバイルSuica」に変更するメリット
  • 「EX予約専用ICカード」はもう要らない。スマホをかざして新幹線の改札を通過可能
  • 新幹線と在来線の乗り継ぎが可能
  • スマホ1台で完結!

かなり良くないですか? 個人的にも乗車用ICカードをモバイルSuicaに変更してから、移動がスムーズになりました。

というわけで、EXアプリの乗車用ICカードを変更する方法について、備忘録も兼ねてまとめます。

目次

EXアプリの乗車用ICカードをモバイルSuicaに変更する方法

手順はおおまかに3ステップ。どれも簡単。

  1. EXアプリのお客様情報にアクセス
  2. モバイルSuicaの「SuicaID番号」をコピペ
  3. EXアプリの乗車用ICカードを「モバイルSuica」に設定する

5分ぐらいで設定できるはず。順番に説明します。

① EXアプリのお客様情報にアクセス

EXアプリにログインしたら、右上の人型アイコンをタップ。

続いて「お客様情報」をタップします。

EXアプリのお客様情報にアクセス

ワンタイムパスワード送信」をタップ。

スマートEXに登録しているメールアドレスに送られてきた「ワンタイムパスワード」を、入力またはコピペ。

ワンタイムパスワードを入力

これでEXアプリのお客様情報(=設定画面)にアクセスできました。

ここにモバイルSuicaを登録します。

お客様情報にアクセス成功

モバイルSuicaを登録するためには、「SuicaID番号」が必要。

② モバイルSuicaの「SuicaID番号」をコピー

モバイルSuicaの「SuicaID番号」をコピーします。

Suicaアプリを起動。

モバイルSuicaアプリ

Suicaカードをタップすると、「JE」から始まる17桁の番号が表示されます。

長押しすると出てくるコピーボタンで、番号をコピー。

SuicaID番号をコピー

③ EXアプリの設定画面にアクセス

再びEXアプリのお客様情報(=設定画面)に戻ります。

変更」→「交通系ICカードを追加」とタップ。

EXアプリに交通系ICカードを追加

ここに、先ほどコピーした17桁の「SuicaID番号」をペースト!

右上の「完了」をタップします。

SuicaID番号をペースト

次に、乗車用ICカードの欄で「交通系ICカード」を選べばOK。

最後に右上の「完了」ボタンをタップして保存するのを忘れずに!

乗車用ICカードの欄で交通系ICカードを設定する

これで、新幹線の改札にスマホをかざして通過できるようになりました!超便利!

もうEX予約専用ICカードは要りません。スマホだけでOK。

実際に新幹線の改札にスマホをかざすと「EXご利用票」が出てくるので、取るのをお忘れなく。

EXご利用票が改札から出てくる
この紙が出てきます

番外編:新幹線予約後でも、乗車用ICカードは変更可能

新幹線を予約したあとでも、乗車用ICカードを変更できます。

どちらへの変更も可能
  • EX予約専用ICカード → モバイルSuica
  • モバイルSuica → EX予約専用ICカード

EXアプリの「予約済み」ページを開きます。

EXアプリの予約済みページ

「乗車用ICカード」の欄をタップし、使いたいICカードを選べばOK!

乗車用ICカードから変更可能

在来線と新幹線の乗り継ぎが可能に

新横浜駅の横浜線乗り換え口

EX予約専用ICカードを「モバイルSuica」に変更したことで、以下の乗り継ぎが可能になりました。

  • 在来線→新幹線
  • 新幹線→在来線

EX予約専用ICカードだと、乗り継ぎができなくて面倒だったんですよね。改札の横にある車掌さんがいるブースに寄って「乗り継ぎしたいので精算お願いします」と言って精算してもらわないといけませんでした。車掌さんも僕も、お互い手間でしかない。

しかし、EX予約専用ICカードを「モバイルSuica」に変更すれば、在来線も新幹線も改札でスマホをかざすだけ。

新幹線の運賃はスマートEXに紐づいているクレジットカードで、在来線の運賃はモバイルSuicaで支払うことになります。便利すぎる。

在来線の運賃はモバイルSuicaで支払い
在来線の運賃はモバイルSuicaから引かれます

EXアプリはモバイルSuicaで利用するのが便利

EX予約専用ICカードとモバイルSuica

以前から「スマートEX × モバイルSuica」で新幹線の改札を通過できることは知っていたのですが、設定方法がわからなくて、ちょっと迷いました。同じように迷う人がいるんじゃないかと思って、備忘録がてらまとめた次第です。

スマホとは異なり、物理カードであるEX予約専用ICカードにはバッテリー切れの心配がないというメリットもありますが……。トータルで考えると、EXアプリにモバイルSuicaを設定したほうが何かと便利だと思います。ストレスなくスムーズに移動できる、良い機能でした。

関連記事

EXアプリにモバイルSuicaを設定する方法

この記事が気に入ったら
いいね または フォローしてね!

シェアはこちら!
  • URLをコピーしました!

「ワイズロードオンライン」でアウトレットコーナー開催中

この記事を書いた人

ネイビーのANCHOR RNC7に乗ってます。自転車、キャンプ好き。旅好き。カメラかついで自転車に乗ってます。カメラはα7C。

目次