オシャレ自転車ベル「Knog Oi」購入レビュー!スタイリッシュでどんな自転車にも似合う!

自転車用ベル「Oi」のレビュー記事

買いました。

ゆうです。オーストラリアで自転車用アクセサリーを制作する会社「knog(ノグ)」より登場した、スタイリッシュな自転車用ベル「Oi(オイ)」。

従来のずんぐりむっくりなベルとは違う似合う細身のデザイン、そして風鈴のようないい音が魅力です。様々なメディアやブログで話題になったこの商品、ついにゲットオォォ!!

「Oi」の見た目!

Oi」の特徴は、やっぱりそのデザインですよね。というわけで、まずは外観レビュー!

自転車用ベルOiの側面

サイズはスモールとラージの2種類で、色はブラック・シルバー・ゴールド・ブロンズの4色が用意されています。

今回購入したのはラージサイズで、色はブラック!ベルの部分は光沢のある仕上がりです。

自転車用ベルOiのブラックの写真

ロードバイクに取付けるのであれば、おそらくラージサイズになるかなと思います。それぞれハンドル経はラージが31.8mm、スモールが22.2mm。購入前に愛車のハンドル経を測っておくのが確実ですね。

こっちはベルを鳴らすときのレバー。バネの弾性力でベルを打って音を鳴らすという、シンプルな仕組み。バネは非常に柔らかく、少し指を引っ掛けるだけで簡単に鳴らせます。

自転車用ベルOiのレバー

ハンドルに装着して鳴らしてみた!

ハンドルへの装着は、六角レンチ1つでOK!簡単に装着できました。

ブラックなので、まったく目立たないですね。ここにベルがあるなんて気づかないほど馴染んでいます。ベル感ゼロ。

Oiを装着したロードバイク

ちなみにブラックを選んだ理由は、残念ながらこの色しか残っていなかったから……。

でもベルを目立たせたくない方は、ブラックやシルバーがいいんじゃないかなと思います。逆にゴールドやブロンズであれば、目立って良いアクセントになりそう!

例えば黒バーテープに金色のベル、白バーテープにブロンズのベル、なんて似合いそうじゃないですか……!

自転車用ベルOiの装着イメージ

ラージサイズには、ケーブルを通すブリッジが用意されています。ココ!これのおかげで、うまい具合いにケーブルを避けて装着できました。

自転車用ベルOiのケーブルブリッジ

では、鳴らしてみましょう。

動画を撮ってみました。10秒で見れます!音色は澄んでいる印象。耳障りな感じがないのはスゴイ。

「Oi」、いいベルだと思います!

デザイン、実用性を両立しているベルですね。まぁ基本的に鳴らさないので、実用性については評価が難しいところですが、音がいいという意味で。

細身なデザインのおかげで、ハンドル周りをスッキリさせることができます。ハンドルにはライトやサイコンを付ける人も多いと思うので、スッキリさせるだけでも操作性がよくなるかと。

また愛車の見た目にこだわっている方にとっても、これに交換するだけでグレードアップなりそうですね。デザインめっちゃいいですから。

Oi装着イメージ正面から見たところ

Amazonや楽天で取り扱っていますし、TOKYO Wheelsさんでも販売されているようです。

人気で品薄気味みたいなので、欲しい色・サイズの在庫があるときにポチっちゃうのが吉かもしれません……!

Knog(ノグ) クラシックベル【Knog Oi CLASSIC BELL LARGE】

更新情報の取得はコチラからどうぞ!