ルートラボのルートを、GARMINのサイコンに送信する方法【使うのはスマホだけ】

ルートラボは2020年3月31日に終了してしまいますけど!

関連記事
ルートラボの代替サービス4選。2020年3月末以降は何を使うか

しかし2020年3月31日まではまだ時間があります。「ルートラボのデータをGARMINのサイコンに取り込む方法」が普通に便利なのでご紹介。

僕もときどきですが、この方法を使っていました。PCは不要、スマホだけで完結します。操作も簡単。ライド中に新たなルートを設定したい場面などでも活用できます。

ルートラボのデータをGARMINのサイコンに取り込む方法

PCでも出来ますが、ここではスマホでの操作を説明します。ぽちぽちとタップしていくだけなので非常に簡単。

まずルートラボ内にある公開ルートデータの中から、GARMINサイコンに送信したいルートデータを選びます。そしたら左下の「i」マークをタップして、GPXファイルを選択。

ルートラボのデータをGPXファイルでエクスポート

次に「Connectで開く」をタップすると、『GARMIN CONNECT』アプリが起動します。右上の「保存」をタップ!

『GARMIN CONNECT』アプリは以下。
‎Garmin Connect™ – iOS
Garmin Connect™ – Android

ルートラボをGARMINCONNECTアプリに連携

右上の「三」みたいなボタンをタップして、「デバイスに送信」を選択します。

GARMIN CONNECTアプリのルートをサイコンに送信

そうすると、Bluetoothで接続しているGARMINのサイコンに、ルートラボのルートデータが送信されました!

スマホとGARMINのサイコン

あとはGARMINのサイコンを操作。

ホーム画面から下に遷移して「トレーニング」を選択。

GARMINのサイコンの画面

「コース」を選び、先ほどスマホからサイコンに送信したルートを選びます。

GARMINのサイコンのGARMIN

これで完了。「開始」を選択すれば、ナビが始まります。

GARMINのサイコンの画面

以上、終わり! おそらく、特に迷うような箇所はないかなと思います。簡単でわかりやすい流れ。

これでルートラボのルートデータを、GARMINのサイコンで利用できます

ライド中や自転車旅の途中などでルートを変更したくなったときにも便利。輪行中の電車の中とかで、その日に走る大まかなルートを決めたり、なんてこともできるかもしれません。

PC不要なのも良いところ。スマホ1つで臨機応変にルート選択を。

ルートラボの代替サービス4選。2020年3月末以降は何を使うか

2019年7月9日

ガーミン「Edge 520J」が良かった! 簡易ナビ可能、スマホ連携もできる優秀なヤツ

2016年12月24日