GoProを公式サイトから購入する方法。無料でマイクロSDカードも付いてくる

箱を開封したGoPro
セール情報:2023/01/24 更新

※2022年9月14日発売の「GoPro HERO11 Black」に合わせ、最新情報に更新

この記事では「GoProを公式サイトから購入する方法」について記載しました。住所の入力方法や関税、届くまでの日数などをまとめています。

GoPro公式サイトで購入するとマイクロSDカードが無料で付いてきたり、アクセサリーセットが安かったりするので、ちょっとお得です。

ロードバイクに取り付けたGoPro
僕はGoPro Maxを購入しました!

2022年9月14日に、「GoPro HERO11 Black」が発売されました。

小型モデルの「GoPro HERO11 Black mini」は2022年10月25日に発売予定。

目次

GoProを公式サイトで買うメリット・デメリット

GoProのパッケージ

GoProを公式サイトで買うメリット

メリット
  • GoPro本体が安い
  • アクセサリーセットが安い
  • 16,500円以上の注文で送料無料(本体を買えば送料無料)
  • 動画確認済みのmicroSDカードが付いてくる

GoPro公式サイトで購入すると国内で買うより少し安く、そのうえ動作確認済みのmicroSDカードも無料で付いてきます。これは大きなメリット。

特にセット価格がお手頃。

例えば「GoPro HERO11 Blck + アクセサリーセット」は、こちらの内容で69,000円。

  • GoPro本体
  • ショートグリップ
  • ヘッドストラップ
  • スペアバッテリー
  • microSDカード 32GB
  • 1年間のGoProサブスクリプション

アクセサリーセットが安いのですが、旧モデルから買い替えの方は、単品購入でもじゅうぶんかもしれませんね。

アクセサリーセットがかなり安い

GoProを公式サイトで買うデメリット

デメリット
  • 海外通販なので住所入力が少し手間
  • 海外通販なので届くまで約1週間ぐらいかかる
  • 支払い方はクレカ(JCBは使えない)とPayPalのみ
  • 1年間のGoProサブスクリプションに実質的に加入が必須

GoPro公式サイトは完全に日本語化されているものの、一応、海外通販になります。

住所入力や決済方法、関税の有無、送料、あと商品到着まで時間がちょっとかかったりするので、そのあたりについて僕の購入記録を元にまとめました。

あと公式サイトは安いのですが、「1年間のGoProサブスクリプション」に加入することで安くなる、という手法を取っています。

GoProサブスクリプションはほぼ加入必須みたいな状態

サブスクというとあまり良くないイメージを持っているかもしれませんが、実はお手頃で良い内容のサブスクです。

それにすぐに解約すれば、2年目以降は料金がかかりません。とりあえず購入時は「1年間のGoProサブスクリプション」に加入しておいて、すぐに解約すれば問題ありません。

※GoProサブスクリプションの詳細については後述。

GoProを公式サイトで買う方法

商品をカートに入れる。マイクロSDカードも無料で付いてくる

ここでは「GoPro HERO11 Blck + アクセサリーセット」を例に進めます。

microSDカードが無料で付いてきます。容量は機種によって異なっていました。「GoPro HERO 11 Black」は32GB、「GoPro Max」は64GBでした。

またmicroSDカードは動作確認済み。別途購入するより安心ですね。

それと基本的にGoPro公式サイトで購入する場合、1年間のGoProサブスクリプションの加入が前提になっている価格です。(すぐに解約できます)

送料

16,500円以上の注文で送料無料

GoPro本体を購入するなら送料無料になりますね。

GoPro公式サイトの送料

住所入力

海外通販なので、住所はローマ字で入力したほうが、しっかり届く可能性が高そうです。海外式の住所入力は、こんな感じ。

都道府県は選ぶだけなので簡単。電話番号は「090-1234-5678」のような場合、「+81」が最初から入力済みなので一番最初の「0」を抜き、「0912345678」と入力します。

海外通販の住所の入力例

それぞれの欄の入力例について、テキストでもまとめておきます。
(架空の住所です。横浜市に中央区はありません)

名(下の名前)
Taro
姓(名字)
Yamada
住所行1(私書箱は不可)
ABC Mansion #101
住所行2
1-2-3, Aobadai, Chuo-ku
市区町村
Yokohama-shi
都道府県
※選ぶだけ
郵便番号
123-4567
Japan
※そのまま
+81
0912345678

決済方法

決済方法は2通り。

GoPro公式サイトの決済方法
  1. クレジットカード
    (アメリカンエキスプレス、マスターカード、VISA、ダイナーズクラブ)
  2. PayPal
GoPro公式サイトの決済方法

JCBのクレジットカードは使えないのでご注意を。

僕はPayPalで決済しました。PayPalはクレジットカード情報を通販サイトに伝えることなく決済できるので、アカウントを作っておくと安心して海外通販を利用できます。

注文完了!

以上で注文完了! あとは届くのを待つだけ!

GoPro公式サイトで注文完了

日本語の製品・注文サポートもある(チャット形式)

ちゃんとお問い合わせフォームもあります。

どうしても注文前にわからないことがあったら、問い合わせてみるといいかも。

お問い合わせ GoProサポート

GoPro公式サイト購入前に知っておきたいこと

届くまでの日数や関税など!

海外発送なので届くまでちょっと時間がかかる

僕の場合は注文から5日で届きました。

やっぱりこれぐらいは(場合によってはもっとかも)到着までの日数を見積もっておいたほうがいいと思います。

GoProが届いたときのダンボール

注文から5日……。Amazonや楽天で注文すれば、早ければ翌日に届きますからね。現代日本の優秀な最速オンラインショッピングが当たり前になっている人からすると、遅いと感じるかもしれません。旅行やイベントなどですぐにGoProが欲しい!という人は、素直にAmazonや楽天などで購入したほうが早く届くと思います。

それでも、5日というのは海外通販にしてはかなり早いです。到着まで2週間ぐらいかかる海外通販もザラなのですが、5日で届いたGoProはホントに早い。

約1週間ぐらい待てそうなら、GoPro公式サイトの利用は大いにありですね。

関税はかからない

関税はかかりませんでした

関税とは、海外から何かを輸入した場合に(今回のような個人輸入も含む)課せられる税金のこと。

基本的に、個人輸入だと購入金額が16,666円以上だと関税がかかり、商品受取の際にお金を支払う場合が多いのですが……。

どうやら「GoPro配送ポリシー」によると、日本向けの商品価格には関税・VATがあらかじめ含まれていて追加で税金と関税はかからないと記載されていました。

GoProの関税と税金について

実際に、僕が公式サイトでGoPro Maxを購入したときも、関税はかかりませんでした

注文時の合計金額のみ、ということですね。

「GoProサブスクリプション」について

公式サイトでGoProを購入すると、実質的にほぼ必須で加入することになるであろう「GoProサブスクリプション」。

内容について簡単にまとめます。

料金はけっこう安い

GoProのサブスクリプション、その名もGoProサブスクリプション(そのまま過ぎる!)」。

料金は年額6,000円払いのみ。月額払いはありません。

GoProサブスクリプションについて

主な内容

GoProサブスクリプション」のサービス内容は以下。

GoProサブスクリプションの主な内容
  • 容量無制限のクラウドストレージ
  • Quikアプリでプレミアム編集ツールが利用可能に
  • 年2回まで、理由を問わずGoPro本体を交換可能(手数料かかる)
  • アクセサリー50%オフ(対象外もある)

これだけついて年額6,000円(月額500円の計算になります)。正直、コスパ & 内容ともに良いサービスだと思います

容量無制限のクラウドストレージはありがたいですね。動画を撮ると大容量のストレージが必要になるので。

純正アクセサリーが半額で購入できるのも良さそう。1年目で必要になりそうなアクセサリーを安く揃えて、2年目になる前に解約するのもアリです。

保証が手厚くなる

公式サイトで購入した場合、GoPro本体にはとりあえず以下の保証が付いているようです。一般的な部類ではないでしょうか。

購入時に無料でつく保証
  • 30日間返金保証
  • 最初の購入日から1年間、製造上の欠陥に対して保証

GoProサブスクリプションに加入すると、年2回までどんな理由でもGoPro本体を交換してくれるようになります。

ただし手数料が1万円ほど必要。1万円で新品に交換してくれるなら安心とも言えます。

GoProサブスクリプションの保証
  • 年2回まで、理由を問わずGoPro本体を交換可能(手数料かかる)

解約しないと自動更新になる

GoPro本体を購入する際に、価格が安くなるという理由で加入した(加入させられた)「GoProサブスクリプション」

やり方が気に食わないかもしれませんが、GoPro公式サイトのアカウントページからすぐに解約できるので安心してください。

解約しても、GoProサブスクリプション終了日までは利用可能。解約したら即時終了のサブスクも多いなか、GoProはかなりの親切設計です。

解約しなければ自動更新されます。1年毎の自動更新になるので、忘れやすいです。

GoProサブスクリプションの解約時の注意点まとめ
  • いつでも解約できる
  • 解約しなけば自動更新(1年毎)
  • 解約しても、終了日まではGoProサブスクリプションを利用できる親切設計

つまり、GoPro本来を購入する際に「1年間のGoProサブスクリプション」に加入した場合でも、すぐに解約可能

すぐに解約しても、1年間はGoProサブスクリプションを利用できます。ちょっとだけ手間ですが、サブスクが不要であれば、なるべく早めに解約しておきましょう。

ただ上述したようにコスパ & 内容ともに良いサービスだと思うので、GoProを使う機会が多いなら継続するも大いにアリです。

GoProサブスクリプション

結局、GoProはどこで買うのが良いのか

GoProとマイクロSDカード

GoProはどこで買うのが良いのか、主に価格面を比較してみます。

主な売り場
  • Amazon
  • 楽天市場
  • 家電量販店
  • GoPro公式サイト(海外通販)

値段の比較はこんな感じ。いずれも税込みで、記事執筆時の価格です。

Amazonと楽天市場は、それぞれGoPro公式ストアの価格を記載しています。家電量販店はヨドバシカメラの価格を参照しました。

AmazonのGoPro公式ストア
楽天市場のGoPro公式ストア

こちらは主な販売サイトの価格です。記事執筆時点でもっとも安いセットの価格を記載しました(アクセサリーセットは少し価格が上がるので)

販売サイトによって、セット内容が異なっていることがあるので、よくご確認ください。

Amazonや楽天市場で購入しても、microSDカードが付属していることが多いですね。ヨドバシカメラはGoPro本体単品での販売だったりします。ただ10%還元分のポイントで、microSDカードが実質無料で買えるかも。

スクロールできます
GoPro HERO 10 BlackGoPro HERO 11 BlackGoPro Max
Amazon
(GoPro公式ストア)
82,500円
(Amazonポイント付与)
89,760円
(Amazonポイント付与)
69,600円
(Amazonポイント付与)
楽天市場
(GoPro公式ストア)
82,500円
(楽天ポイント付与)
89,760円
(楽天ポイント付与)
77,000円
(楽天ポイント付与)
家電量販店
(ヨドバシカメラ)
82,500円
(ポイント10%還元)
89,760円
(ポイント10%還元)
77,000円
(ポイント10%還元)
GoPro公式サイト(海外通販)55,000円
1年間のGoProサブスクリプション付き
microSDカード付き
62,000円
1年間のGoProサブスクリプション付き
microSDカード付き
50,000円
1年間のGoProサブスクリプション付き
microSDカード付き

GoPro公式サイトが安い傾向にあります。ただし、1年間のGoProサブスクリプションに入ることが前提の価格になっているところは、好みがわかれるかも。

Amazonと楽天市場のGoPro公式ストアは、基本的に価格が同じでした。まぁ公式ストアだから当たり前かもしれませんが……。楽天市場で買うと楽天スーパーポイントが付くので、ちょっとお得かも。

また楽天市場にはビックカメラヤマダ電機カメラのキタムラなども出店しているので、安心して購入できると思います。

注意したほうがいいのは、価格.comやAmazonマーケットプレイス。不正転売の商品が見つかっているとのこと。転売品や中古品の可能性があり、本来の保証内容・保証期間でない事があるそうです。

【参考】▶不正転売商品にご注意ください | 株式会社タジマモーターコーポレーション

GoProを借りる(レンタル)

「1泊2日の旅行で使うだけだから、数万円出して買うのはちょっとハードル高い……」という人は、短期間だけ借りるという手もあります。スポットレンタルなどと呼ばれるものですね。

いくつかピックアップします。

※「GoPro HERO11 Black」発売直後すぎて、各サイトともにまだレンタル開始前でした。しばらくすると、レンタル可能になると思われます。

DMMいろいろレンタル

DMMのレンタルサービス「DMMいろいろレンタル」。

DMMいろいろレンタルのTOPページ

カメラの貸し出しもやっていて、GoPro HERO10 BLACKは、5日で7,940円(税込)〜からレンタル可能。

ただしmicroSDカードは付属していないので、自分で用意するか一緒にレンタルする必要があります。同様に、自撮り棒や三脚なども別途調達が必要ですね。

貸し出し時と返却時の、往復送料は無料です(北海道含む)。

GoPro HERO10 BLACK
created by Rinker
GoPro(ゴープロ)

ゲオあれこれレンタル

ゲオが展開しているレンタルサービス「ゲオあれこれレンタル」。

ゲオあれこれレンタルのTOPページ

GoPro HERO10 BLACKであれば、32GBのMicroSDカードが付属して、7泊8日のレンタルで6,800円(税込)でした。

往復の送料は無料です(北海道、沖縄県以外の地域)。

かなりお手頃ですし、microSDカードが付属しているですぐに使えて便利。自撮り棒や三脚などは自分で用意するか、一緒にレンタルする必要あり。

GoPro HERO10 BLACK
created by Rinker
GoPro(ゴープロ)

購入すれば最低でも5万円以上するGoProですが、レンタルすれば数千円で済むことも多々あります。旅行やイベントの間だけ使いたいなら、レンタルも視野に入れてみては。

海外通販だけど、GoPro公式サイトは結構お得

GoPro Max

海外通販というハードルと、GoProサブスクリプションの加入が前提になっているところが好みが分かれそうですが、基本的にGoPro公式サイトでの買い物はかなりお得です。

価格を抑えたいなら、検討してみては。microSDカードも無料で付いてきますし。

というわけで、GoPro公式サイトでの買い物の一例でした。参考になれば幸い。手ブレ補正効きまくりの動画が撮れるGoProは楽しいぞ!

GoPro公式サイト

箱を開封したGoPro

この記事が気に入ったら
いいね または フォローしてね!

シェアはこちら!
  • URLをコピーしました!

この記事を書いた人

ネイビーのANCHOR RNC7に乗ってます。自転車、キャンプ好き。旅好き。カメラかついで自転車に乗ってます。カメラはα7C。

目次