家でキャンプ気分を。「メスティン」で米炊いてみた #家キャンプ

2020年のゴールデンウィークはなかなか自転車に乗れず、家で過ごすことが多くなったのではないでしょうか。僕もです。

ちょっとストレスが溜まったり、滅入ってしまうこともあるかもしれません。まあ個人的には家にいるのも楽しいのですが(インドアも苦じゃないタイプ)、それでも外が恋しくなってしまいます。なんとか外の気分を味わいたいなと思い、Twitterのハッシュタグ「#家キャンプ」、「#おうちキャンプ」に乗っかって、家でキャンプごっこしてみたいと思います。

テントを張るのはちょっと難しいので、主にキャンプ飯を試していきたいところ。こういったキャンプ道具は、家でも外でも使えることが多いですからね。

今回はアルミの飯ごう「メスティン」で米炊いてみた話。バーナーを使ってメスティンで米を炊くだけでも、ソトごはん効果で3倍美味しくなる……かもしれません!結構良いリフレッシュにもなりそうです。メスティンのミニレビューも兼ねて紹介。

メスティンの「レッドハンドル」を買いました

キャンプ界隈では言わずとしれたアルミ飯ごう「メスティン」。

メスティンの箱

米を炊くもよし、ラーメンやパスタなど麺類を作るも良し、スープものを作るもよし。汎用性が高くて使いやすいクッカーです。

実は3月中旬に買ったんですけど、その後こういう状況になり、実際にキャンプで使う機会がなくなって今に至ります。そう、まだキャンプで使うことができてません! こればっかりは仕方ないので、キャンプに行く前に家でメスティンを使う練習をしよう、というわけです。

メスティンのレッドハンドル

メスティンって一般的には黒いハンドルが付いているのですが、今回は「レッドハンドル」モデルを購入しました。

この「レッドハンドル」モデルは、トランギアの全製品を扱うスペシャリティショップ限定製品なのだそうです。ネット通販ではなく、実店舗で偶然見つけて即買いしました。赤いのかっこいい。

メスティン

メスティンを使う前の準備

メスティンを使う前に、ちょっとした準備が必要みたいです。

まずはフチのバリ取り。メスティンのフチ処理は若干甘かったりするので、怪我する前にヤスリでバリを取っておくのが良いそうな。数分ヤスリがけすると滑らかになりました。

メスティンのバリ取り

さらにシーズニングもやったほうがいいみたいですね。

米の研ぎ汁を10分ほど沸騰させればOK。

メスティンのシーズニング

写真ではわかりづらいと思いますが、うっすらと膜ができました。これで準備完了。

メスティンのシーズニング

メスティンで米を炊こう

米1号と水180ccほど。もちろん炊く前に米を30分ほど水に浸しておくのをお忘れなく。

弱火で10分ぐらい火にかけます(もちろんフタをした状態で)

メスティンで米を炊く

家のコンロじゃなくて、バーナーで。

バーナーを使うだけでそれっぽさが出て楽しい。今回は窓際でやったけど、次はベランダでやろう。

メスティンとバーナー

上手に炊けました!

すごく簡単。これはいいものだ……! キャンプで肉と米が食えれば最高って人、あと焼き肉行ったらすぐご飯頼んじゃう人もメスティンを買いましょう。幸せになれます。

メスティンで炊いた米 メスティンで卵かけご飯

アレンジ料理も良い

白米だけでも最高なのですが、アレンジも簡単なのがメスティンの良いところ。

米と焼き鳥の缶詰、しめじを入れて炊くだけで、「鳥の炊き込みご飯」になる……!

メスティンで鳥の炊き込みご飯

米と具材を入れて炊くだけでどうとでもなる懐の深さ。これぞメスティンのキャンプ飯って感じがする。

メスティンで鳥の炊き込みご飯

家でも使えるキャンプ道具「メスティン」

家でメスティンを使った感想を簡単に書いてみました。まだキャンプ本番では使うことができていませんが、その前にいい練習ができたと思います。

何より、家でキャンプ道具を使うだけでも結構楽しいんですよね。たまに家キャンプごっこするのも良いものだと、この状況で多くの人が気付いたのではないでしょうか。

メスティンのレッドハンドル

Trangia(トランギア)のメスティンは大小の2サイズがあり、今回は小サイズ(黒ハンドルは型番TR-310、レッドハンドルは型番TR-210)を購入しました。

小サイズはTrangia公式サイトにて1,600円(税別)で販売されています。Amazonでは価格が高くなっていることがあるので、価格と販売元をよく確認してから購入してください。できれば「Amazonが販売・発送します」と書かれているメスティンを買うのがいいのかなと思います。

この記事のURLとタイトルをコピーする