フレキシブル三脚「ゴリラポッド」レビュー。柵や柱に固定して撮影可能、自撮りも楽しそう

ゴリラポッドレビュー記事のアイキャッチ

地面に立てるだけでなく、柱や柵などに”脚”を絡ませて固定することができ、そのうえ小型・軽量だから持ち運びやすい。

そんな三脚が「ゴリラポッド」。

ちょっと面白いアングルで撮れるようになるかな〜、使い方によっては自撮りなんて面白いかも?と思ったので購入してみました。なかなか良さ気。

「ゴリラポッド」の特徴

フレキシブル三脚というカテゴリの中では定番かと思われる「ゴリラポッド」。

マグネット式のゴリラポッド

特徴は、球体が繋がっているようにも見えるこの”脚”。

ゴリラポッドの脚

ここをグイッと動かすことで…、柱状のモノに巻きつけることが可能。

柵、柱、手すりといったところにカメラを固定できるわけです。

ゴリラポッドを手すりに固定

普通の三脚では自立しない不安定な場所に立たせることもできます。可動域の広い脚ならでは。

不安定な場所でも自立する

SFに出てきそうな多脚戦闘機っぽい

さらに今回購入したのは、足元の赤いところがマグネット仕様のモデル

このマグネットがかな〜り強力で、鉄壁とかにくっつけて撮影する、なんてことができます。例えば冷蔵庫にもくっつきました。おもしろいアングルになりそう。

冷蔵庫に張り付くゴリラポッド

背景の生活感は見逃して

鉄製ならガードレールにもくっつく。

地面においた三脚からのアングルではなく、こういうちょっと高さのあるところから自撮りするとおもしろいかなぁと思って……、

ガードレールにくっつくゴリラポッド

撮ってみました。

ロードバイクの自撮り

ひゃほーい

ゴリラポッドのクイックシュー周りを見てみる

クイックシューは一般的な仕様。ボタンを押しながら引っ張ると簡単に外せます。

耐荷重は325gまで。載せるならコンデジ、スマホ、アクションカメラあたりですね。一眼レフは無理そう。

ゴリラポッドのクイックシュー

クイックシューが勝手に外れないようにロックできるよう仕様でした。なくしたら面倒くさいことになりそうですもんね。

クイックシューはロックできる

 

スマホ用マウント

スマホをセットするなら、このクイックシュー部分にスマホ用マウントをねじ込めばOK。

ゴリラポッド専用のマウントじゃなくても、こういうバネの力でスマホを挟み込むタイプのマウントなら、取り付け可能かと思います。

スマホ用マウント

私が購入したものは品切れになってしまいましたが、似たようなマウントは多数販売されています。

マンフロットのマウントであれば評判も良いみたいですし、価格も1,000円ほどとお手頃です。

 

GoPro用マウント

アクションカメラ「GoPro」用のマウントも一緒に買ってみました。

GoProのマウント

GoPro付属のケース下部に取付けることができます。

三脚用のGoProマウント

ゴリラポッドと接続すると、こんな感じ。

ゴリラポッドとGoPro

ゴリラポッドの脚をたためば、自撮り棒としても使えるのが便利ですね。

GoProとゴリラポッド

私が購入したのは、ロードバイク用のマウントなのでちょっとお高い(約1,800円)ですが…、

以下のように安いものであれば750円ほどから購入できます。マンフロット製ですし、それほど悪くないと思います。

汎用性の高い小型フレキシブル三脚「ゴリラポッド」

とにかく汎用性の高さが魅力でしょう。

普通の三脚なら立たせることさえできない場所でも、ゴリラポッドなら巻きつけたり、マグネットでくっつけたり、脚を斜めにして立たせたり。

撮りたいときに撮りたい場所で撮影できそうです。これが結構重要かなぁと。ここ!ってときに三脚が立たなくて撮れないなんて、悔しいですからねぇ……。

手すりに固定

小さいのでカバンに入れてもそれほどかさばらない点も重宝してます。

個人的には自転車旅や登山のときに持っていくのですけど、こういうときに軽くて小さいのはやっぱり便利。

手すりから撮影

手すり固定して撮った

まぁ値段が、小型三脚にしてはややお高めかもしれませんが(約2,500円)、汎用性、使い勝手を考えるとまぁいいかなとw

写真がおもしろくなりそう。

ゴリラポッドレビュー記事のアイキャッチ