カメラもレンズも超収納!「キャパシティドライボックス」最大の27Lモデルを購入してみた

ナカバヤシのキャパシティドライボックス27Lレビュー記事

カメラの保管に欠かせないドライボックス。

今回はナカバヤシの「キャパシティ ドライボックス」の中でも1番デカイ”27リットルモデル”を購入したのでレビューします。もうね、大は小を兼ねると思って最大のやつをポチりました!

レンズ沼に沈んでいくに従い、一眼レフと同時に買った8リットルモデルでは小さくなってきたというのが購入理由。これから先のことも考えて(沼により沈んでいくことを考えて)デカイのがたぶん正義だ!

非常に大きい!カメラ収納ボックス「キャパシティドライボックス」

こちらが「キャパシティ ドライボックス27L(型番:DB-27L)」です。正直めっちゃデカイ。

ナカバヤシのキャパシティドライボックス27リットル

フタの上にMacBookPro13インチを置いてみたのですが、大きさが伝わるでしょうか^^;

みかん箱の上で勉強する的な使い方ができるぐらいのサイズです(わかりにくい)

MacBook13インチを置いたドライボックス27リットル

8Lモデルと27Lモデルを並べてみました。舐めてかかると後悔するぐらいデカイので、購入前に置き場所を確保したほうがいいです。

公式サイトによると寸法は以下。

・本体寸法:W306×D486×H270mm
・本体内寸:W250×D410×H235mm
・本体重量:1.60kg

左が27L、右が8Lモデルです

27Lモデルと8Lモデルの比較その1

正面からサイズ比較

27Lモデルと8Lモデルの比較その2

横からサイズ比較

フタのパッキン部分などは8Lも27Lも大差なく、きちんと密閉されます。

フタのパッキン部分のアップ

フタを固定するための”ツメ”は4つ

これによりしっかり密閉できるものの、ただ開け閉めするときに4つのツメを操作しないといけないのはちょっと面倒くさいですね。

ガッチリと密封するためには仕方ないとは思うのですが……。これは密閉性をとるか操作性をとるかのトレードオフですし、まあ仕方ないですねぇ。

フタのパッキンは4つある

湿度計付きなのは、このドライボックスの嬉しいところ!

湿度計が付属

27Lのドライボックス、収納力は?

このデカさなので収納力はかなりのもの。とりあえず以下のものを入れてこんな感じになります。

  • EOS70Dボディ
  • EF-S24mm F2.8 STM
  • EF50mm F1.8 STM
  • EF-S10-18mm F4.5-5.6 IS STM
  • シグマ 18-300mm F3.5-6.3 DC MACRO OS HSM
  • ブロアー、レンズペン、などの小物
ドライボックスに機材を詰めてみた

私の機材だと余裕ありまくり。まだまだいっぱいレンズが買えるね!(違)

27Lドライボックスの「メリットとデメリット」

メリットとデメリットをまとめます!

メリット
  • めちゃくちゃ入る。コレ1つでかなりの機材を保管できる
  • これだけデカイのに値段は手頃(Amazonで2,000円ぐらい)
デメリット
  • デカイので乾燥剤はやや多めに必要
  • デカイので湿度が下がるまで少し時間がかかる
  • デカイので置き場所にちょっと困る

といった感じでしょうか。コンデジなどのサイズが小さな機材をコンパクトに保管したいなら8Lぐらいのモデル、一眼やレンズをたくさん保管するなら27Lモデル。

27Lモデルと8Lモデルの比較その1

自分のカメラ携行スタイルや沼への足の突っ込み具合などを見極めると、サイズが選びやすくなるかと思いますよ。

 

その後、ハクバの電子防湿庫を購入しました…!レビューはこちら。

ハクバ電子防湿庫レビュー記事のアイキャッチ

カメラの防湿庫「HAKUBA電子防湿保管庫」を衝動買い的に購入!除湿剤の入れ替え不要、便利です

2017年8月4日
ナカバヤシのキャパシティドライボックス27Lレビュー記事