GoProで撮影した写真 (Raw) をLightroomで管理する方法

goproの写真をLightroomで管理する記事のアイキャッチ

GoProで撮った写真をLightroomで管理したい人、意外といるのでは……?

と思って記事にしています。実際、私もこのやり方で管理したくて試行錯誤した結果、これから紹介する方法になんとか行き着きました。

目次

  1. GoProの写真をLightroomで管理するメリットって?
  2. 具体的なやり方
  3. ※追記:GoProの「.GPR」はそのままLightroomに取り込める
  4. 一眼レフ、GoPro、どちらの写真もLightroomで一元管理できる

GoProの写真をLightroomで管理するメリットって?

一眼レフなどのカメラで撮影した写真と同じように、GoProで撮影した写真(Rawファイル)をLightroomに取り込んで管理する方法です。

現像だってもちろん可能。スマートプレビュー機能にも対応させることができるので、元の写真データは外付けHDDに保存しておき、ノートPCのにはデータ容量が軽いスマートプレビューデータだけ入れておく、なんて使い方もできます。個人的にはこれが非常に便利でして。

goproの写真をLightroomで管理する方法

それでは、具体的なやり方をご紹介します。

具体的なやり方

まずGoProではRaw形式で撮影をしましょう。Lightroomで管理するのはRawファイルですので。

一応、GoProでRaw撮影する方法を簡単に説明します。写真モードで右にスワイプしていくと、「RAW未加工形式」という項目が表示されるので、これをON!

goproをraw撮影モードにする

この状態で撮影すると、Rawファイルが保存されます。

GoProをPCに繋いで確認してみると、「.GPR」という拡張子のファイルがあるはず。珍しい拡張子ですが、これがGoProのRawファイルです。

GPRファイル

大量のGPRファイルが!

※追記:GoProの「.GPR」はそのままLightroomに取り込める

GoProのRawファイル「.GPR」をLightroomに取り込む方法は非常に簡単。

GoProとパソコンを接続すればいいだけです。Lightroomが「.GPR」ファイルを認識するので、あとは読み込みをクリックしましょう。「このファイルはプレビューは使用できません」と出るかもしれませんが、気にせず読み込みで大丈夫なハズです。

GoProとLightroomを接続したところ
.GPRファイルを取り込むには、Adobe Photoshop Lightroom CC (2015.7 リリース以降) および Adobe Photoshop Lightroom 6 (バージョン 6.7 以降) が必要とのこと。

▼参考
GoPro:RAW形式とは?

これでGoProの「.GPR」ファイルをLightroomに取り込めました。もちろん現像も思いのまま。

ちょっと気になる点を上げるとするならば、私のようにLightroomの写真を撮影日に分類している場合(このやり方が多いと思います)は、同じ日に撮った一眼レフとGoProの写真がごちゃまぜになって同じ日付のフォルダに格納される、という点でしょうか。

Rawファイルがごちゃまぜになる

まぁ個人的には日付ごとに管理したい派なので、結局のところそれほどデメリットだとは思っていません。それにGoProの写真は超広角なので、一目見れば大体わかりますし。

あ、あと「gopro」とかで検索すると、GoProで撮影した写真だけを抽出できましたw

検索でgoproの写真を抽出

一眼レフ、GoPro、どちらの写真もLightroomで一元管理できる

これが今回のやり方の最大のメリットだと思います。「一眼レフ、GoPro、どちらの写真もLightroomで一元管理できる

GoProには一応「GoPro Quick」というパソコン用ソフトがあるのですが……、個人的にはちょっと使いづらかったです(汗) だから使い慣れたLightroomで管理したい欲が湧いてきてしまいました。

というわけで、GoProの写真をLightroomで管理する方法でした。何かしら誰かの役に立てば。

 
LightroomはAmazonでも購入できますが……

Adobe公式サイトから月額980円で契約できる以下の2プランどちらかが、安くて良いかなと思います。たぶんAmazonで買うより安いはず。

AdobeのLightroomプラン

 

goproの写真をLightroomで管理する記事のアイキャッチ