速写ストラップ「スピードストラップ38」レビュー! 普段使いにちょうど良く、自転車に乗るときも斜めがけしやすいストラップ

スピードストラップ38レビュー記事のアイキャッチ

いわゆる速写ストラップ。

こんにちはゆうです。カメラアクセサリーメーカー”ハクバ”が出した「スピードストラップ38」なるものを購入したのレビューをば。

私の場合、主にサイクリング中に一眼レフを斜めがけしたくて購入したのですが、普段使いとしてもめちゃくちゃ使いやすいです。ストラップの長さをワンタッチで調整できるスグレモノ!

速写ストラップ「スピードストラップ38」のデザインと操作方法

こちらが「スピードストラップ38」。

38というのは、ストラップ幅が38mmということです。一眼レフならこれぐらいの頑丈さが必要ですね。ミラーレスなどコンパクトなカメラ用に25mm幅の「スピードストラップ25」もありますよ。

色はブラックのみのラインナップ。

ハクバの「スピードストラップ38」レビュー

いわるゆ速写ストラップと呼ばれるタイプです。

ストラップを引っ張るとカメラが体に密着するぐらいの短さになります。これでカメラをブラブラさせずに持ち運び可能。

撮影するときは別方向にストラップを引っ張ることで、1秒もかからずに撮影できる長さまで伸ばせます。ゆえに”速写”ストラップというわけですね。

スピードストラップ38の操作部分

具体的な操作方法は、ハクバ公式サイトに載っている絵を見ていただくのは早いかと。

タブと書いてある”つまみ”をグイっと引っ張ると……、ストラップが短くなり、カメラが体に密着します。

撮影するときはDリングと書いてある”リング部分”と、先ほどのタブを引っ張ります。するとサッと長くなり、すぐに撮影できる状態に。

写真で見ると、タブはこの部分、

スピードストラップ38のタブ部分

Dリングはこの部分です。

スピードストラップ38のDリング部分

この2つを引っ張ることで、ストラップを伸ばしたり縮めたりできる仕組み。斜めがけして背中に密着させれば、自転車に乗りながらカメラを背負えるというわけです。

実は「忍者ストラップ」という名の速写ストラップを使っていたのですけれど……

実は以前、「忍者ストラップ」という名称の速写ストラップの記事を掲載していました。

関連記事

忍者ストラップ記事のサムネイル
▶「忍者ストラップ」という名のカメラストラップが自転車ポタリングに最適すぎる件

基本的な仕組み、使い方は「スピードストラップ38」と同じ。ストラップを引っ張れば縮み、撮影したいときはワンタッチで開放できる速写ストラップです。

ではなぜこれを持っていながら、新たに「スピードストラップ38」を購入したかというと……、自転車に乗るときカメラをより安全に持ち運びできるのが「スピードストラップ38」だったから。

より安全に持ち運びできる、具体的に言うと、忍者ストラップにはバックルが付いているのですが、スピードストラップ38にはバックルがありません。この違い!

こちら忍者ストラップ。ワンタッチでストラップが分離するバックルが付いています。

忍者ストラップのバックル

このバックル……、自転車に乗っているときに不意に外れたら悲劇ですよね。カメラが落下して大破です。

いえ、普段使いとしてはこのバックル便利なんですよ。カバンや帽子に干渉させずにカメラを下ろしたいときなんかは、カメラ本体を持って、もう片方の手でバックルをパチンと外せばスルッと体から下ろせますし。

忍者ストラップのバックルを解除した状態

ただしカメラを背負って自転車に乗るとなると……、やはり予期せずに外れる可能性のあるバックルはこわいのです。状況としてはニッチですけど。

まぁそもそも自転車に乗るときはカメラ持っていくなよ、と言われそうですが……、自転車に乗るのと写真撮影のどちらが目的なのか、というかむしろ絶景を写真におさめるために自転車に乗っている感すらある私としては、カメラは外せない!ということでして。

スピードストラップ38を装着したカメラ

珍しいタイプの自転車乗りかもしれませんが、カメラを斜めがけして自転車に乗りたい方には「スピードストラップ38」がいいんじゃないかなぁ、という話でした!

もちろん普通に歩いて撮影するときにも便利ですよw

実はこの「スピードストラップ38」、私が購入したときはAmazonやヨドバシ.comなど、主な通販サイトはどこも売切れでした。入荷まで3週間ぐらい待ちましたかね……。発売されたのは2016年5月13日で、まだそれほど日は経っていません。

人気あるのかな?気になる方は早めにチェックしておいたほうがいいかもしれません。

今回ご紹介したストラップ38mm幅のより、もうワンサイズ小さい25mmはこちら。

そしてこちらは比較としてご紹介した「忍者ストラップ」。ストラップ幅が38mm・25mm・15mmのラインナップです。

関連記事

忍者ストラップ記事のサムネイル
▶「忍者ストラップ」という名のカメラストラップが自転車ポタリングに最適すぎる件

更新情報の取得はコチラからどうぞ!