GUEEのバーテープに交換。デュアルカラー「SL DUAL」デザインで選んだとにかくカッコイイ

デュアルカラーがたまらん……。

GUEEというメーカーのバーテープに交換したのでレビューを。2色をグラデーション的に配したデザインの勝利ですわこれ。とにかくカッコイイ。実にカッコイイ。

モチっとした感触の握り心地も良いですね。

目次

  1. さっそく巻いた
  2. 厚さ、色、スペック等まとめ

さっそく巻いた

巻いてみました。このような感じです。

gueeのバーテープ

「GUEE」とは2010年に始動した台湾のアクセサリーブランド。公式サイトはコチラ

バーテープ以外にもライト・ボトルケージ・輪行袋などをラインナップしています。

gueeのロゴ

このバーテープの商品名は「SL DUAL」。

色は黒ベースで、ドロップハンドルの先端側が白になっているモデルを選びました。

ほかにも黒ベースで、先端側が青・赤・緑・黄・ピンク・オレンジ・グレー・チェレステがあります。

gueeのバーテープの見た目

厚さ3mm。正直そこそこ分厚いです。

重さは56g。バーテープの重さってピンとこないかもしれませんが、製品ページでは軽量だとアピールされてました。持った感じ、特別軽いという印象はありませんでしたけど。

ちょっと私自身バーテープの重さに詳しくないので、56gが軽量かどうか何とも言えませんが……。バーテープの重さ博士〜、56gが軽いのか重いのか教えて〜!

gueeのバーテープの見た目

表面はシリコンだそうで、滑りにくさと衝撃吸収性を兼ね備えているとのこと。実際、触ってみるとモチっとしている感じ。

3mmの厚さがあるので弾力性はそこそこ。総評としては滑りづらく、握りやすいバーテープかなと思います。素手でも結構ギュッと握ることができてグリップする感じ。

gueeのバーテープの表面

まぁあとはね、カッコイイというところでしょうか。これに変えた理由の99%は見た目です。

このロードバイクに合っているかどうかは一旦置いておいて! GUEEのバーテープ自体は個人的にめちゃくちゃカッコいいと思います。

gueeのバーテープを巻いたロードバイク ロードバイクのハンドル部分 角島大橋とロードバイク

厚さ、色、スペック等まとめ

スペックなどの商品情報についてまとめを。箱がこんなので。

gueeのバーテープの箱

付属品は以下です。

  • バーテープ本体
  • エンドキャップ
  • STIレバーの裏側に貼る短テープ
  • フィニッシュテープ
gueeのバーテープの付属品 gueeのロゴ gueeのバーテープのグラデーション
  • 厚さ…3mm
  • 重さ…56g(左右の合計)
  • 幅…30mm
  • 長さ…2150mm

そしてチラッと先述しましたが、色のラインナップが非常に豊富です。ビアンキ用にチェレステカラーがあるぐらいですから。

そして何ということでしょう。そろそろ新色が日本でも発売開始されるようです(記事執筆時)。こっちもめちゃくちゃカッコイイ!!

取扱いはサイクルベースあさひが良さ気でしょうか。¥3,981(税込)なので、ほぼ定価販売かと思います。私もサイクルベースあさひで購入しました。

新色に関してはまだ販売していないみたいですね!(記事執筆時)

 
一応Amazonでも販売されているのですが、残念ながら500円ぐらい高いですね……。ざっと見たところ4,500円ぐらい。

Amazonなら新色もありました。⇓

価格はやっぱり4,500円ぐらい。サイクルベースあさひのネットストアでの扱いがなく、近隣店舗でも置いていないのであれば、500円高いですが選択肢に入るかも…?