富士山のふもと「富士山本宮浅間大社」で満開の桜を見てきた【神社と桜と富士山】

富士山と桜と神社

突然ですが、ふもとっぱらキャンプ場でソロキャンプしてきました。(※キャンプの様子は後日、別記事でレポします!)

そこから帰る際に、富士山のふもとにある「富士山本宮浅間大社」に寄ったときの話。

全国に1,300社ある浅間神社の総本社という格式高い神社で、そのうえちょうど桜が満開のタイミング。(訪問日は2019年4月6日)

これは寄ってくしかない!ということで写真撮りながら観光してきました。

「富士山本宮浅間大社」と富士山と桜

ふもとっぱらキャンプ場には電車とバスを乗り継いで行きました。なので帰りも電車とバス。ふもとっぱらキャンプ場からバスに揺られ、もうすこしで富士宮駅に到着する……というタイミングで車窓から見えたのが、桜満開の立派な神社でした。

こんなの寄るしかないだろ……!と思い、急遽バスの降車ボタンを押す! 予定にない寄り道です。こういうこと出来るのが一人旅の醍醐味。

富士山本宮浅間大社

なのでバスを降りたときには、ココが「富士山本宮浅間大社」だということすら知りませんでした汗

概要だけ現地でスマホ頼りにググると、富士信仰の神社である「浅間神社」の総本社であり、本宮はココ富士宮市街地で、奥宮はなんと富士山の山頂にあるとのこと。おもしろい造り。

まぁ細かいことはさておき、神社と桜と富士山という組み合わせは圧巻。天気が良かったので富士山もはっきり見えます。

富士山本宮浅間大社の鳥居と富士山 桜と富士山

参道。

富士山本宮浅間大社の参道

完璧なタイミングといって過言ではない満開っぷりです。いやー急遽バス降りて散策しに来てよかった。

桜と楼門 満開の桜 桜

これだけ桜が満開で、しかも土曜日にも関わらず、人混みというわけでもありませんでした。

ガラガラでもないけど、これだけ見事な桜と富士山が見える天気だし、もう少しお花見する人がいてもいいんじゃない…?という気もしますね…。まぁ空いてるほうが僕は嬉しいけど!

富士山本宮浅間大社と桜 灯籠と桜

「富士山本宮浅間大社」本殿

楼門を通ると本殿。重要文化財とのこと。

富士山本宮浅間大社の本殿

CANONの10-18mm超広角レンズで撮影。けっこう歪むけど、10mmは広い範囲をダイナミックに切り取れるので楽しい…! 見事な桜の木が何本かあって壮大。

キヤノン広角レンズ「EF-S10-18mm F4.5-5.6 IS STM」レビュー! 全然違う世界が見えるめっちゃ広いレンズだ〜おすすめ!

富士山本宮浅間大社の本殿と桜

あとは富士山本宮浅間大社の雰囲気などなど。

富士山本宮浅間大社の本殿のところ 富士山本宮浅間大社の楼門 おみくじ 古い傘 神社のおみくじ

湧玉池

富士山の湧き水が湧いている「湧玉池」があります。さすが富士山のお膝元。

非常に透明度が高い。天然水ですが飲む際は煮沸してね、って書いてありました。

富士山本宮浅間大社の湧玉池 湧玉池の水汲み場

あと桜とか

桜が良い…! 本当にいい季節に訪れることができた。「神社と桜と富士山」という組み合わせが見られる場所って初めて来たのですけど、これはいいものだ…! 桜の淡紅色と鳥居の朱と、雪化粧した富士山の青/白は見事なコラボレーション。

川と桜 参道と桜 富士山と桜

富士山本宮浅間大社の場所など

一応、最後に「富士山本宮浅間大社」の場所など! 最寄り駅はJR富士宮駅。

電車のほか、高速バスが運行しており、駐車場もあるので比較的アクセスしやすいのではないでしょうか。詳しくは公式サイトによる交通案内をどうぞ。
富士山本宮浅間大社:交通案内

また開門/閉門時間は時期によって違うので、訪れる前に公式サイトでご確認を。
富士山本宮浅間大社:トップ

記事内の写真
カメラ:Canon EOS 70D
レンズ:EF24-105mm F4L IS II USMレビュー記事
レンズ:EF-S10-18mm F4.5-5.6 IS STMレビュー記事

富士山と桜と神社