初めてのバーテープ交換! 巻き方の注意点などを初心者が初心者なりに解説


初めてのバーテープ交換にチャレンジ!

ゆうです。バーテープ交換といえば、初心者でも手を付けやすいメンテナンスの一つとしてあげられますね。

私も今回初めて挑戦してみたので、初心者なりにやり方や感じたことなどをメモがてら記事にしました。ただそうですね……、初バーテープ巻きの出来栄えは75点といったところw

ハンドル交換に便乗して、バーテープも交換することに。

というわけで、まずは古いバーテープを剥がします。

奇声を上げながら一心不乱に引き剥がすも良し、日頃のストレスをココぞとばかりに力一杯バーテープに込めて引きちぎるも良し。

ロードバイクのバーテープを剥がすところ

はがせました。

剥がし終えたバーテープ

お、おまえ……バーテープ外して初めて知ったけど、そんなシルバーのハンドルだったのか……。何となく黒色なのかなと思ってただけに、すごく意外だったわ。あとなんだか結構重そうに見えるねぇ……。

完成車ハンドルの色

ちなみに今回バーテープを交換する理由は「ハンドルを交換するから」です。

完成車のハンドルから、「フィジークのシラノ00」に変更。そのためにはバーテープの蒔き直しが必要です。

そして新バーテープは、いえ新バーテープ”も”フィジーク。「ENDURANCE」というモデル。

バーテープ自体のレビューはこちらの記事でご紹介しました。2.5mmという絶妙な厚さで、モチっとした感触、グリップの良さがなんかいい感じ。

バーテープレビュー記事のアイキャッチ
フィジークのバーテープ「ENDURANCE」レビュー!厚さ2.5mmの絶妙な感触が好き

バーテープを巻く!

はい、では生まれて初めてのバーテープ巻きに挑戦したいと思います。

旧ハンドルからSTIレバーを外します〜。このへんいじるのも何気に初めて。ここをグリグリと。

STIレバーを外す

新ハンドルにSTIレバーを取付けます。

位置や高さ、左右対称になっているかなどを何度も確認しました。初めてのことですから、それはもう入念に念入りに。

新しいハンドルにSTIレバーを装着

そしたらケーブル類をビニールテープで固定。ビニールテープはホームセンターで100円ぐらいでした。

ケーブル類をビニールテープでハンドルに固定

STIレバーの位置に満足したところで、それではバーテープを巻きはじめます。ぶっちゃけ超緊張する。

バーテープって何度も付けたり外したいできないものですから、一回勝負の緊張感。失敗は許されないのだ。とりあえずイメトレがてら裏面の粘着テープを剥がさずに巻いてみます。ふ〜む、こんな感じか。

バーテープを試し巻き

あ、そういえば初バーテープ巻きにあたって参考にさせていただいたサイトをご紹介。こちら。

メンテナンスの第一歩!バーテープの巻き方! | FRAME : フレイム – Part 4
自分でバーテープを巻いてみましょう。 | サイクリングパーツ・ウェアーのワールドサイクル

バーテープを巻く向きやコツ、注意点などを大まかに知ることができました。

ではでは、本格的に巻いていきたいと思います。ハンドルバーの先端から巻き始めます。

このときポイントとしては

・最後にエンドキャップを装着するので、テープの先端を少し余らせる

ということでしょうか。こんな感じに⇓

バーテープを巻き始めるところ

巻き始める時、バーテープ先端をちょっと余らせる

バーテープの先端を余らせた状態

先端が余った状態のバーテープ(巻終わり時)

そして次のポイントは「巻く方向」。

「ハンドルを握ったときにバーテープが締まる方向」に巻くとよいみたいです。逆ネジと同じ発想ですね。FRAMEさんの「step.3 巻く!!!!」の項目がわかりやすいかと。

私の場合はこのような向きなりました。

バーテープを巻く向きについて

バーテープを巻く向き

  • 巻き始めにバーテープを少し余らせること
  • 巻く方向

巻き始める前にこの2つのポイントを確認しました。問題なければ巻き始めます!

バーテープをやや引っ張りながらキツめにしっかり。1/3〜1/4ぐらい重なることを意識しながら巻き巻きと。

私が購入したフィジークのバーテープには、ブラケットの裏側に貼り付ける短いテープが入っていたので、ここのペタッと。ドロップハンドル形状を巻いていくと、どうしてもこのブラケット裏側に隙間ができやすい、ということでこの短いテープを貼るわけですね。

短いバーテープをブラケットの裏側に貼り付け

短いテープを貼った場所

最後にフィニッシュテープでバーテープを固定したら出来上がりです。

フィジークのロゴ満載フィニッシュテープが付属していたので、とりあえずコレで固定!

フィニッシュテープでバーテープを固定

エンドキャップをはめ込むのも忘れずに。

このバーテープをハンドルの内側に巻き込んで…、

ハンドルにエンドキャップをハメる

エンドキャップをギュッと押し込む!

エンドキャップを押し込む

バーテープ交換、何とか完了……!

どんな感じに仕上がったのか。

初めてのバーテープ交換はうまくできたのでしょうか。見てみましょう。

交換後のバーテープ

お、そんなに悪くないんじゃない!?

よく見れば重なり部分の均等さが微妙だったりして素人感が出てるけど、まあ全体的に、引きで見れば、セーフじゃない!? 初めてにしてはいいほうだよ!及第点。

バーテープの巻き具合い

でもね。

巻いているとき、私はコチラ側に立って作業していたんです。だから気付きませんでした。

バーテープ交換作業時

裏側っ……!!

バーテープ交換の盲点

かーーっ!ハンドルの黒い地肌がちょっとだけ見えちゃってますねー…。

バーテープ交換やや失敗

ハンドルの裏側がちゃんと巻けていなかった…

ま、まぁ走りには支障ないし、裏側はほとんど見えないところだし、写真にも写らないところだし、いいっちゃいいんだけど。

でも触ってみるとしっかり巻けていないのがよくわかるし、バーテープがちょっと浮いててポコポコしてるし。う〜んここだけ勿体無いな〜惜しいな〜、と、気になり始めると止まらないので無視することにします。

ハンドルの地肌が見える

遠目で見てもハンドルの地肌がちょっと見える

みなさんにおかれましては、裏側もしっかり見て巻かれますよう……。

今回のバーテープ交換、ケアレスミスこそありましたが、巻く向きなどを間違えなければ誰でも簡単にできますね。しかも巻いている最中はけっこう楽しい。

最後におさらい!
個人的な注意点としては、以下かなと思います。

  • 巻く向きを確認する
  • エンドキャップを装着するので先端を少し余らせる
  • やや引っ張りながら、1/3〜1/4ぐらい重なるように巻く
  • ハンドルの裏側や死角になりそうなところもしっかり見ながら巻く

愛車の模様替えやハンドル交換時など、ロードバイクに乗っているといつかやることになるバーテープ交換。自分でできるようになっておいて損はなさそうです。

更新情報の取得はコチラからどうぞ!