【2022年版ライブ視聴】「ツール・ド・フランス」や「ジロ・デ・イタリア」の中継を見る4つの方法

ツール・ド・フランス観戦方法記事のアイキャッチ

2022年のグランツールは、以下の日程で開催されます!

2022年の日程
  • ジロ・デ・イタリア…5月6日(金)〜5月29日(日)
  • ツール・ド・フランス…7月1日(金)〜7月24日(日)
  • ブエルタ・ア・エスパーニャ…8月19日(金)〜9月11日(日)

これらのレースは、主に「サイクルロードレース|J SPORTSオンデマンド【公式】」で視聴できます。

というわけで、この記事では「ジロ・デ・イタリア」や「ツール・ド・フランス」などのグランツールを、ライブ視聴する方法についてお届けします。

僕はロードバイクに乗り始めてから視聴するようになったのですが、どうしても日本ではちょっとマイナーな競技ゆえに、どこで視聴できるかよくわからず……、視聴方法をいろいろ探しておりました。

というわけで、視聴方法をまとめた記事です。テレビ・PC・スマホ・タブレットなど、視聴環境もいろいろ。

目次

「ツール・ド・フランス」や「ジロ・デ・イタリア」のライブ視聴方法は主に4つ

ツール・ド・フランスを含む「グランツール」、そのほかロードレース大会を視聴する方法は、主に以下4つです!

合わせておおまかな料金もどうぞ。

スクロールできます
月額料金(税込)必要なもの視聴環境
J SPORTSオンデマンド【公式】1,980円
(25歳以下は半額の990円)
ネット回線テレビ(録画不可)・PC・スマホ・タブレット
Amazonプライムビデオ2,138円ネット回線テレビ(録画不可)・PC・スマホ・タブレット
スカパー!2,676円アンテナ必要テレビ(録画可能)
ケーブルテレビ(J:COM)5,280円ケーブル工事が必要テレビ(録画可能)

以下、4つのメリット・デメリットを簡単に説明します。

最初に結論を書いておくと、おそらく多くの人にとっては「J SPORTSオンデマンド」か「AmazonプライムビデオのJ SPORTSチャンネル」が視聴しやすいかなと思います。

1. J SPORTSオンデマンド

J SPORTSオンデマンド」は、ネット回線さえあればテレビ・PC・スマホ・タブレットで気軽に視聴できるのがメリット。

月額1,980円(税込)で、25歳以下は半額の990円(税込)になるU25割があるのも嬉しいところ。

J SPORTSオンデマンド
ツール・ド・フランス2018 : サイクルロードレース | J SPORTS

そもそも、ツール・ド・フランスをはじめとするロードレースを配信しているは、元をたどればこの「J SPORTS」です

以下のAmazonプライムでもスカパー!でもケーブルテレビでも、「J SPORTSのチャンネルを利用する」というかたちになるんですよね。

そんなわけで、迷うならとりあえずココで視聴すれば大丈夫かなと。料金も一番安いです。

各デバイスと視聴環境は以下。

  • テレビ…Fire TV Stick/Chromecast/Apple TV/Android TV内の専用アプリから
  • PC…Webブラウザ
  • スマホ・タブレット…Webブラウザ・アプリ(iOS/Android

特にスマホに関してはアプリ(iOS/Android)を利用する人が多いと思いおますが、低評価なのがちょっと気になりますね。視聴の際はアプリは使わず、PCのWebブラウザから視聴するのが良いかもしれません……。

J SPORTSオンデマンドアプリのレビュー評価

というわけで、「J SPORTSオンデマンド」のメリット・デメリットをまとめます。

スクロールできます
価格(税込)1,980円
25歳以下は半額の990円(U25割)
メリット料金が一番安い
特に25歳以下は非常に安い
デメリットスマホアプリの評価が低い
(アプリの動作が重くて使いづらいため低評価の傾向)
視聴できるデバイステレビ…Fire TV Stick/Chromecast/Apple TV/Android TV内の専用アプリから
PC…Webブラウザ
スマホ・タブレット…Webブラウザ・アプリ(iOS/Android

サイクルロードレース|J SPORTSオンデマンド【公式】

2. Amazonプライムビデオ

実はAmazonプライムビデオでも「ツール・ド・フランス」をライブ視聴可能。ちなみに僕はこれで視聴することにしました。

まずAmazonプライムビデオということで、前提としてAmazonプライム会員であることが必要になります。プライム会員は特典が非常に多いので、Amazonでよく買い物するなら入会しておいても良いかもしれません。何より安いですし。

一般会員・年間プラン4,900円(約408円/月)
・月間プラン500円最初の30日間は無料
学生はPrime Student・年間プラン2,450円(約204円/月)
・月額250円最初の6ヶ月は無料

すでにプライム会員の人は、Amazonプライムビデオ内の「チャンネル」という箇所をクリック。

Amazonプライムビデオ内のチャンネル

次に「Prime Video チャンネル」内の、J SPORTSチャンネルページをご覧ください。ここでライブ視聴できます。

J SPORTSチャンネル | Amazonプライムビデオ

AmazonプライムビデオのJ SPORTSチャンネル
プライムビデオ内のJSPORTSチャンネル

ただし、この「J SPORTSチャンネル」はAmazonプライム会員といえども無料ではありません。

14日間の無料体験があり、その後は月額2,178円(税込)。

つまり、

プライム会員費(年間プラン4,900円(約408円/月)、もしくは月額プラン500円)

J SPORTSチャンネル代(月額2,178円)

で、月額2,678円ほどかかります。

ただしプライム会員は30日間、J SPORTSチャンネルは14日間の無料期間あり。ツール・ド・フランスは休息日含め23日間なので、1ヶ月で解約すればJ SPORTSチャンネル代の月額2,178円だけで済みそうです。

AmazonプライムビデオのJSPORTSチャンネル

Amazonプライムビデオ内で利用する「J SPORTSチャンネルページ」のメリットは、視聴できるデバイスがもっとも多いこと。

テレビで見るなら、PS4/PS3/WiiU/Fire TV Stick/Apple TVなどがあればOK(ただし録画はできない)。

PCはブラウザから。スマホ・タブレットはAmazonプライムビデオアプリで視聴できます。

すでにAmazonプライム会員の人は、新規IDの作成が不要で手軽。今すぐ視聴できるのもメリットです。

Amazonプライムビデオは、ツール・ド・フランス以外にもたくさんの映画・ドラマ・アニメなどをお手頃な価格(月額500円/年額4,900円。学生は半額)で視聴できますし、この機会にAmazonプライム会員になるのも良いかもしれません。

というわけで、「Amazonプライムビデオ内のJ SPORTSチャンネル」のメリット・デメリットをまとめます。

スクロールできます
価格(税込)Amazonプライム会員費(月額500円〜)
+
J SPORTSチャンネル費(月額2,178円)
合計2,678円程度かかる
※ただし無料期間あり
メリット・視聴できるデバイスが多い
・AmazonのIDですぐ視聴できる
デメリット・料金がやや高め
・Amazonプライム会員になる必要あり
視聴できるデバイステレビ…PS4/PS3/WiiU/Fire TV Stick/Apple TV/Android TV/Chromecast
PC…Webブラウザ
スマホ・タブレット…Amazonプライムビデオアプリ(iOS/Android)

J SPORTSチャンネル | Amazonプライムビデオ

3. スカパー!

スカパー!」は対応テレビやアンテナなど必要な機器が多く、人によっては契約ハードルが高そうです。

スカパー!のJ SPORTSページ
スカパー!でツール・ド・フランスを見るために必要なもの

加入月が視聴料0円になるのは魅力ですね。すでにスカパー!加入済みの人は、J SPORTSを追加契約するだけ。

また録画できるのもメリットです。アンテナで受信するからこそ録画が可能で、しかもネット回線の速度にも悩まされず快適に視聴できそうです。

詳しくは、「ツール・ド・フランスが視聴できるJ SPORTSへの加入方法」をご覧ください。

スクロールできます
価格(税込)必要なもの
スカパー!月額2,944円(税込)
加入月は視聴料0円
・110度CS対応デジタルテレビまたはレコーダー
・110度CS対応BSアンテナまたは光回線を使ったテレビサービス

スカパー!

4. ケーブルテレビ(J:COMなど)

お住まいの地域のケーブルテレビでも、ツール・ド・フランスを視聴できる可能性があります。

詳しくは、各都道府県におけるケーブルテレビでの視聴方法をご覧ください。

ケーブルテレビ等を既にご利用の方 | 視聴サポート | J SPORTS【公式】

ケーブルテレビでツール・ド・フランスを視聴するなら、「J:COM」を利用することが多いかなと思います。

ケーブルテレビでツール・ド・フランスを見る方法

ただ、J:COMを利用するには基本的に工事が必要になることが多いので(J:COM対応の物件なら、簡単な設置工事になる)、今すぐの視聴はできません。

またツール・ド・フランスだけ視聴してあとは解約する、というわけにもいかないでしょう。ケーブルテレビは基本的に長期間加入が前提になっていると思います。

すでにケーブルテレビを契約中であれば、J SPORTSチャンネルを追加できるか否か確認してみると良さそうです。

ケーブルテレビ等を既にご利用の方 | 視聴サポート | J SPORTS【公式】

J:COMでJ SPORTSを見るのがお得な4つの理由 | J:COM

「ツール・ド・フランス」や「ジロ・デ・イタリア」の中継をライブ視聴する方法まとめ

ツール・ド・フランス観戦方法記事のアイキャッチ

僕はもともとAmazonプライム会員だったということもあり、新規IDなどの作成が不要で、すぐに視聴を始められる「Amazonプライムビデオ」経由でのライブ視聴を選びました。

もちろん人によっては、すでに加入済みのスカパー!やケーブルテレビで視聴するのがラクかもしれません。ご自身にあった視聴方法でどうぞ。

オススメは「J SPORTS」。月額1,980円(25歳以下は半額の990円)

J SPORTSオンデマンド

Amazonプライムビデオもオススメ。新規ID作成などの手間が省けます。

J SPORTSチャンネル | Amazonプライムビデオ

「スカパー!」はアンテナ等の設置が必要ですが、「スカパー!オンデマンド」ならネット回線だけでOK。

スカパー!

すでにケーブルテレビを利用中なら、こちらから視聴方法を確認するのが簡単かもしれません。

ケーブルテレビ等を既にご利用の方 | 視聴サポート | J SPORTS【公式】
J:COMでJ SPORTSを見るのがお得な4つの理由 | J:COM

手軽に視聴するなら、「J SPORTSオンデマンド」や「Amazonプライムビデオ内のJ SPORTSチャンネル」が良さそうですね。

ともにテレビで視聴したい場合は、Fire TV Stickがあると便利です。


 

ツール・ド・フランス観戦方法記事のアイキャッチ

この記事が気に入ったら
いいね または フォローしてね!

URLをコピーする
URLをコピーしました!
目次
閉じる