同じカテゴリの新着記事

口の中に虫が入るのを防ぎたい!虫よけに使えそうな「スポーツ用フェイスマスク」を買ってみた

スポーツ用フェイスマスク記事のアイキャッチ

いきなり犯罪者みたいなおっさんの顔面アップですみません。

暖かい季節は、ヤツらも活発に動き出します。そう、虫!ロードバイクで走りながら口呼吸すると、口の中に虫が入ってしまうことがあります。もうあれ本当に嫌ですね。最悪。

絶対に防ぎたいので、「スポーツ用フェイスマスク」というものを買ってみました。どんなモノなのか簡単にご紹介!

虫や花粉を防ぐスポーツ用マスク

春先から夏、秋にかけて、川沿いのサイクリングロードや木々の多い峠を走るとめちゃくちゃ高確率で虫が顔面に当たります。

この間もヤビツ峠に行ってみたら、虫が多いなぁと感じました。なんて言うんですか、空中で一箇所に固まって飛んでる小さい羽虫の群れ。口呼吸したタイミングでああいうヤツらが口に入ってこないようにと購入したのが、こちらのスポーツ用フェイスマスク。

まず口元だけカバーするように着用してみました。

スポーツ用フェイスマスクを口元だけ着用

ネックウォーマーのように頭上から被せ、耳掛け部分のヒモで位置を固定する着用方法。

横からみるとこんな感じです。個人的な感想としては、ヒモで耳が痛くなることはありませんでした。

スポーツ用マスクを横から見た図

後ろから見るとこう。

スポーツ用マスク着用時を後ろから見た図

驚いたのは、スポーツ用というだけあって普通のマスクと比べると息苦しさが格段に軽減されているところ。

しんどいときにハァハァと口呼吸しても、ストレスなく呼吸できそうです。通気性は素晴らしい。

マスクを鼻まで引っ張り上げてみる

マスクを鼻まで引っ張り上げるとこのようになります。

一応、花粉症対策にもなるとの触れ込みでしたが、よ〜く見ると網目が伸びて鼻の頭の部分が透けて見えていますw この網目のユルさだからこそ呼吸がラクなのですが、このユルさゆえに花粉などの細かい粒子まで防げるかについては、なんとも言えない……微妙。

虫ぐらいのサイズなら防げそうですが、花粉を防ぐのは厳しいんじゃないかなぁ……。

スポーツ用マスクを鼻まで引っ張り上げた図

あとマスクと言えばメガネが曇る問題。

実際に私も普通のメガネをかけて自転車に乗ることが多いのですが、暖かい時期だとほぼほぼ曇りません。まだ吐く息が少し白い春先の頃は、メガネの下のほうがちょっと曇ったかな……といった印象。

まぁこれは鼻まで引っ張り上げた着用時であって、口だけカバーする着用方法だと曇ることはなさそうです。

スポーツ用マスクとメガネの併用

メガネかけてます

素材はポリウレタン12%、ナイロン42%、ポリエステル46%とのこと。

手に持った印象では、そこまでしっかりした作りではないように感じるかもしれません。Amazonレビューで書かれていましたが、薄い靴下みたい、というのはなかなか言い得て妙かも。耐久性についてはひと夏使ってみて、果たして来年の夏も使えるだろうか……?という具合い。

スポーツ用フェイスマスク

価格は1,900円(記事執筆時)。高いか安いか、人によって意見が分かれそうなラインですねw

私はこれで何年か持つのであれば安いと思うのですが、果たしてどうなることやら。1年でダメになるようならちょっと高いと思ってしまうかも。こればっかりは実際に使い続けてみないとわかりませんね。パッと見では耐久性が高いかどうか絶妙なのですが、意外と長持ちするかもしれませんし。

何にせよ、しばらくは虫を食べなくて済みそうです(大事)

この記事が気に入ったら
いいね ! しよう

更新情報の取得はコチラからどうぞ!