同じカテゴリの新着記事

買ってよかったロードバイクのアイテム・グッズ・小物まとめ

初心者向けグッズまとめ記事アイキャッチ

何だかんだで、ロードバイクに乗り始めてから1年が経過しました。

最初の1年目で買ったアイテム・グッズの中から、ホント買って良かったな、めっちゃ使ってる、というものをご紹介。

これからロードバイクを始める人も、こういったものがあれば楽しめるかなと思います。参考にでもなれば!

目次

  1. サイコン「GARMIN Edge 520j」
  2. 輪行袋「モンベルコンパクトリンコウバッグ」
  3. サイコン&ライトを固定する「レックマウント」
  4. 初期装備ではないホイール
  5. ビンディングシューズ&ペダル
  6. あると便利な小物類
  7. 自転車に固定するバッグ類
  8. まとめ

サイコン「GARMIN Edge 520j」

もうこれロードバイク乗るときは絶対使う。いわゆるサイクルコンピュータというやつです。

GARMINのedge520j

「スマホでいいんじゃね?」と思うかもしれませんが、ある程度の長距離を走るつもりなら、持っておいて損はないと思います。

距離・獲得標高・ケイデンス・消費カロリーなどのリアルタイム表示が可能。自分が今、時速何kmで走っているのかわかるっていうのは、単純に面白いですね。

edge520jのナビ画面

それにナビも便利。これ使いだしてから、サイクリング中に一時停止してスマホのナビアプリで道を確認する、という手間がほとんどなくなりました。

走ったルートを記録して、StravaなどのWebサービスとも連携可能。走行ログをしっかり残して、あとから振り返るのも楽しみの1つ。買ってからロードバイクに乗るのがさらに楽しくなったと言えると思います。

レビュー記事はこちら
ガーミン「Edge 520J」が良かった! 簡易ナビ可能、スマホ連携もできる優秀なヤツ

輪行袋「モンベルコンパクトリンコウバッグ」

めっちゃ輪行するのでめっちゃ使っております。

モンベルのコンパクトリンコウバッグ

エンド金具とかは入っておらず、必要最小限の付属品しかありせんが、そのぶんコンパクトでジャージの後ろポケットにも入るサイズ。持ち運びやすいのがとてもいい。

コンパクトリンコウバッグのサイズ感

サイズ感

でも輪行袋の定番はオーストリッチかと思うので、一応そちらもチェックされたほうがいいかと。オーストリッチはエンド金具も付属していることが多いですし。

レビュー記事はこちら
この小ささは最高! モンベルの輪行袋「コンパクトリンコウバッグ」を使ったのでメリット・デメリットをまとめた

輪行をちょっとラクにするこちらのアイデアも
輪行をもっとラクに。収納作業を時短できるちょっとしたアイデア2つ(を先人から学んだ)

サイコン&ライトを固定する「レックマウント」

上述したサイコン「GARMIN Edge520j」とライト「キャットアイVolt400」をハンドルに固定するマウント。

いわゆる”サイコンとライトの台座”です。

レックマウントの装着図

サイコンとライトを1箇所にまとめることで、ハンドル周りがスッキリします。

別に必要不可欠というわけではないのですが、買いました。購入理由は「メカメカしくてカッコいいから」。何言ってんだと思うかもしれませんが、大体においてロードバイクは自己満足趣味だし、見た目も大事!w

見た目がよくなるとロードバイクへの愛着も湧きます。コレに限らず、ロードバイクの見た目が良くなるグッズってのは検討する価値あると思いますよ!

レビュー記事はこちら
レックマウント(REC-MOUNTS)がひたすらカッコいい。GARMINのサイコンとCATEYEのライトをまとめるマウント

初期装備ではないホイール

ホイールは変えて正解だと思いました。素人でも効果がわかりやすい!

完成車に付いているホイールは鉄下駄なんて言われて、重さが2kgほどあります。それを1500gぐらいのホイールに変えるだけで、素人でもハッキリ体感できるレベルで走りが変わりました。すげー!やっぱり足回りって大事なんだ。

フルクラムのレーシング3ホイール

私が交換したのはフルクラム「レーシング3」。世間的には中堅ホイールと言われるものです。

たぶん鉄下駄からのホイール交換を考えるときには候補にコレと、あとカンパニョーロのZONDAなんかが上がるかなと思います。同じぐらいの値段(約4〜5万)で、似たような重さと素材ですから。

もちろん上には上が、このロードバイク界にはもっと高性能なホイールがありますけど、アレ普通に10〜20万円とかしますからね。さすがに1年目では手が出せなかったけど、1年が経過した今は何の疑いもなくポチりそうだからロードバイクって趣味おそろしい。なんならむしゃくしゃしたまま焦点の定まらない視点で深夜に酒飲みながらポチってて不思議じゃない心境まである。やだ沼だこの趣味危険(楽しい)!

レビュー記事はこちら
フルクラム「レーシング3」に交換レビュー! 初めてのホイール交換でロードバイクがもっと楽しくなった話

ホイール交換のやり方について
ロードバイクの「ホイールとスプロケット」を初めて交換! やり方をまとめました


Wiggle 日本 |ロードレースホイール Fulcrum – Racing (レーシング) 3 クリンチャーホイールセット

ビンディングシューズ&ペダル

ペダルとシューズを固定する「ビンディング」。これの効果は大きいです。

最初はコワイかもしれませんが、慣れればこっちのものです。完全に慣れの問題。

引き足というのが使えるようになるので、フラットペダルよりも登り坂とかラクになる!もちろん平地でも少ないパワーで早く走れる!たのしー!

105のビンディングペダル

105のビンディングペダル

ロードバイク購入直後に105のビンディングペダルを買ったのですが、その後SPEEDPLAYに乗り換えました。

ビンディングペダル「SPEEDPLAY」

ビンディングペダル「SPEEDPLAY」

105は値段とかお手頃で導入しやすいと思います。SPEEDPLAYはちょっと高いよね……。でもSPEEDPLAYは裏表の両面でクリートキャッチできるのがすごく便利でラクだと思いましたまる

ビンディングシューズは、近くのショップで実際に履いてから購入しました。やっぱり靴は実際に試着したいよね。

ビンディングシューズ

近くのショップで買ったよ

「SPEEDPLAY(スピードプレイ)」の記事はこちら
ビンディングペダル「スピードプレイ(SPEEDPLAY)」レビュー。着脱が超ラクで使いやすいぞコレは…!

「105ビンディングペダル」の記事はこちら
シマノ105のビンディングペダル「PD-5800」レビュー。取付け簡単だしビンディングデビューにもってこい!

「ビンディングシューズ」の記事はこちら
fizikのビンディングシューズ「R5B UOMO」レビュー。完全に見た目だけで選んだ一品

あると便利な小物類

小さな財布

普段使っている革の財布とかをサイクリングに持っていくのはちょっと難しいかもしれません……。かさばるし、汗で汚れちゃいますから。

というわけでサイクリング用に、水や汗に強くて小さい財布を購入しました。チャムスの「Trek Wallet」というもの。

チャムスの小型財布「Trek Wallet」

サイクリングに持っていくなら、水に強くてコンパクトな財布がおすすめです。

これ以外にも候補になりそうな小型財布をピックアップしているので、お探しの方はどうぞ⇓

レビュー記事はこちら
ロードバイク乗る時に持っていく小さな財布!チャムスの「Trek Wallet」買ってみた

一時駐輪用のワイヤーロック

サイクリング中にコンビニやカフェ、飲食店に入るのはよくあること。そんなときに一時駐輪用のワイヤーロックがあると便利です。

サイクリングに持っていくなら、小型で軽量のものがオススメ。

私はクロップスの「Q3」というものを使っています。重さたったの99g。

クロップスのワイヤーロック「Q3」

ただし気を付けたいのは、あくまで一時駐輪用のワイヤーロックだということ。

小型軽量というメリットの反面、防犯性・耐久性はそれほど高くありません。長時間の駐輪には向いていないのでご注意を。

ロックしていることをアピールして盗難を断念させるための鍵、ぐらいに思っておいたほうがいいかもしれません。とりあえずこのワイヤーロックは、コンパクトさがウリですから!

レビュー記事はこちら
ロングライドにおすすめのカギ。99gの超軽量ワイヤーロック「クロップス」の使い勝手、防犯性などレビュー

自転車に固定するバッグ類

一泊以上するような遠隔地を輪行で走りに行くにあたり、あると便利なのがちょっと大きめのバッグ類。

宿泊に必要なものを入れたり、補給食を入れたり、まぁ大体のものは詰め込めます。これのおかげで、輪行で色んなところに行けました!

大型サドルバッグ

大抵のものは入ってしまうサドルバッグ。数泊の輪行旅なら、これ1つで行けると思います。

私は「アピデュラ」という英国メーカーのサドルバッグを利用。「大型サドルバッグ」や「バイクパッキング」というカテゴリでは有名メーカーかと思います。

アピデュラのサドルバッグ

サドルの後ろに付いているのが「サドルバッグ」

私が持っているのはミディアムサイズで、容量14L。収納力あります。

これほど大きなサドルバッグが必要になる機会はそれほど多くないかもしれませんが、何だかんだでやっぱりあると便利ですね。防寒具がかさばる冬とか、ここに突っ込んでおけますし。

レビュー記事はこちら
初めてのバイクパッキング旅! 「アピデュラ」のバッグを装着してロードバイクで走ってきた感想など

中型サドルバッグ

大型サドルバッグは超いいよって言いましたが、時と場合によってはデカすぎることがありますw

そんな時は、ひと回り小さいサドルバッグがあると便利でした。個人的にはすごく丁度いいサイズだと思っている、フェアウェザーのサドルバッグ。容量は3〜9L。

フェアウェザーのサドルバッグ

後ろにくっついている黒いサドルバッグがそれ

大きすぎず小さすぎず、丁度いいんですよね。日帰りライドでも、1〜2泊ライドでもこれでいけると思います。

レビュー記事はこちら
フェアウェザー(FAIRWEATHER)のサドルバッグ購入&レビュー。ちょうどいいサイズで使い勝手良さそう!

fairweatherサドルバッグの商品リンク画像

フレームバッグ

トップチューブの下、つまり両足の間あたりの位置に取り付けるバッグのこと。

ここです!

アピデュラのフレームバッグ

真ん中あたりに付いているのが「フレームバッグ」

私は上記でも紹介した「アピデュラ」のフレームバッグを使っています。しっかり固定できるし、デザインも好み。

サドルバッグと違って、荷物の出し入れがしやすいですよ。よく使う荷物はここに。

また荷物の位置が低いため、自転車の重心が低くなって安定するというメリットもあります。

レビュー記事はこちら
初めてのバイクパッキング旅! 「アピデュラ」のバッグを装着してロードバイクで走ってきた感想など

トップチューブバッグ

トップチューブの上に装着するから「トップチューブバッグ」。

小物バッグなので収納力はありませんが(容量0.5L)、そのぶん位置的に荷物が取り出しやすくて使い勝手がいいバッグです。

アピデュラのトップチューブバッグ

ハンドル手前に取り付ける「トップチューブバッグ」

私が使っているのは、先ほどから出てきている「アピデュラ」のもの。

補給食とか鍵とか、よく使うものを突っ込んでおくのに便利ー!

レビュー記事はこちら
アピデュラの「トップチューブバッグ」。よく使う荷物を突っ込める、使い勝手のいい小物バッグでした

まとめ「アイテム・グッズでロードバイクライフは快適になる」

というわけで、個人的に本当によく使ったアイテム・グッズまとめでした。

まぁこれだけ買うと結構な総額になってしまいますが……w ロードバイクはもっと楽しくなると思います。うん、やっぱり日々の生活から解き放たれてロードバイクで走る時間っていうのは、ハマればハマるほどかけがえのないものになると思いますし。

せっかくの休日をロードバイクに使うなら快適に楽しく乗りたい、という考えで、こういったアイテム・グッズを購入したのでした。

ロードバイクを始めたばかりで何が必要なのかわからん!という人の参考にでもなれば。
 

これらのアイテム・グッズを使って走った「サイクリングの記録」はコチラにまとめています。
サイクリング | エスケープ紀行

この記事が気に入ったら
いいね ! しよう

にほんブログ村 自転車ブログへ

更新情報の取得はコチラからどうぞ!