カカトが踏めてラク。履き心地バツグンのスニーカー、ナイキ「ベナッシSLP」レビュー

NIKEベナッシSLPのレビュー記事のアイキャッチ

(※当ブログは自転車ネタが多いですが、本記事は自転車とは関係ありません!)

カカトが踏めるスニーカー。

だからスリッパみたいに履くことができて非常にラク。めちゃくちゃラク。ナイキの「ベナッシ SLP」を買ったのでレビューです。

というかコレ実は去年も買ったのですが、あまりにも履き心地よかったので今年(2018)も買ってしまいました。ラクに履ける靴を探している人にはめっちゃオススメしたい

何度でも言うけど、めちゃくちゃラク

これがナイキの「ベナッシ SLP」。色はこの黒のほかには白がありました。

NIKEベナッシSLP

柔らかい素材を使っています。スウェットよりは固いけど、一般的なスニーカーよりは格段に柔らかい、みたいな感じ。

アッパー(足の甲を覆う部分)などは、押すとグニャッと凹むぐらい柔らかいです。

NIKEベナッシSLPのアッパーは柔らかい

そして冒頭から言っている最大の特徴。カカトが……

ベナッシSLPのカカト部分

踏める!!

ベナッシSLPのカカトを踏んだところ

カカトが内側に折れ曲がるようにできているため、スリッパみたいに履けます。これがラクすぎてラクすぎて。

もちろんカカトを踏まず、ちゃんとホールドした状態で履けば、普通の靴になります。カカトを踏めばスリッパ化。二段変形する靴だと思ってください。

ちょっと近くのコンビニに行くときから遠出するときまで、わりとどんなときでも使える感じ。

ベナッシSLPのカカト部分のアップ

素材が素材なので、軽いのも良いところです。実際に測ってみたところ、片足190g

靴の重さってピンとこないかもしれませんが、例えばニューバランスやアディダスなどのスニーカーあと片足300〜400gぐらいだと思います。実際に履くとわかるのですが、他のスニーカーよりは明らかに軽いですね。

NIKEベナッシSLPを横から見たところ

デメリットというか注意点としては、素材がやや分厚いため履くと結構温かく、夏はちょっと履きづらいかな……ムレるかも。

どちらかといえば秋冬向けの靴かと思います。

NIKEベナッシSLPを右から見たところ

あと素材的に雨には弱い

水は普通に染み込みます。雨予報の日はおとなしく他の靴を。

それにしても、まさか2年連続で同じ靴を買うとは思いませんでした。去年(2017)モデルとはデザインが変わったようです。左が2017年、右が2018年に買ったもの。ボロボロですんません……。

NIKEベナッシSLPのモデル比較

サイズはいつも履いてる靴よりちょっと大きめがいいかなぁ……という気がします

私はいつも26.5ぐらいなのですが、この靴は27にしました。0.5〜1センチぐらい大きめが良さ気な感じ。

NIKEベナッシSLPを履いたところ

あ、ちょっと余談ですが、ナイキの「ベナッシ」と言えばスリッパが有名なんですけど知ってます?

たぶん名前は知らなくても、見たことはあると思います。コンビニ前にいるヤンキーが履いてそうなこれの靴版(スリッポン)が、この記事で書いている「ベナッシSLP」になるっぽいですね。

[ナイキ] NIKE BENASSI JDI MISMATCH 818736 011 (BLK/7)

それと色はこの記事で書いて黒のほか、このような白がありました。

参考:ZOZOTOWN

Amazonやゾゾタウンなどのネットショップでも販売されていますが、やっぱり靴なので実際に履いてみて購入したほうがいいと思います。

調べてみるとABCマートなどの靴屋のほか、ユナイテッドアローズなどのセレクトショップ系でも扱っているみたいですね。価格は8,100円(税込み)。
(※追記:すみません、セレクトショップでの扱いはちょっと不明瞭なところがあり、お店に行っても置いてないかもしれません。去年モデルはお店で買ったのですが…今年モデルの店頭での扱いは不明ですm(__)m)

とにかくラクな靴がいいんじゃーい!という人にぜひ。

 

ABCマートにも⇓

▶ナイキ BENASSI SLP ベナッシ SLP
NIKEベナッシSLPのレビュー記事のアイキャッチ