子の権現~有間峠ライド! 飯能・秩父の大自然、真夏の良きサイクリング


初めての飯能、秩父!

このあたりは山や峠が多くてロードバイク乗りに人気の場所ということは知っていたのですが、やっと行くことができました。いいところですね〜!

子の権現(ねのごんげん)、顔振峠有間峠を走ってきました。

今回のルート

ルートはこんな感じ。

子の権現の激坂 & 自転車のお守りを入手

今日も真夏日だ猛暑日だ、熱中症に厳重警戒ー!と叫ばれている7月中旬です。

日が昇っていくを見ながら、輪行のため最寄りの駅へ。今日もいい天気になる予感しかしない空が広がります。これ絶対暑くなるやつ。

朝焼けの空

私が住んでいる横浜から、東飯能駅まで片道2時間。ちょっとした小旅行ですよ。まぁ個人的には2時間ぐらいの輪行、全然苦ではありません。慣れたw

ちなみに超横浜ネタなのですけど、横浜からだと西武池袋線「飯能駅」に行くよりも、八王子駅で乗り換えてJR八高線「東飯能駅」のほうが行きやすいと思います。運賃・所要時間・乗換回数などの点で。気になる方は乗換アプリで調べてみてくださいませ。飯能駅と東飯能駅の場所は目と鼻の先なので、どっち着でも大差ないと思います。

というわけで東飯能駅、到着ー!

東飯能駅とロードバイク

まずは子の権現(ねのごんげん)へ。標高640mにある天台宗の寺院。

めちゃくちゃデカイ金色の”わらじ”があるお寺、と言えばピンとくる人もいるかも。足腰守護の神仏ということで置かれているのだそうな。

また自転車のお守りが買えるお寺としても知られていますね。

子の権現への道

あとロードバイク乗りの間では、激坂としても有名でしょうかw

進むほどに薄暗く細いじめじめした坂道になってきました。ヒルクライムには絶好の雰囲気を醸し出す道。ゆるゆる登っていくと……、

子の権現へ向かう坂

このあたりから、坂の様子がちょっとおかしくなってきました

子の権現のワインディングロード

標高的にクライマックスがいつ現れてもおかしくないな、と思いつつ進んでいくと……、

上り坂

こwwのww坂www

登ってから振り返って撮ったんですけど、ほとんど壁みたいなっていますねw カーブ内側なんて斜度どうなっているんだろう。

子の権現の激坂

瞬間的な斜度は、風張林道よりもきついような気が。というか、この坂で初めて前輪が浮きそうになるって体験をしました。

めっちゃきつい坂は前輪を押さえ込むのが大変って話を聞いたことはあったのですが、そんなキツイ坂を登ったことのない私には実感がなく、またそんな大げさな〜盛っちゃって〜とか思っていましたごめんなさい。前輪、浮くわ。

ウィリーしそうな感覚があったので、やべ!と思ってすぐ体重を前に乗せ、そのまま前荷重で登りました。すごいね、自転車の前輪って登り坂で浮くんだね(小並感)

激坂区間をしのぎ、子の権現に到着!

子の権現の正面

子の権現の山門

バイクラックがあるお寺って初めて見るw

子の権現のバイクラック

そしてこれが重さ2トンあるらしい金のわらじ。デカイ。

子の権現の金のわらじ

金のわらじのアップ

自転車のお守りも買いました。色は青、紫、赤、白……の4色だった気がします(たぶん)。白をゲット。

ハンドルやサドルなどに取り付けられる輪っか状の交通安全のお守りです。とりあえずハンドルに付けてみました。

自転車のお守り

自転車のお守りを自転車に装着

左の輪っかが自転車のお守り

土曜の朝10時ぐらいですが、あまり人がいません。登山してきた老夫婦がいらっしゃったぐらい。

人のいないベンチでちょっと休憩。超暑い。真夏日!

子の権現の境内

夏の木陰

顔振峠の眺望や良し

子の権現をくだったあとは、顔振峠(こうぶりとうげ!)へ。標高500m。

顔振峠とロードバイク

顔振峠の前には茶屋・自販機があったので補給補給。普通にお腹が減っていたのでうどんを食べまして。

顔振峠の富士見茶屋

顔振峠の富士見茶屋のざるうどん

それにしても、顔振峠の眺望の良さをちょっと見て。標高500mなのですが、そうとは思えない景色が広がります。

茶屋からの眺めがもう素晴らしいし、

顔振峠の茶屋からの眺め

外に出てみれば、この山々と空!

顔振峠からの眺望

また茶屋周辺にはロードバイク、登山者、トレイルランの人がたくさん集まっていました。これは人気スポットだなぁという感じ。

顔振峠からは、秩父駅のほうへ向かいます。

いくつかの峠を超えますが、顔振峠まで登ってしまえば、それ以降はそれほど大きなアップダウンはないかなと思います。ただし道はちょっと荒れ気味なので、ダウンヒルだからってと飛ばすとコワイかもしれません。

秩父の林道

で、秩父のほうへ近づくと……
あああ〜〜〜〜夏ってやつだこれ!

夏の空と田んぼとロードバイク

田んぼと工場っぽい謎の建物の、このミスマッチ感いい。

田んぼと工場

夏の田んぼ

秩父から有間峠へ!

とりあえず秩父に到着。西武秩父駅に寄ってみるなど。

西武秩父駅とロードバイク

西武秩父駅には「祭の湯」という施設があり、お土産屋や飯屋さらには温泉施設、宿泊もできるという充実っぷりでした。宿泊といってもスーパー銭湯のように大広間でくつろぎながら夜を越せる感じ。今回は中をチラッと見た程度でしたけど、施設自体も新しいっぽいですね。

調べてみると、2017年4月24日オープンでした。できたばっかり!
西武秩父駅前温泉 祭の湯【公式サイト】

わらじカツ丼屋さんもあったので、秩父名物を探しているならちょうどいいかも。私はちょっと時間が押し気味だったので見送りました!泣

西武秩父駅の祭の湯

さてここからは有間峠、名栗湖(有間ダム)を通って、東飯能駅まで戻る予定。

このあたりで夏特有の豪雨っぽい雲が垂れ込めてきて、ちょっと遠めのほうでカミナリがどっかんばっかん落ち始めました。天気アプリの雨雲レーダーを見ると、近くでゲリラ豪雨に見舞われている地域があるよう。

しかし今から向かう有間峠に雲がかかる予報はなし!カミナリが落ちる音は聞こえますが遠いですし、雨はまだ降りそうにないのでいけるかな……と、有間峠へ!

有間峠へ向かう道

雨雲とカミナリから逃げるような気持ちで進んでいたら、おばあちゃんに「うわーここ登るの?頑張ってるねー!いやーこの暑いのに!そうや塩飴あげるわ!!」という流れで塩飴を5つもいただきましたw ありがとうございます!めちゃくちゃ助かります!一瞬ここは大阪かな?って思った。

塩飴

5個貰ってすぐ2個食べた

そんなこんなで有間峠、クリア!標高1,149m。

有間峠とロードバイク

有間峠からの景色、いいですね。少し曇ってきましたが、非常にいい眺め。

有間峠からの眺め

このあと有間ダム側へ下りましたが、これが結構斜度ありそうな下り坂で。有間峠は有間ダム側から登るほうがしんどいっぽいですね。下っているだけでも勝手にガンガン速度が上がります。でも路面はちょっと荒れ気味なので安全に慎重に。距離自体もわりと長めだったので、ダウンヒルの途中で1回休憩しましたw リムも熱いな!

そして名栗湖(有間ダム)へ。ここも定番スポットですね。

有間ダムとロードバイク

ロードバイク

というわけで、あとは再び東飯能駅まで戻って終了。

心残りがあるとすれば、せっかく飯能・秩父まで来たのにそれっぽい飯が食えなかったことでしょうか。わらじカツ、豚味噌丼、くるみ蕎麦……、ロードバイク乗りに有名なカフェキキさんも飯能にありますよね。でも今回は何も食べてない。補給食とかばっかり!今後はもう少し計画的な行動で、グルメ的な時間を取りたいとおもいます。せっかくだからウマい飯も食いたいもんね!

とにかく初めての飯能・秩父は良いところでした。子の権現、顔振峠、有間峠、どこもいいスポット。横浜からだと2時間かかりますが、またほぼ確実に来そうw

距離:120km
獲得標高:2,488m

Strava
子の権現~顔振峠~有間峠ライド | Strava

ライドの様子やブログの更新情報をつぶやいたりしています。
Twitter
ゆう@エスケープ紀行 (ブログ)(@escapetrip_jp)

fairweatherサドルバッグの商品リンク画像
FAIRWEATHER(フェアウェザー) サドルバッグ“SeatBag”

更新情報の取得はコチラからどうぞ!