同じカテゴリの新着記事

【Mac】プリインストールアプリを消して空き容量を増やそう! 使わないアプリは簡単に削除できる

Macプリインストールアプリ削除記事のアイキャッチ

MacBook Air/ProのSSD容量が心もとない…。そんな方に送る容量節約方法として、プリインストールアプリの削除をオススメします。

書類や写真、動画など様々なファイルがMacには入ってると思いますが、たくさんの容量を占めているのは何気にアプリだったりします。だったらそのアプリをごりっと削除してしまえば、一気に空き容量が増えますよね。

特にMacに最初から入っているアプリ!全然使っていないのであれば、削除して空き容量のためにも削除しちゃいましょう。

「GarageBand」を削除した!

私のMacも128GBの容量しかないんですよね。何とかして空き容量を増やしたい。他人事じゃないんです。

そこで、一体何が容量を占めているのか確認してみると…、どうやら「App」(つまりアプリ)のようだ!

アプリが容量を圧迫している

だったら容量を占めているアプリを削除して、ガッツリ容量を空けてやろうじゃないの。そう思って、容量のでかいアプリをチェックしてみました。

結果、容量でかくて使っていないアプリは、私の場合は以下でした!

・GarageBand
・iMovie
・Pages
・Numbers
・Keynote

GarageBandなどの標準プリインストールアプリ

これMacに最初から入っているアプリです。いわゆるプリインストールというやつ。

使っていないし容量は食うしで削除することに。もしかしたらプリインストールアプリって削除できないようなイメージがあるかもしれませんが、実は超簡単です。

「Launchpad」を起動して、削除したいアプリを長押しクリック。すると…、アプリを震え、左上に☓ボタンが出現します!

アイコンを長押しして☓ボタンを表示

iPhoneをお使いの方ならピンとくるかもしれませんが、これiPhoneのアプリ削除方法と同じですよね。Macも同じようにしてアプリを削除できます。そう、プリインストールも!

私の場合はたぶん一生使わなさそうな「GarageBand」を削除しました。このアプリ1.15GBも容量がありましたし。

GarageBandを削除

しかし削除できないアプリもある

ただ、全てのMacプリインストールアプリを削除できるわけではありません…。Safari・カレンダー・メモ・FaceTime・写真・マップなどのプリインストールアプリは、残念ながらこの方法では削除できないんです。

というよりも基本的に削除できないようになっています。ムリヤリ削除する方法もあるようですが…、完全に自己責任でということになりそうです。チェスとか最初から入ってますけど、一回も遊んだことないや…。

チェスなどもMacプリインストールアプリは削除できない

この記事が気に入ったら
いいね ! しよう

更新情報の取得はコチラからどうぞ!