同じカテゴリの新着記事

Lightroomの「スマートプレビュー」機能凄すぎ。容量少ないノートPCでも、外出先で編集作業ができるように

Lightroomのスマートプレビュー機能のアイキャッチ

以前こちらの記事で、Lightroomの写真データを外付けHDDに移動させる方法をご紹介しました。

このときにチラッと触れた「Lightroomのスマートプレビュー機能」が凄すぎるので、この記事でもう少し詳しく触れたいなと!

容量の少ないノートPCをお使いの方にはうってつけの機能ですよ。笑えるほど凄いです。

スマートプレビュー機能って?

はじめにもう一度「スマートプレビュー」機能とは何か、簡単に説明しますね。

Adobe公式の説明によるとこう!

カタログに写真を読み込むと、カタログと物理的なファイルの間にリンクが確立されます。写真は、内蔵ドライブまたは外付けドライブに保存できます。以前のバージョンの Lightroom では、Lightroom に接続しているドライブに含まれる画像を編集することができました。

Lightroom のスマートプレビューでは、コンピューターに物理的に接続されていない画像を編集することができます。スマートプレビューファイルは、非可逆 DNG ファイル形式に基づく、軽量、小型のファイル形式です。

つまり、めっちゃ簡単に言うとですね…。

  • 写真データがなくてもプレビューだけで編集作業ができるよ。
  • 元の写真データが入っている外付けHDDに接続すれば、編集内容の通りに書き出せるよ。
  • プレビューだから容量も軽いよ。14GBの写真が400MBになるよ。

伝わったでしょうか…?この恐ろしいほどの便利さが。

Adobeのスマートプレビューのヘルプ

具体的には、
どデカい写真データを入れられないHDD(SSD)容量しか搭載していないノートPCでも、このスマートプレビュー機能を使うことでいつでもどこでも画像編集が可能になる
ということですね。凄い。

スマートプレビューを有効にしよう!

有効にする方法も超簡単です。

SDカード等から写真を取り込むときに、
スマートプレビューを生成」にチェックを入れておくだけ。これだけで、写真の取り込みと同時にスマートプレビューが有効になります。

取り込み時にスマートプレビュー生成にチェック

すでに取り込み済みの写真のスマートプレビューを生成する方法も簡単ですよ〜!
ライブラリ → プレビュー → スマートプレビューを生成
と進むだけです。

取り込み済の写真をスマートプレビュー有効に

これで写真の元データを保存している外付けHDDに接続しなくても、いつでもどこでもLightroomで編集作業ができるようになりました。

外出先でもノートPCで編集作業が可能に

スペックの低いノートPCや、写真の枚数が多い場合は、スマートプレビュー生成に少し時間がかかるかもしれません。お時間のあるときに生成するのが吉!

この記事が気に入ったら
いいね ! しよう

更新情報の取得はコチラからどうぞ!