Instagramの投稿写真をTwitterに自動投稿して、「写真を表示」させる方法

InstagramとTwitter連携記事のアイキャッチ

ゆうです。写真を撮るのが好きで、ちょくちょくInstagramに投稿しています。(Instagramアカウント:yuuq8)

そのInstagramの投稿をTwitterにもシェアしたいなと思うことがあり、Instagram公式アプリ内のシェア機能を使っていました。しかしこれに1つ不満点がありまして……⇓

「Instagram公式アプリ内のシェア機能を使うと、Twitter側で写真が表示されない!URLの先に飛ばないと写真が見られない」

これです!心当たりありませんか?今回はこれを解決する方法について書きました。この記事の方法を適用すると、以下2つのメリットが生まれます。

・Twitter側にもInstagramの写真を表示できる
・Instagramに投稿すると、Twitterにも同じ内容を自動投稿できる

Instagramの投稿をTwitterにシェアすると「写真が表示されない」

Instagram公式アプリ内のシェア機能を使ってTwitterに投稿すると、こんな感じになるんですよね。

写真が表示されません。これがちょっと不満。

Instagramに投稿した写真を見るには、ツイート内の「instagram.com〜〜〜」というURLをタップする必要あり。う〜ん、できればタップする手間をなくしたい。

というわけで、Twitterのタイムライン内でInstagramの投稿写真を見られるようにしました。結果的にはこうなります。

またこの方法を適用すると、Instagramへの投稿と同時にTwitterにも同じ内容を「自動投稿」するようになります。

まとめるとこんな感じ。

Instagramに投稿する

写真付きで、自動的に、Twitterにも同じ投稿ができる

やり方!

ではやり方のご説明。

IFTTT(イフトと読む)というWebサービス/スマホアプリを使います。
▶Web:IFTTT
▶アプリ:iOS/Android

IFTTTのトップページ

「IFTTT」とは、「レシピ」と呼ばれる仕組みを使って数あるWebサービス(Twitter、Instagram、Dropbox、Google Photoなど)同士を連携させることができるWebサービス。

様々なレシピがあるのですが、今回だと「Instagramに写真を投稿すると、それをTwitterにも写真付きで自動投稿する」というレシピを使います。

なんかややこしそうですが、順番通りに設定すれば簡単。誰でもできると思います。

まずIFTTTにログイン。IFTTT用アカウントを作成してもいいですし、Google/Facebookアカウントを使ってのログインも可能です。

IFTTTにログインする

ログインできたら、「Tweet your Instagrams as native photos on Twitter」というレシピをONにしてください。

そしたらTwitterとInstagramのアカウントでログインするように求められると思いますので、画面の指示通りログインすればOKです。

レシピはこちら
Tweet your Instagrams as native photos on Twitter – IFTTT

InstagramとTwitterを連携するIFTTTのレシピ

InstagramとTwitterを連携するIFTTTのレシピ

ちなみにレシピの意味は英文のまんま、「Instagramに投稿したら写真付きでTwitterにも投稿するよ」みたいな意味。

これで準備完了。たぶん簡単だったと思います……! 3回ぐらい色々ログインするのがちょっと面倒くさいですが、一度ログインしておけばあとは何もしなくていいですから!

InstagramとTwitterの連携、実際に試してみます

では先ほどの設定がキチンと適用されているか試してみます。

やることは、いつも通り普通にInstagramに投稿するだけ。はい、投稿しました。

Instagramの投稿画面
この投稿はコチラ
@yuuq8 • Instagram photos and videos

で、Twitterを見てみると、自動的にInstagramと同じ内容が投稿されていました!写真も表示されています。

ただしお気づきかもしれませんが……、デメリットというか制約が2つほど。

注意点が2つほどある

1. 投稿内容をTwitter用に編集できない(Instagramの投稿のまんまTwitterにも投稿される)

「Instagram → 自動投稿 → Twitter」という流れのため、Instagramの投稿がそのまんまTwitterに流れてしまいます。Twitter向けに投稿を編集したい人には向かない!

あとInstagramってハッシュタグは最大30個まで、文字数は2,200文字が上限らしいです。しかしTwitterは140文字が上限ですよね。となると、Instagramで入力した140文字までしか表示されないということに。ご注意くだされ。

2. ツイートの最後に「http://ift.~~~」みたいなURLがくっつく

これはIFTTTサービスが生成する短縮URLというものです。

タップするとInstagramに飛ぶのですが、IFTTTを知らない人からしたら怪しいURLに見えますよねぇ〜。これ⇓

IFTTTのURL

このURLは、通常の「instagram.com~~~」に変更する(戻す)ことができます。やり方をご説明!

WebブラウザからIFTTTにログインして、「Setting」をクリックしてください。

IFTTTのSetting

Setting画面内に「URL shortening」という項目があるかと思います。

そのチェックを外せばOK!

IFTTTの短縮URLの設定

これでツイート内のURLが、「http://ift.~~~」ではなく、通常の「instagram.com~~~」になるかと思います。こんな感じですね⇓

URLをinstagram.comに戻した

これで怪しい見た目のURLではなくなったかと思いますw

まとめ

以上、「Instagramの投稿を写真付きでTwitterに自動投稿する方法」でした。

Instagramの投稿をTwitterにも垂れ流したい人には便利かなと思います。ただし、InstagramもTwitterも見てくれているフォロワーの方には鬱陶しいと思われるかもしれません……。そのへんは注意していきたいと思います。

とりあえずはこれで様子見つつ、InstagramとTwitterを楽しんでいけたらなと。

そんなわけで私のInstagram/Twitterアカウントもどうぞよろしくお願いします(露骨)

InstagramとTwitter連携記事のアイキャッチ