白馬村~富山ライド!快晴の北アルプスをぐるりと周る絶景ルート【連載2/2】

白馬村から富山ライドの記事のアイキャッチ

むくり。

オフトゥンを抜けると、そこは屋根裏部屋でした。

白馬村で泊った宿

前回のあらすじ〜
諏訪湖から始まり、アルプスあづみのセンチュリーライドっぽいルートを通って木崎湖を経由、白馬村までいくルートを走行。蕎麦がうまい。
諏訪湖~木崎湖~白馬村ライド!春の陽気に誘われて「なんちゃってAACR模倣ルート」【連載1/2】

快晴のアルプス!!

こんにちはゆうです。白馬村からスタートする信州ライド2日目にして最終日。

白馬村から国道148号線、地図を見ると「千国街道」とも書かれている道を通り、糸魚川市(新潟県)を通過し、日本海の海岸線に沿って富山駅まで行くルートです。

大体こんな感じ。

北アルプスを横目に見つつ、ぐるっと周るようなかたちになります。

この日は快晴で、長野側からでも富山側からでもアルプスがくっきり!最高のサイクリング日和になりました。

白馬村の宿を一歩外に出た瞬間からこの絶景ー!!

北アルプスとロードバイク

白馬村から見る北アルプス

快晴の北アルプスとロードバイク

街中から見える北アルプス

快晴の北アルプスをのぞむ

白馬村キャラクター・・・・・・「ヴィクトワール・シュヴァルブラン・村男三世」

白馬村のキャラクター

さて、最高の天気です。

まずは国道148号線(千国街道)を北上して糸魚川市(新潟県)まで。走ってみた感想としては、トンネルが多くて自転車ではちょっと厳しいなぁ……という印象です。

具体的にはトンネルが狭くて長いうえに路面状況がデコボコ。交通量はそこまで多くはないですが、あまり積極的に通りたい道ではないかなぁ……。

トンネル内にこんな轍がけっこうあります。危ないところは歩道を歩いて通りました。トンネル内での作戦はいのちだいじに。

トンネル内の轍

しかも白馬村から糸魚川市に抜ける間のトンネルは一本や二本ではありません。

数が多いですし、中には2km以上あるものも。長い!

2km以上の長いトンネルもある

トンネルの合間合間から見える景色はたしかに素晴らしいのですけどね……。

国道148号線の景色

何とかトンネルをやり過ごしつつ糸魚川市に突入。人生初の新潟県上陸。

新潟県糸魚川市に突入

4月16日の気温はなんと21℃www
暑いわけですwww

糸魚川市の2017年4月16日の気温

途中、国道148号線(千国街道)をすこし迂回できるルートへ突入。山道を登って迂回するタイプのヒルクライムルートでしたが、天気が良い日のヒルクライムは格別でしょうということでチャレンジ。

標高を少し上げるだけで、一気に雪が増えて景色が様変わりします。国道148号線には雪はなかったのに。

雪景色とロードバイク

少し標高を上げるだけで雪が一気に増える

登るほどに予想以上の雪が増えてきたので、これ通過できるのかなぁ……と思ったら案の定/(^o^)\

これ以上は進めないっぽい!

雪で進めなさそうな道

進めないのなら仕方ないので、来た道を引き返します。無意味に300mほど登ってしまったw

再び国道148号線を走るためにダウンヒル!

来た道を戻る

この日のロードバイク装備

ダウンヒル

自撮りwww

その後は国道148号線をひたすら進み、日本海が見えるところまで抜けました。

ポツンとたたずむ一本桜に物語を感じる。誰かが何らかの理由でここに植えたのだとしたら。というか手前の線路に電車が通っているところを写真におさめたい……!

線路と一本桜

伸びる線路とアルプス

長い道とアルプス

そんな国道148号線(千国街道)を無事通過すると……、今度は日本海!

糸魚川市から見える日本海

日本海の海岸線を進んで富山駅まで

そんなわけで、今度は国道8号線を通って糸魚川市から富山駅まで。

右を見れば日本海、左を見ればアルプス、みたいな道を進みます。最高かよ。

日本海をのぞむ

やはり海沿いの街を走るときに気をつけたいのは、どこで海の幸をいただくかといいうこと。大事なことです。

今回は「親不知(おやしらず)ピアパーク」にて親不知名物セットをいただくとしましょう。タラ汁と……白身魚(何だったか忘れたorz)の天丼。うまい。

親不知名物セット

世界でもっとも美しい湾、富山湾」も通過。正確には宮崎・堺海岸という地名になるようです。

2014年10月に世界でもっとも美しい湾クラブへの加盟が承認されたのだとか。海からヒスイの原石が打ち上げられるそうです。何それすごい。

世界でもっとも美しい湾「富山湾」

富山湾

さてさて、見るものは大体見たので、あとは富山駅まで一直線。

進行方向の左を見ればアルプスですから、もうほんと飽きません。しかも、このあたりの富山の海岸線は道路が広くて非常に走りやすかった印象。ツーリングにもってこいなではないでしょうか。

富山からのぞむアルプス

富山側から見る北アルプス

富山からのぞむアルプスその2

電車とアルプス

電車とアルプス

ロードバイクとアルプス

こういう何もないところで自転車を立たせたいときに、サドルバッグが役に立つw (ちょっとした風で転倒するので試す際は自己責任で)

サドルバッグで自立するロードバイク

そして富山駅へ。

富山駅には路面電車が走っていたんですけど、これがなかなかカッコいい。なんかヨーロッパの電車っぽくないです!?この丸みを帯びたボディとか。

富山駅の路面電車

はい、そんなわけで諏訪湖~日本アルプスサラダ街道~木崎湖~白馬村~糸魚川市~富山ライド、終了です。

開始直後こそ雨に振られましたけど、あとは天気に恵まれた。

富山駅とロードバイク

北陸新幹線あさま

 

距離:140km
獲得標高:917m

白馬村から富山駅までのライド記録

Stravaでルートなどの詳細。
白馬~糸魚川~富山ライド Strava

ルートラボ。

前編の記事「諏訪湖~木崎湖~白馬村ライド」はこちら。
諏訪湖~木崎湖~白馬村ライド!春の陽気に誘われて「なんちゃってAACR模倣ルート」【連載1/2】

 

fairweatherサドルバッグの商品リンク画像
FAIRWEATHER(フェアウェザー) サドルバッグ“SeatBag”

更新情報の取得はコチラからどうぞ!