サドルバッグに装着可能なキャットアイのクリップ式ライト「WEARABLE X」レビュー

「WEARABLE X」レビュー記事のアイキャッチ

ゆうです。興味深いライトを見つけたので購入してみました。

キャットアイの「WEARABLE X」。

カテゴリとしては”ウェラブルセーフティライト”になるそう。意識高そうなカタカタ語でよくわからないかもしれませんが、ざっくばらんに言うと服やカバン、サドルバッグなどに装着できる「クリップ式ライト」という感じ。

なかなか実用的なライトでした!

目次

  1. サドルバッグや服に取り付けられる「クリップ式ライト」
  2. スペックについて
  3. マイクロUSB充電式がいい

サドルバッグや服に取り付けられる「クリップ式ライト」

まず外観から。「WEARABLE X(ウェアラブル エックス)」の箱がこんなので……、

キャットアイ「WEARABLE X」の箱

中身がこちら。

ライト本体、取説、ゴムバンド、そして異様に短いマイクロUSBケーブル。どうしてこんなに短いケーブルを同梱したの……w 充電はどんなマイクロUSBケーブルでも可能です、当たり前ですが念のため。

WEARABLE Xの同梱品

肝心なライト本体は、これぐらいのサイズ感。

WEARABLE Xのサイズ感

で、このライトの持ち味は、裏がクリップ式になっているということ。

裏側のクリップ部分

しっかりした作りのクリップで、例えばサドルバッグのこういうブタ鼻に装着できます

サドルバッグにクリップ式ライトを装着

ブタ鼻に装着できるライト

個人的には、この用途が目的で購入しました。サドルバッグを自転車に取り付けると、リアライトを付けるスペースがなくなりますからね。

クリップには釣り針みたいな「返し」が付いているので、走行中に落ちることはなさそう。

クリップ部分の返し

クリップには、釣り針みたいな「返し」がある

自転車を後ろから見るとこんな感じ。視認性バッチリ。

クリップ式ライトを付けたサドルバッグ

サドルバッグだけでなく、自転車通勤通学用カバンで使うのも良さ気。

クリップ部分(クリップブラケット)とライト本体は分離できるので、充電するときはライト本体だけを取り外せば手軽です。クリップ自体はしっかりと固定できる反面、取り外しが面倒とも言えますから汗

サドルバッグのほか、例えばウェアのバックポケットなんかにも取付可能

ウェアを挟み込むのが固いぐらいしっかりしたクリップだったので、走っているときの衝撃で落ちることはなさそうです。

ウェアのバックポケットに装着

ライト本体の重さでちょっと下を向いちゃいますが、乗っているときは前傾姿勢だからライトは真後ろに向くような感じになるかと思います。

この記事の冒頭で書きましたが”ウェラブルセーフティライト”ということで、このように自転車以外の箇所(ここでは服)に装着できるのも特徴

とはいえゴムバンドも付属しており、一応リアライトとして使うこともできるんですけどねw 使い方は人それぞれ。

WEARABLE Xはリアライトとしても使える

対応経は直径が約26〜32mmとのこと

スペックについて

点灯時間などなど。

※スマホでは横スクロールできます
  WEARABLE X
ハイ点灯 約1時間
ロー点灯 約10時間
ラピッド
(リズム感のある点滅)
約10時間
パルス
(放射状に広がる点灯)
約10時間
バイブレーション
(早い点滅)
約10時間
点滅 約30時間
※充電時間 約2時間

 

  • マイクロUSB充電式
  • 最大35ルーメン
  • サイズ:45.5 x 44.0 x 16.0mm
  • 重量:16.5g (本体・充電池のみ)
  • 使用電池:リチウムイオンポリマー充電池 200mAh
  • 雨中の使用に耐えられる程度の防水能力

※参考:SL-WA100|CATEYE

マイクロUSB充電式がいい

私はこのライトを主に「サドルバッグ用のクリップライト」として購入しました。お値段約3,000円。

ただね、サドルバッグに取付可能なクリップライトってほかにもあるにはあるんですよ。例えば⇓の「TOPEAK(トピーク) テール ルクス」は半額近い1,650円(記事執筆時)ですし、

「Bikeguy トライスター リアライト」なんて約1,200円(記事執筆時)です⇓

ただ惜しむらくは……、ボタン電池式ということ。

個人的にはマイクロUSB充電式のほうがいいです!だから少し値段が高めでも、このキャットアイの「WEARABLE X」にしました。

充電中の「WEARABLE X」

充電中はインジケータが赤く光る

マイクロUSB充電式の良さというのは、

  • 常に満充電で走り出せる
  • 万が一バッテリーが切れても、モバイルバッテリーで充電できる

これかと思います。前日の晩に充電しておけば、いつでも満充電にしておくことができる。スマホ全盛期の今、手持ちのモバイルバッテリーでも充電できる。使い勝手◎。

もちろん上記で触れた服やカバンに取り付けられる良さも当然ありますが、マイクロUSB充電式という地味な使い勝手の良さも捨てがたいと思いました。

「WEARABLE X」装着時

大きめのサドルバッグ付けて走っている人は結構多いかなと思いますし、このライトなかなかおすすめです。

「WEARABLE X」レビュー記事のアイキャッチ