同じカテゴリの新着記事

キヤノン「EF50mm F1.8 STM」のレンズフード購入。安い互換品を買ってみたのでレビュー

キヤノン50mm単焦点レンズのレンズフードのレビュー記事

カメラの世界には「撒き餌レンズ」と呼ばれるものがあります。

まるで釣りで魚を寄せ集めるために使われる撒き餌のように、安い価格と美しい写りで初心者カメラマンを取り込み、カメラ沼へと引き釣りこむ「撒き餌レンズ」。

キヤノンにおいては、それが「EF50mm F1.8 STM」になります。1万5,000円前後とレンズにしては低価格。私もカメラを初めてすぐ購入し、ものの見事に釣られたクマー!

そんな「EF50mm F1.8 STM」には、レンズフードが付属していません。別売りなんです。なので別途購入したというレビュー記事です!

50mm単焦点レンズの別売りレンズフード

これが「EF50mm F1.8 STM」単焦点レンズですね。買ったときはこれだけ。

(⇓写真では別売りのレンズフィルターを付けていますが)フードは付属していません。

キヤノンの50mm単焦点レンズ

Amazonでレンズフードを検索してみると、キヤノン純正とサードパーティ製(互換品)の2種類を発見しました。やっぱり純正のほうが高いです。以下、記事執筆時のお値段。

キヤノン純正:2,058円(Canon レンズフード ES-68 L-HOODES68
サードパーティ製(互換品):999円(エフフォト F-Foto 互換 レンズフード キヤノン Canon ES-68 対応 C-ES68

今回はお安いサードパーティ製のレンズフードを購入。Amazonレビューを見る限りだと問題もなさそうでした。

かたちは筒形(円形?丸形?)です。

筒形のレンズフード

実際にレンズに装着!

純正品と比較したわけではないので優劣をつけることはできませんが、第一印象としては、うん、問題ないですね。ガタつきもなく、しっかり固定されます。

キヤノン50mm単焦点レンズにレンズフードを装着

単焦点レンズに装着したレンズフード

カメラに取り付けた状態だとこう!

コンパクトだった50mm単焦点レンズがちょっとだけ大ぶりな印象になりますね。でも全然、許容範囲内。

レンズフードを装着した50mmt単焦点レンズ

フードは逆向きに取り付け可能。カバンに収納するときはこのほうが省スペースでいいですね。

レンズフードを逆向きに装着

今回レンズフードを購入した主な理由は、「撮影するときにレンズを触っちゃうから」です!

望遠レンズのような全長が長いレンズとは違い、50mm単焦点レンズはモノ自体がコンパクト。だからカメラを構えようと下から左手を添えるときに、左手の指がレンズに触れてしまうことがちょくちょくありました。これ伝わります?w

そうやってレンズに指紋が付いてしまうのです。嫌じゃないですか。そんなわけでレンズフードを付けて、レンズに指紋が付かないようにしたかったわけです。

レンズフードにはゴースト・フレアを防ぐといった役割もありますが、個人的にはレンズ自体の保護を重視しました。お値段も1,000円ぐらいですし(記事執筆時)、撒き餌で釣られるついでにいかがでしょう。

一応、純正品は⇓です。

価格差は1,000円ですし、純正品のほうが安心できるという人はこちらもチェックしてみてはいかがでしょうか。

 


 

この記事が気に入ったら
いいね ! しよう

更新情報の取得はコチラからどうぞ!