ボトルケージの位置を上下に微調整できるアダプター「シマノ SM-BA01」 これを探してたんだ

SM-BA01レビュー記事のアイキャッチ

いいモノを見つけた……!

ボトルケージの位置を32〜50mmの範囲で上下に調整できるシマノ製アダプター「SM-BA01」」を発見。

ボトルケージの位置を下げたかった私、大歓喜。ちょっとニッチなアイテムだけど、これだ、これを探してたんだ!

ボトルケージの位置調整をビフォー・アフターでご覧ください

こちらがシマノ製アダプター「SM-BA01」。

シマノ「SM-BA01」の箱

中身! このパーツを取り付けることで、ボトルゲージの位置を32〜50mmの範囲で上下に調整できます。

シマノ「SM-BA01」の中身

実際にビフォー・アフターの写真で、どのくらい位置調整できるのかご覧ください。

まずビフォー。

シートチューブ側のツールボトルの位置を調整しますね。今この位置にあります。赤い補助線を引いてちょっと見やすくしました。

ツールボトルの位置を調整する

そしてアフター。

最大の50mm(5cm)まで下げました。

ボトルケージの位置調整

ビフォーアフターを左右で比較。

どうでしょうか……! 5cm下がると印象が大きく変わります。

ボトルケージの位置調整のビフォーアフター

で、「ボトルケージの位置を下げると、どんなメリットがあるの?」という疑問についての回答。

5cmも下がるとですね、小さいフレームに乗っている人や、フレームバッグとボトルが干渉しちゃう人にとっては、ちょっとした革命です。

例えば身長の低い男性もしくは女性用の小さいフレームだと、ボトルを入れるスペースが狭いと思います。でもこのパーツでボトルケージを下げれば、大容量のボトルなんかも装備できるようになるかも。

またフレームバッグとボトルが干渉する場合でも、このパーツで回避できる可能性があります。

私の場合は身長が低いからフレームが小さいし、フレームバッグとボトルも干渉するという両者を満たしたパターン。

以前はアピデュラのフレームバッグと、ツールボトルが干渉していたのですが……

ツールボトルとフレームバッグの干渉

このパーツで5cm下げると、しっかりクリアランスが取れました!

相変わらずドリンクボトルはちょっと干渉しているのですが、十分うれしいです。

ツールボトルとフレームバッグの干渉を防ぐ

取り付けも簡単

アーレンキーだけですぐ取り付け可能。

付属品はプラスチック製パーツ2つ、ネジ4本、スペーサー2つです。

SM-BA01を取り付けたところ

真横から見るとこう。

厚みが約1.5cmほどあるため、装着後はそのぶんだけボトルケージの位置が浮きます。ほかの部品との干渉にご注意を。

SM-BA01を真横から見た図

ボトルケージを付けて、こんな感じに。

SM-BA01にボトルケージを装着

下げすぎ注意

下げすぎると、今度は違う場所で干渉がおきる可能性があります。

例えばボトルケージ同士が干渉する可能性。⇓の写真ではシーチューブ側ボトルケージのみ位置を下げました。本当はダウンチューブ側も下げようと思っていたのですが……、無理ですね、ボトルケージ同士が干渉しちゃう。

SM-BA01による干渉に注意

また私はツールボトルの位置を下げるために使いましたが、ドリンクボトルの位置を下げるとライド中に取り出しづらくなることも予想されます。

手の長さなども考えてボトルケージの位置を調整したほうが良さそうですね。

なぜこんなニッチ製品がシマノから出ているのか

察しの良い方は、冒頭のパッケージ画像で気付いたかもしれません。

赤文字で「Di2」と書かれているように、本来は電動コンポ用パーツです。

SM-BA01は電動コンポ用アダプター

電動コンポのフロントディレイラーはちょっとゴツいので、ボトルケージと干渉してしまう場合がある模様。それを回避するのがこのパーツというわけ。

取説にはこのような絵が。ボトルケージの位置を”上”にズラすことで、電動フロントディレイラーとの干渉を回避するのですね。

SM-BA01の本来の使い方

というわけで本来の使い方ではないのですが、ボトルケージを下げることもできるという話でした。

フレームバッグとツールボトル
フレームバッグを付けたロードバイク

全体像

お値段は1,609円(記事執筆時Amazon価格)。

ボトルケージの位置を調整したい人にとっては、非常に便利なアイテムではないでしょうか。

アピデュラのスモール版フレームバッグ

※追記
似たような製品が、TNIやミスターコントロールからも出ていることをTwitterで教えて頂いたので追記します。情報ありがとうございましたm(__)m

TNIは、1,209円 + 関東への配送料860円(記事執筆時Amazon価格)

ミスターコントロールは、サイクルベースあさひにて1,580円でした。Amazonには取り扱いがない模様(記事執筆時)

ミスターコントロール [MrControl] 【お店で受取り自転車対応可】 WB-DI2-A1 ボトルケージマウント Di2バッテリー対応 [904][CBA-1]B
SM-BA01レビュー記事のアイキャッチ