泊まれる本屋「BOOK AND BED」の居心地が良すぎる

book and bed記事のアイキャッチ

ゆうです。時間を忘れて本を読んでて、気づいたら眠ってた→それ最高じゃん

という人にはドンピシャだと思います。東京は池袋にあるホテル(正確にはホステル)「BOOK AND BED」に泊まってきました。

泊まれる本屋というのが触れ込み。前から行ってみたかったので。さてさて、どんなところなのか……。

本棚の中で眠れるホステル

泊まれる本屋がコンセプトのホステル「BOOK AND BED」。

池袋、浅草、京都、福岡の4店舗があるようです。今回泊まったのは池袋。池袋駅C8出口を降りて目の前のビル、7〜8階がそうでした。池袋のど真ん中。

bookandbedのロゴ
bookandbed東京池袋

7、8階にある

受付は8階。バーみたいなカウンターでチェックインです。

渡されたカードキーで奥のドアを開けると……おおー!!

book and bed東京の中

壁一面がすべて本棚!

よく見てみると、本の並べ方には本屋や図書館のような厳密なルールがないように見えます。結構雑多な感じ。でもそれが普通の本棚っぽくて良さ気。

book and bed東京の中の雰囲気

蔵書数は本屋や図書館に比べると全然少ないのですが(まぁホステルですから当然ですね)、置かれている本のチョイスはおもしろいなと思います。

小説、マンガ、エッセイ、ビジネス書など本当にいろいろ。

本のラインナップ
book and bed東京の蔵書

マンガもあるよ

そしてその本棚の奥にベッドスペース。

カーテンで完全に目隠しできるようになっています。これを開けて、本棚の中に入っていくような感じで潜り込むと……、

カーテンの奥がベッドスペース

カーテンの奥がベッドスペース

屋根裏部屋みたいな空間が。秘密基地っぽさがたまらん。

ハンガー、金庫、ランプ、コンセントがありました。超広角レンズで撮ったので歪んでいるけど、だいたいこんな感じ⇓

book and bed東京のベッドスペース

ベッドスペース

ベッドスペースでくつろぐ前に……せっかくなので、共有スペースへ。ホステルなので、赤の他人同士がここでくつろぎます。

基本的にみんな本を読んでいるので、特に喋ったりはしませんでした。外国人の宿泊客も多いのですが、たぶんハイテンションで突然話しかけられることもないと思うから安心w

book and bed東京の共有スペース

(写真は朝撮ったから明るい)

共有スペースには電子レンジやオーブン、ポットなども。食べ物の持ち込み可なので、ここ温めることができます。

共有スペースの電子レンジなど

客層は外国人と女性客がほとんど。最初は自分(男)がちょっと場違いだったかなと思ったぐらい。

よく見てみると洗面所やシャワー室などの水回りが非常に清潔&オシャレで、なるほど女性客も多いわけだと納得。

book and bed 東京の洗面所 book and bed 東京のシャワー室

シャワーを浴びようと思ってタオルと歯ブラシを200円ちょっとで購入。

シャンプー、リンス、ボディソープは無料アメニティでした。ドライヤーも完備。

タオルと歯ブラシ、シャンプー

シャワーでさっぱりしたあとは、ひたすら本を読む時間。

せっかくだから普段なら自分から手に取らない本を読んでみようと思い、ほんとうに超何となく目に止まった「男の作法(池波正太郎)」を読むなど。

男の作法って仰々しいタイトルだな〜昔の方(※超有名な歴史小説家です)の本だし、なんだか偉そうなことが書いてありそうだ……

と思ったら一番最初にある「はじめに」のページに、「この本は私が思う男の作法を語りおろしたものだけど、それは所詮、私の時代の常識であり、現代ではおそらく実行不可能でしょう。時代と社会がそれほど変わってしまったということです。」といったようなことが書いてあって……。自分の時代の常識を押し付けてくるような大人じゃなかった……!!

実際、本の中身は時代が違いすぎて(1984年出版。出版時は池波正太郎先生61歳ぐらい?)、そのままでは参考にならない部分も多いかと思いますが、読み物として充分おもしろいものでした。

book and bed の雰囲気

共有スペースからベッドに戻り、気づいたら電気を付けたまま寝て朝になってしまった(寝落ち)。コンセプト通りの泊まり方をした気がしますw

宿泊スペースは、以下のように2種類のベッドタイプ×2サイズ展開。

  • 「ブックシェルフ」スタンダード……本棚の中で眠れるタイプ(大)
  • 「ブックシェルフ」コンパクト……本棚の中で眠れるタイプ(小)
  • 「バンク」スタンダード……カプセルホテルっぽい籠もり部屋(大)
  • 「バンク」コンパクト……カプセルホテルっぽい籠もり部屋(小)

今回私が泊まったのは「ブックシェルフ」スタンダード。せっかくなので、本棚の中のベッドのほうがおもしろいかなと思って。

予約は公式サイトのほか、じゃらんや楽天トラベルなどでも可能でした。

公式サイト
楽天トラベル
じゃらん

book and bed記事のアイキャッチ